2017年5月11日 (木)

新ブラックジャックによろしく

Img_5248

「新ブラックジャックによろしく」読了〜。記憶が確かなら金銭トラブルでモーニング(講談社)からスピリッツ(小学館)に出版社が変わったんですよな。心臓手術やガン治療、精神病等々いろんなテーマを扱った「ブラよろ」とはうってかわって「新」は内容の重厚さはそのままに、臓器移植一点をググッと深く掘り下げた内容で読み応えあるわ〜。脳死問題や生体間移植、患者とドナーの関係性、今見てもその複雑に絡んだタブーが生々しい。10年前のマンガですが、なんだかんだで旧作とあわせて名作カテゴリーにはいる作品ですよな

| | コメント (0)

2017年4月30日 (日)

ハチミツとクローバー

Img_5247

ハチミツとクローバー読了〜。羽海野チカ作品は3月のライオンから読み始めたんですが、評判高かったハチクロを改めて読んでみたらやっぱ名作でしたな!美術大学生のキャンパスライフで巻き起こる騒動の数々があの羽海野節でめっさ生き生き描かれてます!作品作りに真摯に向き合うはぐちゃん、自分の生きる道に惑う竹本、むくわれない片想いに悩むあゆ、奇想天外な天才肌の芸術家森田、訳ありの年上女性に心惹かれる真島、複雑に絡み合う人間関係の中で人生の試練に立ち向かう彼らの姿に感情移入させらます!せつなく苦しい青春の甘酸っぱさが濃縮された噂通りの名作でした!

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

幽遊白書

Img_5249

入院前にやりかけてた「幽遊白書」の自炊作業をようやく終了~。まーすでにスキャンしてあったので、リサイズとzip化だけでしたがな。HUNTER×HUNTERがめっさ面白いのもまちがいないですが、自分がジャンプ読んでた当時はこっちが連載中。改めて読むとかなーりHUNTER×HUNTERの原型みたいな感じですな。戸愚呂兄弟とか今見ても相当カッコヨイし、能力を使った頭脳戦の片鱗も感じられますな~

| | コメント (0)

2017年3月28日 (火)

ブラックジャックによろしく

Img_5231

「ブラックジャックによろしく」自炊完了~。とゆーかこちら作者の佐藤秀峰さんのサイトでpdfを無料配布しておりましたのでzip変換のみ。連載時はリアルタイムで読んでたクチですが、綿密な取材と社会問題を提起しながら医療業界の暗部に斬り込むこの作品はある意味ルポルタージュ的ですよな~。外科医・小児科・緊急医療に精神科・・・様々なジャンルの医療がもつ問題点を主人公の研修医・斉藤の目を通して語るそのスタイルは今見ても熱いッ!当時は斉藤に気持ち寄ってたんですが、今見ると海千山千の教授軍団の方に惹かれる自分がいるのはジジイになった証拠ですかねw。なんかこのままイキオイで続編の「新ブラックジャックによろしく」も買ってしまいそうな・・・

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

双亡亭壊すべし

Img_5183

「双亡亭壊すべし」ゲト~。あの「うしおととら」の藤田和日郎最新作ですが、これが第一話目からクライマックスみたいな超ハイテンションな展開ッ!自衛隊の空爆でも傷ひとつつけられない呪われた館”双亡亭”を破壊するために異能のモノたちが集うとゆー設定だけで胸熱でしょッ!体をドリルのように変化させる少年、日本最強の巫女、真実を見通す目をもつ三姉妹、超常現象を研究する科学者にブチキレ修験者・・・アクの強いメンバーの共同戦線で全てを飲み込む”双亡亭”との全面対決ッ!これがつまらないわけがないッ!先の全く読めないダークファンタジーの今後の展開に期待大ッ!

やっぱ藤田和日郎のマンガカッコヨイよと改めて実感、なんとなく未読だった「からくりサーカス」と「月光条例」もポチってみるかな~

双亡亭壊すべし(1) (少年サンデーコミックス)
双亡亭壊すべし(1) (少年サンデーコミックス)
  • 発売元: 小学館
  • 発売日: 2016/07/12

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

銀河パトロール ジャコ

Img_5173

ブッコフで”銀河パトロール ジャコ”発見~。あのドラゴンボールの鳥山センセの作品なんで存在は知ってたけど今の今まで何故か味読でしたな~。オハナシ的にはオマヌケな宇宙パトロール隊員・ジャコが実はめちゃめちゃツヨイとゆー鳥山マンガの定番パターンw。無論ジャコ自体も面白かったんだけど、巻末に収録されたドラゴンボール外伝にテンションあがったw。孫悟空がサイヤ星から地球に送られるまでのエピソード!めっさショートストーリーだったけどなんかミョーに得した気分。

