2008年12月28日 (日)

ティンカー・ベル

Mov183

「ティンカー・ベル」見ました。ネバーランドに住む妖精ティンカー・ベルの仕事は季節を運ぶ妖精たちの為の道具をつくること。華やかな他の妖精たちに憧れて新たな仕事を身につけようとしたところ妖精の谷に大事件がおこるといったオハナシ。あのピーターパンのティンカーベルのスピンアウト作品で、まーとにかく季節を運ぶための下準備に勤しむ妖精たちの風景を見てるだけで楽しくて、ハシリアザミのシュールな疾走感、イジワルキャラの風の妖精・・・夢のあるオーソドックスなディズニー世界は安心して見ていられますな。オハナシ的にも地味でも意味のある自分の仕事に誇りをもつことの大切さを分かりやすく伝えています。いわゆるファンタジーの王道として安心して見れる作品でした

ちなみにティンカーって鍋釜の修理屋さんの意味があるんですと。修理屋ベル~

ティンカー・ベル [Blu-ray]
ティンカー・ベル [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • 発売日: 2009/04/03

| | コメント (0)

2008年12月26日 (金)

ワールド・オブ・ライズ

Mov182

「ワールド・オブ・ライズ」見ました。中東を舞台に繰り広げられるCIAによるテロリスト捜索活動、現場の諜報員・フェリスと米国本土で指示を出す作戦指揮官・ホフマンは活動方針の対立、独自の行動をとるフェリス、上司ホフマン、ヨルダン情報局のハニ、そして暗躍するテロリストら4つ巴の情報戦が始まるという展開。まーこの手のアメリカ映画の基本パターンですが、テロリストは完全悪に仕立て上げられていて、アメリカが全力で世界を危機から守ってるという大上段なお題目には閉口せざるえませんなぁ。で、実際の作戦もあれだけスタンドプレーが許されるのも疑問だし、無関係の善良な市民を囮にしてみたり、冷酷非情なエージェントかと思えば好きな女のピンチにオロオロしすぎだったり。正直イマイチ説得力かけたかなぁと。それにしても一般的なアメリカ人が考えるテロリスト像というのは「純粋な悪」でしかないんですかね。中東の混乱やテロリストを育て上げたのは他ならぬ米英の諜報活動そのものなんですが、そういった自覚もないのかと思うとなんとも言えず恐ろしいですわ

ワールド・オブ・ライズ [Blu-ray]
ワールド・オブ・ライズ [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/04/21

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

英国王給仕人に乾杯!

Mov181

「英国王給仕人に乾杯!」見ました。激動の20世紀のチェコスロバキアで給仕人として生きた男の一代記。どことなくチャップリンを髣髴させる小気味の良いコミカルな動きがとても面白く、禍福糾われる縄の如くピンチとチャンスが順繰りにやってきてトントン拍子にプラハで一番のホテルの給仕人にまで出世していく様のテンポのよさも秀逸です!その人生の節目節目に美しい女性との情事が描かれるのもまた即物的でありながらも物語に華をそえてます。ナチスドイツによる併合や戦争などチェコスロバキアの歴史に翻弄されながら波乱万丈の重いテーマを持った人生を逆に飄々と軽やかに描いたこの感じは心地よい独特な余韻を感じました。

英国王給仕人に乾杯! [DVD]
英国王給仕人に乾杯! [DVD]
  • 発売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2009/11/28

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

K-20 怪人二十面相・伝

Mov180

「K-20 怪人二十面相・伝」見ました。帝都・東京を騒がす怪人二十面相に間違えられたサーカスの曲芸師・平吉が自分の無実を証明するために二十面相と対決するとゆーストーリー。パロディ色強くてお約束の連発ではありますが、これ想像以上に面白かったです!肉体のみで障害物を掻い潜り街を疾走する場面はホント爽快でカッコヨイ!江戸川乱歩の描いた明智探偵や小林少年らの名キャラクター達も実にイイ!とりわけ二十面相のデザイン、変装マスクのベロリはがれる場面とか原作イメージまんまです!さらには映画オリジナルキャラの財閥令嬢・葉子、世間知らずで優しくて多芸多才でマンガから抜け出たようなお嬢様っぷりサイコウです、へ~きちさま~(笑)。江戸川乱歩世界設定をエンターティメント色豊かにうまーく再構築した充分楽しめる娯楽アクション映画ですヨ!

K-20 怪人二十面相・伝[Blu-ray]
K-20 怪人二十面相・伝[Blu-ray]
  • 発売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日: 2009/06/24

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

地球が静止する日

Mov179

「地球が静止する日」見ました。宇宙から飛来した謎の球体から現れた男・クラトゥが人類に対して審判を告げにくるというストーリー、結果的には宇宙人の大掛かりな自作自演ともいえなくないですが・・・。まーでも護衛ロボット・ゴートのシンプルなデザインはめちゃカッコイイ!惚れてまうやろ!街を塵と化す攻撃といい、この映画の6割はゴートの魅力に支えられてますよ(笑)。1951年の映画のリメイクなんだそーで、冷戦時代に異質な者に対して戦力ではなく対話が重要である事を説いたものだったそーです。まー為政者との接触で人類の破滅性に絶望しながらも、一市民の憐憫や博愛の精神に触れて希望を同時に持つというテーマ、人類は変わっていかなければならないというメッセージは半世紀経った今でも通じる事ですよな。

