2016年7月30日 (土)

ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン

Img_4666

渋谷シアターコクーンにて「ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン」を観劇~。ベストセラー作家・永野が、テロリストに囚われた友人を救うために異郷の地・ジャワンガスタンへ入国するといった展開ですが、いきなりISILをメタ的に扱うあたりが不謹慎爆発な松尾スズキ節w。美少年の男娼集団”ゴーゴーボーイズ”の救いの無いショービジネス、ヤギに転生してしまった友人・八木、夫を追って内戦地帯に足を踏み入れる不倫妻、そして物語のキーとなる人間の皮で作られた椅子、あいかわらず毒気たっぷりなテーマ満載ですな~。そんな暗澹たるエッセンスなのに、何故か笑わされる松尾スズキワールド、阿部サダヲさんや吹越満さんの味わい深い笑いに加え、皆川猿時さんのブレーキの壊れたダンプカーの如き暴走っぷりはもはや反則ですわw。人間の暗部に手を突っ込んでグチャグチャに掻き回すような世界の中で、自分の侵した罪に対する贖罪の方法を求めて彷徨う永野の悲壮な覚悟はもはや狂気以外の何者でもないのかも。善と悪、生と死、笑いとリアルが綯い交ぜとなったカオスな舞台に毎度頭にズシンと異物をぶち込まれた余韻が残る舞台でした~

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

ライオンキング

Img_4637

ハンニャホンニャヘイニャ~♪。本日は浜松町の四季劇場にて「ライオンキング」の舞台鑑賞です~。いろいろ舞台行ってますがかの有名な劇団四季は初鑑賞!かのディズニーの名作の舞台劇ですが、野生動物の躍動感や繊細な仕草がアニメを超えたリアル感!そして日本ミュージカルの最高峰だけあって、完成度の高い歌と踊りの迫力に圧倒されます!とにかく役者さんの声量スゲェ!舞台ならではの演出も見事で、客席全体を使ったダイナミックな構成は後ろの席でも楽しめマス、あとバッファローの大群は想像以上のド迫力でした!キャラ立ちもアニメに全然ヒケとってなくて、悪役・スカーとハイエナ軍団の狡猾さ、ティモン・ブンバの凸凹コンビのユーモラスさは最高デスwあとヒヒの呪術師の存在感ハンパないw。むろんライオンキングのシンバの物語として涙アリ、笑いあり、そして勇敢な王へと成長していく姿にガッツリ引きこまれました~。まぁ成長したシンバが登場して”心配ないさ~♪”歌いだしたと時に大西ライオンが一瞬頭をよぎったてのはありますがw。感動で心震わされる120%の満足感!やっぱ自分ミュージカル好きなんですわw。これは引き続き劇団四季の代表作をいくつか観劇するしかないかも!

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

乱鶯

Img_4427

本日は新橋演舞場にて劇団新感線の「乱鶯」を観劇してまいりました~。かつて天下を響もせた天下の大盗賊”鶯の十三郎”が、仲間の裏切りで瀕死の重傷を負うといった展開。今回のいのうえ歌舞伎は、居酒屋・つるたやの呑み助達や呉服屋・丹下屋の面々による丁々発止な乱痴気騒ぎがめっさ面白かったw。幽霊となって出てくるつるたやの旦那さんはズルいくらいイキイキとしてるしw。そして古田新太演じる十三郎!カタギに戻ったハズの大盗賊が、かつての同業者や、恩人のために再び修羅場へと引きずり込まれていくとゆー設定は熱いッ!基本的にコメディ路線でとにかく笑いの耐えないノリで物語りは進むのに、メインストリームはズシッと重厚で超硬派!恩を返すつもりが仇となってしまった十三郎の怒髪天を突く大立ち回りはやっぱカッコエェェ!やっぱ新感線の舞台にハズレなしッス!

