2017年4月23日 (日)

3月のライオン 後編

Mov1317

「3月のライオン 後編」見ました。獅子王戦トーナメントを戦う棋士・桐山零の心の拠り所である川本家に大きなトラブルが舞い込んでくるといった展開。前編も弱冠そのきらいはありましたが、後編はかなーりギュウギュウ詰めでダイジェスト感がより顕著になってしまったかなぁ。原作屈指のエピソード、いじめ編はそれだけで1本の映画になるくらい濃い話だから仕方ないと言えばそこまでですが。そして連載中作品の常である映画独自のまとめ方は納得はできなくはないけどなかなかに厳しい一手、原作ではあまりにパラダイスな川本家の存在をある意味リアルに表現して桐山との間に壁を設けてしまったのは、胸にざわざわしたものが残ったかなぁ。まぁその分桐山自身が自らの力でその壁を突き抜けていく苦悩は伝わりましたがな。自分は原作至上主義ではないけど、川本家父のエピソードのまとめ方が原作とは物凄い対照的で飲み込みきれなかったかも。育ての親である幸田家との折り合いのつけ方は至極納得

「3月のライオン 後編」公式サイト

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

LION ライオン 25年目のただいま

Mov1316

「LION ライオン 25年目のただいま」見ました。オーストラリア人夫婦の養子となったインド人少年・サルーが、25年目にして自分の生家を探す決意をするといった展開。ちょっとしたアクシデントで家族と離ればなれになってしまった少年が、迷い込んだ大都市カルカッタで受ける苦難の連続に心が痛みます。親切な養父母と出会い何不自由なく成長したサルーの胸に突如迫り来る望郷の念、美しかった母、優しかった兄、幼い頃のわずかな記憶を頼りに、グーグルアースを使って砂漠に落ちた砂粒を探すような日々を送る姿にせつなさが募ります。実話ベースとなるこの物語はまさに現代版”母を訪ねて三千里”、苦闘の果てに辿り着いた真実に涙せずにはいられない1本デス。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

夜は短し歩けよ乙女

Mov1315

「夜は短し歩けよ乙女」見ました。大学の後輩”黒髪の乙女”に恋する”先輩”が様々な事件に巻き込まれていくといった展開。シュールでハチャメチャでまるで白昼夢のようなジェットコースタームービー!とにかく映像表現がぶっ飛んでて超楽しい!クセのある登場人物たちによって繰り広げられる破天荒なイベントの数々がユーモアたっぷりでツボはいりまくり!詭弁踊りやパンツ総番長、愛のために暴走する先輩、とってもチャーミングな黒髪の乙女!ネジの4、5本飛んだハイパーロマンティックラブストーリーのイキオイとノリにガッツリハート鷲掴みにされました~。監督の深夜アニメ"四畳半神話体系”濃縮版みたいなトコもありますが、この唯一無二な世界観は中毒性アリアリ!ある意味においては今年一番のアニメ作品になるかもしれない超オススメの1本デス!

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

ゴースト・イン・ザ・シェル

Mov1314

「ゴースト・イン・ザ・シェル」見ました。脳だけを残して全身を機械化したエージェント・キリアン少佐が、捜査中のサイバーテロ事件の中で自身の過去の記憶を呼び覚ましていくといった展開。あの攻殻機動隊がよもやのハリウッド実写化!混沌としたサイバーシティ、ゲイシャロボに多脚砲台と士郎正宗ワールド全開w。アクションに定評あるスカヨハ姉さんも一見全裸風な戦闘コスにはそこはかとなく永井豪センセイ臭がw。まー攻殻機動隊独特の難解さはありますが、映像面に関してはさすがのハリウッド面目躍如といったトコですかねー。最後はたけしがオイシイどこ取りなのは御愛嬌w

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

Mov1313

「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」見ました。1963年ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディであるジャクリーン・ケネディの視点から描いた物語。世界的に有名な事件であるケネディ暗殺事件の裏で、気丈に計算高く立ち回るジャッキーの思想や行動は不気味なほどに冷静沈着。暗殺された夫を”アメリカの神話”にするために打つ仕掛けの数々にとにかく驚かされます。彼女の行動があってこそ"ケネディ”は歴史に名を残したのかどうかは何とも言えませんが、少なくとも彼女自身には伝説を紡ぎ上げた自負があるんでしょうなぁ。