銀河パトロール ジャコ 特装版 (ジャンプコミックス)
銀河パトロール ジャコ 特装版 (ジャンプコミックス)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 2014/04/04

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

中国嫁日記

Img_5157

「中国嫁日記」ゲト~。ガチオタクの40男と中国人の美人妻の国際結婚に纏わるよもやまを描いたエッセイマンガ。まーとりあえず月さんのカワイサに骨抜きにされること請け合いw。言葉や文化の壁にぶちあたりながらも、その違いをお互い理解することに務めるふたりの絆にほっこりw。プロポーズのシーンなんか、そのまま映画化してもよさげなピュアピュアっぷりでヤニさがるわ~。日中関係とゆーとネガティブ要素多い昨今ですが、こと個人の交流に関しては、あんま国籍は関係ないっすよね。日本人でもしょーもないヤツはやまほどいるし、結局はパーソナリティの問題かと

中国嫁日記(一)<中国嫁日記>
中国嫁日記(一)<中国嫁日記>
  • 発売元: KADOKAWA / エンターブレイン
  • 発売日: 2015/01/31

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

はじめの一歩

Img_5164

「はじめの一歩」116巻(以下続刊)ををついにゲット!いじめられっ子だった一歩がボクシングと出会い、世界チャンピオンを目指すとゆー超王道ボクシング漫画!ガゼルパンチにデンプシーロールと一歩の活躍もさることながら、周りを固めるキャラクターも魅力的!デタラメな強さを発揮する鷹村、トリッキーなスタイルがめっさ面白い青木、死神の鎌・フリッカー使いの真柴、天才スピードスター板垣・・・まーどのキャラとっても熱過ぎるッ!1989年連載開始だから、これまた28年目に突入した長期連載マンガなんで、コミック数も100巻越えで買うのも躊躇してたんですが、電子書籍化とゆー無限の本棚を手に入れた今だからこそ逆に購入してしまいましたわ~。さて覚悟を決めて100冊オーバーな自炊開始デスw

はじめの一歩(116) (講談社コミックス)
はじめの一歩(116) (講談社コミックス)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2016/12/16

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

BILLY BAT

Img_5158

「BILLY BAT」全20巻自炊完了!休載多かった上に、何故かデジタルモーニングには掲載されていなかったとゆーことで、内容途切れ途切れだったんですが、気がつけば完結していたのでイッキ読み。「BILLY BAT」というマンガのキャラクターに翻弄される人々を描いた歴史群像ミステリー、下山事件やケネディ暗殺、アポロ計画に911といった有名な事件を絡めていくんで歴史メイニア的にもついつい引き込まれていくんだな~。加えて時間軸が不規則で、GHQ占領下の日本から紀元前のエルサレム、戦国時代の伊賀の里に月面まで舞台が激しく変っていくんでついていくのが大変w。主人公がコロコロ代替わりして、その過去と未来の因果関係がまた複雑に絡まっていって、まるでパズルのようなプロット。まー思わせぶりな浦沢節ここに極まれりってくらいに未回収伏線の嵐ではありますが、それも含めてついつい没入してしまう不思議な魅力がありますなぁ。まーラストエピソード、君ら誰やねん感ありますが、彼らもまた「BILLY BAT」に導かれた歴史の担い手という意味では繋がっているといえるのかもなぁ

BILLY BAT コミック 1-20巻セット (モーニング KC)
BILLY BAT コミック 1-20巻セット (モーニング KC)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2016/09/23

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

GIANT KILLING

Img_5156

「GIANT KILLING」41巻自炊完了~。元カリスマ選手の監督タツミが弱小チームを立て直すとゆー”がんばれベアーズ"的なスポ魂漫画!今やモーニングの看板タイトルといってもさしつかえないジャイキリですが、改めて読み直すとその濃厚な戦略系サッカー漫画としてはダントツの面白さですよな~。選手だけではなく、監督・サポーター・経営サイドにスポーツ記者とここまで多面的にサッカーをとりまく環境を描いたマンガは唯一無二の存在じゃないでしょーか。各クラブの監督や選手も個性的で、タツミ率いるEast Tokyo Unitedと繰り広げられる熱イ試合の数々はどれひとつとっても面白いてんだからスゴイわな~。個人的には初優勝で完結してくれたら殿堂入り大決定の名作マンガデス!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