舞台は面白かったんだけど、前の席が超デカイ2人組で隙間から覗き込むようにしか見れなかったのは口惜しや~。まぁ新橋演舞場みたいな古い舞台は客席がフラット過ぎてよくあるハナシなんですが・・・

「乱鶯」公式サイト

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

七年ぶりの恋人

Img_4123

本日は下北沢の本多劇場にて大人計画の「七年ぶりの恋人」を観劇です。脚本・演出クドカンとゆーことで、バリバリの悪ふざけコント100連発みたいな舞台に最初から最後まで笑わされっぱなし!OPから怒涛の80年代狙い撃ちなネタ全開!吉川○司や田○俊彦、中森○菜といったアイドル歌手のパロディにツボつかれまくりw。そして今回はなんたって伊勢志摩祭りともゆーべく公演で、アイドルダンスから剣撃アクション、ストーリーキングまでなんでもアリのパワープレイを魅せてくれますw。中国人観光客をパロった「BAKUGAI!」から男だけの奇祭うさぎふんんどし祭とかシュールなバカネタの波状攻撃は、どこからどこまで予定調和なのかアドリブなのかアクシデントなのか分からないハチャメチャっぷりに酸欠状態!皆川猿時さんにいたっては熱演極まって舞台上で放屁w、最前列の観客は芳しい香りまで楽しめた模様デスw。まーとにかくバカバカしくて抱腹絶倒のクドカンワールドにしてやられましたわ~

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

ワンピース歌舞伎

Img_4106

本日は新橋演舞場で「ワンピース歌舞伎」を観劇してまいりました~。あの人気漫画「ワンピース」の歌舞伎ってどないやねんと思ってましたが、これがまた予想をはるかに超える超絶活劇エンターティメントに仕上がっていてめちゃめちゃ面白かったッ!シャボンディ諸島からインペルダウン、マリンフォード頂上決戦という原作中一番面白い部分の舞台化で、歌舞伎スタイルな殺陣や見栄がハマるもんだなと感心。さらに空中を舞うワイヤーアクション!革命軍イワンコフ率いるオカマ軍団のフレンチカンカン!舞台に現れる巨大な滝でのバトル!とにかく演出がダイナミックで驚きの連発!キャラも皆インパクト充分!とりわけ2幕のボンちゃんはほぼ一人舞台みたいな活躍見せてくれマス!イワちゃんと組むと完全にロッキー・ホラー・ショウw。さらに白ひげの佇まいは歌舞伎向きですなぁ、ラストも弁慶の立ち往生みたいなもんだから歌舞伎との互換性は高いかもw。女形が演じるナミやハンコックはオリエンタルで妖艶な魅力が頭に焼き付いて離れません~。そして最大の山場であるエースの最期には否が応でも泣かされマス!とにかくエンタメ成分大盛り大サービスで破天荒なワンピース歌舞伎は楽しすぎて参った!最高デス!

悪魔の実の能力演出もなかなか凝ってて面白かったッ!とくに黒子を使ったゴムゴムと、紙吹雪繚乱なヒエヒエは秀逸ッ!

| | コメント (2)

2015年8月23日 (日)

五右衛門vs轟天

Img_3978

赤坂アクトシアターにて劇団新感線の「五右衛門vs轟天」を観劇してきました~。劇団新感線の2枚看板、古田新太の”五右衛門”と橋本じゅんの”轟天”まさかのコラボ!ハリウッドで言えばバットマンvsスーパーマン、特撮で言えばウルトラマンvs仮面ライダー級のインパクト!変態格闘家・轟天が悪の組織を倒すため、そのルーツとなる天下の大泥棒・五右衛門のキンタマを狙って400年前の世界にタイムワープというくだらなくも少年ヒーローチックな熱い展開ッ!400年前の世界で繰り広げられる五右衛門一家、轟天とエージェント、悪党西洋貴婦人・マローネ軍団、秘術を守る風魔忍軍、ひとりフリーダム過ぎる忍者・ばってん紅、風谷のウマシカとジブリ軍団wもう大乱戦のお祭り舞台劇で面白すぎるッ!濃い目のキャラクター達の中でもやっぱ轟天の変態っぷりは際立ってマスな~、ある意味五右衛門が一番の良識派なのかもw。アクション活劇、歌とダンス、そしてギャグとパロディ満載のカオスな世界観はまさに新感線の真骨頂!あっとゆーまの3時間でした~

| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

阿弖流為

Img_3837

新橋演舞場にて「阿弖流為」を観劇してきましたよ。市川染五郎と劇団新感線のコラボ企画という事以外にも、なんたって自分の地元の英雄・阿弖流為がどのように描かれているかが興味あったんですよな~。で、舞台は蝦夷の長・阿弖流為と大和朝廷の将軍・坂上田村麻呂をヒーローモノのライバルキャラの如く対立させる図式で、この辺は新感線のチャンバラらしくてカッコヨイッ!どっちつかずの裏切りキャラ蛮甲、ミカドの側近・御霊御前あたりの創作キャラも角川ぽくてイイっすなw。大和のミカド、蛮神・アラハバキという両陣営の神々に翻弄されながら戦いに次ぐ戦いの中で互いを認め合う阿弖流為と田村麻呂、そして訪れる悲劇・・・ハナシの展開分かっているんだけどグッとくるわぁ。要所要所で”中村屋ッ!”て声がかかるのも歌舞伎的でなんか新鮮w。そして大団円の後のカーテンコールがまさかの4回、とかくサービス精神旺盛な演者の皆さんでしたw

ただ新橋演舞場は初めてでしたが、3階席だと花道での演技が全然見えないのが残念でした・・・。やっぱ安いチケットはそれなりの席になってしまいますな~

松竹創業120周年歌舞伎NEXT「阿弖流為」公式サイト

| | コメント (0)

2015年6月20日 (土)

不倫探偵~最期の過ち~

Img_3760

下北沢の本多劇場にて大人計画の「不倫探偵」を観劇してまいりました~。今回は毒気やや薄めですが、エログロナンセンスな大人計画ワールドは今回も炸裂しとりますなぁ。松尾スズキ演じる不倫探偵・罪一朗のマヌケなハードボイルドキャラを中心に、毎度濃ゆいメンツが縦横無尽に暴れてくれます!舞台で見る片桐はいりさんは想像以上にインパクトあるなぁ、表情もアクションも面白すぎるw。平岩紙さんのオバカな人妻ホテヘルキャラもエロカワイイし、警察犬として雇われる狼男、ド変態な性癖をもつ被害者、そして突如巻き起こる赤井英和押しと三輪明宏モノマネw、相変わらずのカオスでアブノーマルな展開は先読めなすぎるww。ちょいちょいぶっこんでくる80年代なネタとかに反応できるハイエイジ世代ですが、EPOとかン十年ぶりに思い出したわw。

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

いやおうなしに

Img_3481

本日は渋谷のPARCO劇場で上演中の「いやおうなしに」の舞台を観て参りました~。”歌謡ファンク喜劇”と銘打つだけあって歌と踊りがスバラシイ!とりわけ歌詞がインパクト大!「俺のせいで甲子園に行けなかった」「好きな男の名前 腕にコンパスの針でかいた」「パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた...夏」とどれも頭の中にグリグリ刷り込まれるイキオイw。古田新太はじめさすが歌のウマイ演者ばかりなんですが、なんてったってアイドルキョンキョンこと小泉今日子の初生歌にはキターッ!世代的にドンズバすぎてテンションあがりまくるw。物語的にはホンットどうしようもないダメ男とダメ女のグダグダな愛憎劇なんですが、えげつないブラックユーモアとお下劣シモネタの絶妙なバランスにめっさ笑わされましたわ~

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

キレイ 神様と待ち合わせした女

Img_3279

本日は当日券狙いで開演2時間前に渋谷シアターコクーンに到着、立見席でしたがなんとかチケット入手できました~。舞台は大人計画の「キレイ 神様と待ち合わせした女」、再々演の人気作ということで期待は高まりますッ!3つの国による戦争が続く状況の中で戦死者の回収業者・金子組の前に、記憶を失った少女・ケガレが現れるという物語。まずは開幕と同時に歌とダンスでイッキに心臓鷲掴み!ミュージカルとしてのクオリティが高くてイチイチカッコヨイ!登場人物も大豆から造られた兵士・ダイズマル、花を咲かせる力をもつ少年・ハリコナ、雨を降らせる力を持つ盲人・ジュッテン、倒錯の奇術師・マジシャン一味といったインパクト強い個性派揃いで、ギャグ、時事ネタ、ブラックユーモアでとかく笑わせてくれマスッ!そして松尾スズキお得意のフリークスやら、ナチスネタ、ドロドロした人間の暗部もじっくり堪能できマス。ミュージカル仕立てということもあってか今まで見た大人計画の中ではイチバン感動できるエンタメ作品、3時間半の立見の疲労感も忘れるくらいにめっさ面白かったわ~

| | コメント (0)