ケネディ暗殺事件の資料が公開されるのが2039年、それまで生きてられるかしらw

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

暗黒女子

Mov1312

「暗黒女子」見ました。聖母マリア女学院の文学サークル部長・白石いつみの死を巡り、サークルのメンバーが集まり、それぞれが書いた物語を読み上げてゆくといった展開。うら若き乙女達が集う女子高で、表向きには理想的だった環境が、それぞれの独白によってその幻影が剥がされて行く感じはえげつないッ!秘密の上に秘密が、策略の上に策略が、ドス黒い感情が支配するこの世界観に疲労困憊。オチはオープニングの時点で読めちゃったってのはありますが、このタイプは基本的に苦手・・・。結局いつみさんの無意味な自己顕示欲だけが空しく残る結末だったなぁ

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

ムーンライト

Mov1311

「ムーンライト」見ました。貧乏のどん底の中で、麻薬中毒の母と暮らす少年・シャロンが成長していく姿を描いた物語。「ラ・ラ・ランド」を抑えてアカデミー賞に輝いた作品は、ゲイとしてのアイデンティティに目覚めていくシャロンの葛藤や孤独を静かに淡々と表現していきます。実の母親から愛情を受けられず、友達にはいじめられ居場所を見つけられなかったシャロンがようやく見つけた小さな灯火のような安息感。そんな幸福な時間は長く続かず、道を踏み外してしまったシャロン。金と力と虚勢でチンピラとして成り上がった彼が本心から求めたものは、手に入れられなかった"他者との繋がり”そのものだったんでしょうなぁ

しかしコワモテマッチョのシャロンがイメージ的にはデリケートで内気な女の子なんすよね、脳内変換するとちょっと思い込み激しいメンヘラ系女子に思えないこともないw。相手もなんか誠実には程遠い感じだし

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

Mov1310

「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」見ました。突如街を襲うゲームの世界のキャラクター達の正体を探るべく仮面ライダーエグゼイドとキュウレンジャーが手を組むといった展開。前作のパックマンに続いて今度はゼビウスとギャラクシアンって、さすがバンダイナムコ系w。なんか今回も山ほどヒーロー出まくってますが、赤系リーダー以外のメンバーが活躍してて地味だけど新鮮w。噂の新アマゾンも登場してたし、戦隊とライダーの力が合わさった”ゴライダー”には爆笑、なんだモモライダーってw必殺技はゴレンジャーハリケーンかい!次々出てくるナツカシヒーロー(しかもマイナー系多数)追っかけてるだけで満腹w。まーこのゴチャゴチャ感がスーパーヒーロー大戦ですからなぁ、シナリオ全然頭はいってこないけど、悪ノリ炸裂で楽しかったデスw。しかしキュウレンジャー初めて見ましたが、リーダーが稀に見る頭悪い系でイイっすねw

| | コメント (0)

2017年3月29日 (水)

サクラダリセット 前篇

Mov1309

「サクラダリセット 前篇」見ました。時間を3日間分巻き戻せる”リセット”の能力をもつ美空と、リセット中の記憶を保持できるケイが、様々な事件に立ち向かうと言った展開。最近流行の"能力者”たちによる謎解きミステリー。”未来を見通す力”、””能力者の能力を奪う力”、”触れたものを消し去る力”、”他人に能力をコピーする力”、”写真の世界に入り込む力”・・・まースタンド使いかくあらんやとゆー感じではありますが、個々の力を組み合わせることで、人知を越えた効果を発揮するとゆー理屈は分からんでもないけど狐に抓まれた感がw。まー前提条件の”能力”が何なのか分からない状態なんで、よく分からんけど不承不承納得した感じかなぁ。とはいえまだ前編なんで、死の淵から甦った女子高生・相馬を軸に後編でこのモヤモヤは晴れるのかしら

あーでも美空ちゃんはカワイイですw、なんかショートカットの女子高生キャラに弱い自分デスw

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

キングコング 髑髏島の巨神

Mov1308

「キングコング 髑髏島の巨神」見ました。アメリカの調査団が絶海の孤島・髑髏島へと上陸し、巨大な生物に遭遇するといった展開。圧倒的にデカイ!暴力的に強い!超ド級の迫力で吼えるキングコングの勇姿に大興奮ッ!しかもデカいのはコングだけじゃない!牛も!蜘蛛も!タコにトカゲも!デカさだけを武器に大暴れするけだものフレンズ達と、塵芥の如く蹂躙される人類ッ!さらに巻き起こる巨大生物同士のバトルは南海大決戦か怪獣島か!もうね、デカい生き物が大暴れするてだけで鼻からアドレナリン大放出w。鬼神の如く大暴れするコングですが、女性に対してはやさしーって属性もオリジナルから引き継いでいて、傷つきながら強敵に立ち向かうその誇り高い背中に男惚れッ!これで血が滾らなければ男に非ず!巨大生物メイニア垂涎の超オススメの怪獣映画キターッ!

そしてスタッフロール後に明らかになるヤツの存在!これは間違いなく次回作キますな!あのガッジゥィールァとの夢の直接対決に今から胸熱ッ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