2018年12月 2日 (日)

ストリートファイター キャラクターメイキング

s

ストリートファイター キャラクターメイキング到着~。ストリートファイター関連書籍となるととりあえず掴むオールドファンw。今回はストV設定資料集の決定版とゆー感じでゲーメストムック的に読めて楽しいんですが、これもシーズン4が始まったら改訂版がでるのかしら。まーでもファイナルファイトとかストⅡ開発者による座談会とかおっさんホイホイなネタ宝庫で超楽しいw。各キャラクターの設定も改めて確認して一番驚いたのは、ゴリゴリのイロモノキャラだと思ってたGがストVのラスボスだったとゆー事実!マジスカ

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

まとめ買い

まとめ買い
3ヶ月の入院期間に発売されてたコミックをamazonでまとめ買い〜。数えてみれば32冊とゆー大量購入、まー月7〜8冊は買ってるんでさもありなん。さっさと自炊したいとこなんですがPCが未だ復活せずとゆー残念な状態。no signalなんで省電力モードに移行しますのメッセージが出てブラックアウト。モニタやケーブルは大丈夫ぽいんで一番めんどくさいPC側の問題か…。蓋開けなきゃダメそーですが、床に直座りもできない病み上がりの体にはハード過ぎて無理だわいなー。イメージと実際の体の動きがギャップあり過ぎてもどかしいのよなー

| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

東京喰種:re

Img_6134

「東京喰種:re」完結記念あげ。劇場版見て興味沸いて無印版イッキ読みして結局:reも最終巻まで律義に読みきってしまいましたw。無印から:reになって驚いたのは絵柄の激変っぷり、あまりにスタイリッシュに変化しすぎて一瞬登場人物の把握ができなくなるとゆー罠w。加えてパワーバランスが超複雑化していくんで相関関係を手戻りしながら確認しないとついていけんw。キャラが飽和しすぎた気もしないでもないですが、大局的には全ての発端であるリゼさんとの因果に終止符を打っての大団円ですかー。まー30冊にわたる東京喰種でしたが、なんだかんだで最終回までイキオイ落ちずに読まされたんで名作マンガには間違いナシですわ~

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

オリンピア・キュクロス

Img_6135

「オリンピア・キュクロス」ゲト~。あのテルマエ・ロマエのヤマザキマリ先生、今度は古代ギリシャ人がタイムスリップですよw。古代ギリシャといえばオリンピック発祥の地、主人公のデメトリオスが1964年の東京オリンピックの時代を行き来しながら古代と現代のオリンピックの違いをバカバカしくも真面目に語るテルマエ・スタイルw。なにげにアベベとか円谷とか出てくるのもポイント高いし、そのうち2020年の東京オリンピックも絡まってくる気がするなぁ。映画化も待ったなしな気ィしますが、テルマエに続いてまたもや全裸男の冒険譚なのは偶然の一致ですかw

ちなみにキュクロスてのは叙情詩って意味みたいすね、オリンピック叙情詩

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

暁!!男塾

Img_6121

暁!!男塾全25巻自炊完了~。オリジナル魁!男塾には80年代リアルタイムでドハマリした世代、あの奇天烈なバトルマンガが息子世代になっての続編で、我らが剣桃太郎の息子である剣獅子丸が主人公。物語も当時を知る人には懐かしいネタの詰め合わせ、大豪院邪鬼や明石剛次の息子や三面拳、淤凛葡繻やファラオ・スフィンクスといったかつてのライバルも新世代戦士登場で無駄に盛り上がりィ!おなじみの民明書房刊のウンチクはもちろん、まさかの主筆登場とかもうたまんw。どうやら今は3作目にあたる”真!男塾”の連載が始まってるようなのですが、キン肉マンやら北斗の拳やら80年代ジャンプマンガの続編が次々出てくるんで死にそうですw

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

JJM女子柔道部物語

Img_6107

JJM女子柔道部物語ゲト~。80年代の名作漫画「柔道部物語」があらかた20年の時を経て女子編スタートですよ。北海道の女子高生・神楽えもがド素人ながら天性の才能で柔道家として成長していくという展開ですが、今作はアトランタオリンピックの金メダリスト・恵本裕子の自叙伝的なオハナシらしいです。まー実話ベースですが小林まこと先生のキレのあるギャグや味わい深いキャラクターづくりは今回も秀逸ッ!特に柔道の試合の場面はあいかわらず躍動感あってめちゃカッコヨイんだな~。なんだか男子編も改めて読みたくなってきたぞw