ジェニファー・コネリー久々に見たけど昔よりずっと美人になってました~

地球が静止する日 [Blu-ray]
地球が静止する日 [Blu-ray]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2010/07/02

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

アラトリステ

Mov178

「アラトリステ」見ました。17世紀のスペインを舞台に剣士アラトリステの活躍を描く英雄譚。これってスペインでは国民的な冒険小説として有名なんだそーで、スペイン史の有名な事件も同時に描かれていきます。さすがに長編小説を詰め込んだ感があってエピソードのひとつひとつを描ききれてないのがもったいない感じもしましたが、まーとにかく主人公・アラトリステの無骨で義に厚い古きよき男の姿に魅了されました!戦いの場において冴える華麗なる剣の技!男の約束は必ず守るという誠実!そして一人の女性に対する純粋で一途な愛情。器用な立ち振る舞いなどよりも己の美学を不器用に貫く男の姿にはやはり憧れますなぁ。

言うならばスペイン版「花の慶次」って感じでしょうか、かっこよさに悶絶!

アラトリステ スペシャル・エディション [DVD]
アラトリステ スペシャル・エディション [DVD]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2009/07/17

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

特命係長 只野仁 最後の劇場版

Mov177

「特命係長 只野仁 最後の劇場版」見ました。普段は冴えないダメ社員を演じながらも、一たび命令が下ると完全無欠の特命係長として事件を解決に導く只野仁の物語。テレビ番組の劇場版なそーで、アクション・お笑い・お色気・シリアス・感動話とこれでもかと要素がつまってるワリにはどれひとつ伝わらず。アクション部分でかろうじてカッコよくはありますが本格派のアクションには到達してないしなぁ。グラビアアイドルのオシリーナこと秋山莉奈さんが露出多めで頑張ってましたが、これまた必然性のないサービスショットでしかなかったし。まーなによりシナリオが見事に薄っぺら、深夜番組で無料でボーっと見てる分にはよいのかもしらんですが劇場作品としては正直イマイチだったかなぁ。

特命係長 只野仁 最後の劇場版 [DVD]
特命係長 只野仁 最後の劇場版 [DVD]
  • 発売元: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日: 2009/05/02

| | コメント (2)

2008年12月 5日 (金)

WALL・E ウォーリー

Mov176

「WALL・E ウォーリー」見ました。ゴミで汚染された地球で700年もの間たった一人でゴミを片付け続けるロボットのウォーリー。くりかえされる日々の中、宇宙からやってきたイブというロボットと出会うといったオハナシ。もーウォーリーがメチャメチャキュートで愛くるしい!イブのものすごいツンデレぶり(笑)、そして周りのワキ役ロボット達もイキイキしてて笑っちゃうほど個性的!マックの起動音やマウスロボなど小ネタもチマチマとキいてます!そして描かれる世界は環境問題に対する警鐘であり物質社会へのアンチテーゼ、それと比較するかの如くウォーリーの献身的な愛のドラマが丁寧に表現されてて、きっちりしっかり考えさせられ、笑わされ、泣かされます!もーやっぱピクサーは期待を裏切りません!絶対オススメ、こいつは見るしか!

ちなみに今年100本目の映画鑑賞、近年まれにみるハイペースでしたわ~

ウォーリー [Blu-ray]
ウォーリー [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2010/11/03

| | コメント (5)

2008年12月 3日 (水)

青い鳥

Mov175

「青い鳥」見ました。いじめによる自殺未遂事件という問題を抱えたクラスに赴任してきた教師・村内。一見事件の沈静化した教室に転向していった事件の少年の机を運び込み授業を始めるというシナリオ。村内は”どもり”で上手くしゃべることのできない教師でありながらその言葉と行動に生徒たちはイロイロな考えを巡らせはじめます。表面的な対応に終始する教師や生徒に対して放つその言葉の真摯さは深く重く胸に響きます。形式や体裁、言葉遊びに終始する人々対して、本来の人間同士のやりとりに最も重要な「本音」と「本気」であるということを静かに伝えてくれるホント力強いメッセージのこもったイイ作品でした!もー久々に号泣モノの一本、まちがいなくオススメです!

村内「強くなんかならなくて良い。人間なんて弱いものだから、だから頑張るんだ」

青い鳥 [DVD]
青い鳥 [DVD]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2009/07/24

| | コメント (0)

2008年12月 1日 (月)

デス・レース

Mov174

「デス・レース」見ました。私設刑務所で行われる競技中に死んだカリスマドライバー・フランケンの替え玉として選ばれた男が自由を得るために”デスレース”に参加するとゆー流れ。まー残酷マッハGOGOGOとゆーか極悪チキチキマシン猛レースとゆーか、B級感大爆発の死のレース!カッコイイとしか言いようがない!武器パネルや盾パネルを踏むとアイテムが使えるようになるてのもそのままゲーム仕様だし!中盤でてくる破壊車両・ドレッドノートの凶悪な姿と攻撃力はホントたまらんです!残念なのは肝心のラストあたり爽快感がなくなってグダグダだったかなー。悪の元締め刑務所長のラストがポチっとなオチかい!ってのもいかがなものかと(笑)

まーでも、こーゆーくだらない映画は大好きなんですよ、バカ映画ラブ

デス・レース [Blu-ray]
デス・レース [Blu-ray]
  • 発売元: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2009/04/24

| | コメント (2)

より以前の記事一覧