JJM 女子柔道部物語(1) (イブニングKC)
JJM 女子柔道部物語(1) (イブニングKC)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2016/12/22

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

アカギ

Img_6098

アカギの最終巻ゲト~。1992年連載開始で26年にわたる長期連載となった麻雀漫画。その大半が透明の牌を使った鷲巣麻雀という命を賭けた一晩のオハナシで、1牌自模るのにまるまる1話とか使ったりしてたんで、ホントこれ終わらないんじゃないかと思ってましたw。後半は麻雀もさることながら、敵キャラの鷲巣が死線を彷徨ったり、巨大化したりホントわけわからんストーリーぶっこまれたりしてましたからなぁw。まー四半世紀追い続けたわりにはそんな決着かい!とゆーキモチもないではないんですがな。しかしこのアカギ、34巻を境にいきなり新装丁になって、長年集めてきたそれまでの33巻分と統一感がなくなってしまうとゆートラップがw。つか後3冊だったんなら旧装丁のまま最後までいけや!

アカギ 36―闇に降り立った天才 (近代麻雀コミックス)
アカギ 36―闇に降り立った天才 (近代麻雀コミックス)
  • 発売元: 竹書房
  • 発売日: 2018/06/27

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

リングにかけろ

Img_6061

リンかけ全25巻自炊完了!風魔の小次郎聖闘士星矢を自炊しておいてリンかけに手を付けてないのが無性に気になってしまいましてんw。1977年から4年連載されていたとゆーことで、終わりのほうはジャンプで読んでたような記憶もありますが、全巻通読は初めてかも。最初の方こそ”あしたのジョー”を彷彿とさせる竜児と菊の高嶺姉弟の貧乏暮らしエピソードですが、日本ジュニアチームが組まれてブーメランフックが登場したあたりから徐々に今の車田テイストが爆発してきますなw。カイザーナックルとか今見るとただのメリケンサックなんだけど、当時無駄に盛り上がったなぁ。強敵となるギリシャチームのゼウス軍団とかすげー覚えてたわー。思えばギリシャ神話を知ったのはリンかけだったかもしらんw。

そういえば息子世代にうつった”リングにかけろ2”があったハズ、オリジナルを読んだ以上2も読むべきか・・ムムム・・・

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

特攻の島

Img_6011

「特攻の島」全9巻完結記念自炊~。命を描く漫画家・佐藤秀峰最新作は第二次世界大戦末期に開発された人間魚雷”回天”のオハナシ。特攻隊といえば神風特攻隊に代表される飛行機部隊が有名ですが、こちらは魚雷に兵隊を乗せた海の特攻隊。息苦しい狭い魚雷兵器の搭乗員として過酷な訓練を受けた主人公・渡辺が、戦地で次々仲間が散ってゆく中でひとり運命に翻弄されながら、己の命の意味を問いかけていく姿にグイグイ引き込まれます。想像を絶する極限状態の中で渡辺が辿り着いた境地はどこだったのか、思いを巡らせずにはいられないラストにただただ涙

ちなみに回天は靖国神社の遊就館にホンモノが展示されてるんですよね。久しぶりにお参りがてら見学しに行こうかしら

特攻の島 9 (芳文社コミックス)
特攻の島 9 (芳文社コミックス)
  • 発売元: 芳文社
  • 発売日: 2018/02/16

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

大家さんと僕

Img_6006

お笑い芸人のカラテカ矢部太郎の日記マンガ「大家さんと僕」読了~。芸人さんの余技とはいえ手塚治虫文化賞を受賞したのだから見事なもんです。カラテカ矢部太郎は電波少年の頃から本業以外でいろんな才能を発揮しますよなw。で、こちらのマンガは”僕”こと矢部太郎と88歳の大家さんとの日々の出来事を綴ったなんともほっこりする生活マンガ。大家さんの含蓄あるオコトバとか、ちょっと浮世離れした天然さ、それを真面目に受け答えする”僕”とのコミュニケーションが実にかわいらしくてイイっすね。こーゆー密な近所付き合いてのが希薄な現代社会だからこそ、なんか安心しちゃうのかもしれませんなぁ。1年後くらいにはしれっと映画化されてそうな予感もするw

大家さんと僕
大家さんと僕
  • 発売元: 新潮社
  • 発売日: 2017/10/31

| | コメント (0)

より以前の記事一覧