2017年3月25日 (土)

舞踊名作鑑賞会

Img_5229

本日は国立劇場で開催中の「舞踊名作鑑賞会」に行ってまいりました~。三味線と鼓を使った日本古来の舞踊をしっかと見物するのは今回が初めて。ただし物語的には静御前や渡辺綱など歴史上の有名な人物を扱っているので、歴史好きとしてはとっつきやすかったデス。まーしかし一挙手一投足が優雅で力強く、舞踊のクライマックスには伴奏や合いの手も盛り上がってきて実に楽しいw。渡辺綱と鬼のバトルにいたっては完全なるアクションファンタジーw。後頭部に狐の面をつけて表裏で2役をこなす”うしろ面”なんかはかなーり変った洋式ですなぁ。花道のすぐ横だったので、目の前で繰り広げられる勇壮な殺陣も圧巻でした!

国立劇場公式サイト

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

日本遺産飛鳥シンポジウム

Img_5169

本日は日本遺産飛鳥シンポジウムに参加して参りました~。奈良県は飛鳥地域の歴史に関する講演会で、今回のテーマは「皇極天皇・斉明天皇」。だいぶマニアックな人選ですが、ちょうど乙巳の変から壬申の乱にかけた古代飛鳥の歴史にハマってる最中だったので、あぁ蘇我入鹿の首が斬られた現場にいた天皇ね、とすぐ納得。漫画家・里中満智子さんのストーリー性溢れる語り口と、歴史学者・吉村武彦さんの資料を基調とした学術的な説明はどちらも面白いッ!とくに考古学的資料に基づく最新の学説や研究結果に纏わる情報は興味深くてたまりませんなッ!まー皇極・斉明の人物像に関しては、ちょっと自分のイメージとは違ったけど、そこは仮定次第でどうとでもとれちゃう古代史の楽しい想像の部分ですからなぁ。こんな歴史系の講演会探せばもっとありそうなんでまた参加してみたいっすわ~。飛鳥ももう1回行って見れなかった史跡を巡らないとなー

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

すみだ北斎美術館

Img_5118

本日はすみだ北斎美術館を見学して参りました~。墨田区には葛飾北斎が住んでいたとゆー縁で開館した施設だそーですな。ゴッホをはじめ西洋美術界にも大きなインパクトを与えたと言われる日本美術史上の巨人・葛飾北斎その人の作品が常設されておりました!まーとにかくそのバラエティ感に溢れた膨大な作品を描いたその創作意欲に圧倒されますよな~。なかでも俗に”北斎漫画”と言われる滑稽な作品群は、まさに日本のマンガ文化の超先駆者かもしれませんなぁ。しかし開館直後とゆーことで混み具合もハンパないくて、エレベータの前は長蛇の列・・・。階段備え付けてないってそれ欠陥構造なんじゃないのかしら。せめて非常階段開放してくれてもいんじゃないのかな~

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

マリー・アントワネット展

Img_5093

六本木ヒルズで開催中のマリー・アントワネット展を見学して参りました~。まーフランス革命に関してはベルサイユのばら以上の知識はないんですがw、それでもマリー・アントワネットと言えば誰もが知る歴史上の人物。展示物は肖像画が中心で、革命直前の華やかなフランスの貴族社会が垣間見られるよう。しかし彼女の人生とリンクするように先に進むにつれて暗澹たるものに変わっていき、フェルゼン伯との暗号文による手紙、かの有名なダイアモンドの首飾り(レプリカ)あたりはまんまベルばら。意外だったのは日本の工芸品を彼女が使っていたコトでしたが出島ルートで取引されたのかなぁ。最後には断頭台にかけられる直前に使用していたシミーズとかが展示されていて、日常で使われていた品物を見せつけられるとマリー・アントワネットが実際に存在していた感がイッキに高まりますよな。

しかし死後200年もたったところで自分の肌着(シミーズ)が極東の島で大勢の人の目にさらされるとは夢にも思わなかったでしょうなw

「マリー・アントワネット展」公式サイト

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

戦国時代展

Img_5113

本日はと両国の江戸東京博物館にて開催中の戦国時代展を見学してまいりましたよwith甥っ子ちゃん。まずは入口前で鎧武者と記念写真パチリw。展示品のほうは応仁の乱から北条早雲、武田信玄、上杉謙信といった戦国初期の武将がメインだったので信長・秀吉・家康がらみの展示がなかったのがちと寂しィ感じ。まーでも川中島合戦屏風で信玄・謙信を探してみたり、佐竹義重の兜の意匠が、絶対に後退しない"毛虫”がモチーフであったとか、5匹の虎を退かせた日本刀”五虎退”とか毎度いろいろ新しい発見があるもんデス。歴史知識をどんどん吸収してる甥っ子ちゃんは、織田五大将や五大老あたりはスラスラと暗唱できるレベルに達してマスw。逆に甥っ子ちゃんから教えられることまで出てくる始末、金地院崇伝とか名前はうっすら記憶あったけどなぁw。

甥っ子ちゃんの興味は源平時代に移ってるらしいので、おじさんもその辺の時代勉強し直し中。とりあえずかわぐちかいじセンセイの「ジパング 深蒼海流」でも読んでみようかしら

「戦国時代展」公式サイト

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

ラスコー展

Img_5101

国立科学博物館にて開催中のラスコー展を見学して参りました~。ラスコー洞窟の壁画と言えば40000年前に描かれた人類史上最古の壁画、でありながらその躍動感溢れる動物たちの姿は見事としか言いようがありませんわな~。洞窟に壁画を描くという行為は、絵を描く技術以外にも洞窟を照らすための炎や燃料、高い位置に登るためのはしごのようなものも必要で、いわゆる集団作業をしていた証拠というのはなるほど確かに。まーさすがにクロマニョン人の時代まで行くと歴史とゆー感じでもないですが、彼らが使った動物の骨で作った縫い針とか見ると現代のものと何の変りも無いのには驚かされますわな~

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

スヌーピーミュージアム

Img_4829

麻布界隈で偶然発見したスヌーピーミュージアムを見てまいりました~。まずは入口でスヌーピーが犬小屋の上で寝る有名なポーズでお出迎えw。スヌーピーの登場する”ピーナッツ”の連載は1950年から2000年と足掛け50年に渡る連載なので、こち亀を超える超長期連載なんすよね~。そんな半世紀の足跡を作品という形で鑑賞すると、初期のスヌーピーがかなーりただの犬でオドロキw。二歩足で歩き始めてからは元祖コスプレキャラというか、パイロット、裁判官、外科医、兵士といろんな姿で活躍するスヌーピーかわいいw。

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

藤島康介デビュー30周年記念自選画展 僕と彼女と乗り物と。

Img_4811

本日は新宿のアートコンプレックスセンターで開催中の藤島康介展に行って参りました~、しかも入場無料の撮影自由とゆー。会場にはナツカシの「逮捕しちゃうぞ」「あぁっ女神さま」のイラストがズラリ!まー30周年のうち26年間連載していた「あぁっ女神さま」ですから、大半はベルダンディー。初期と末期の絵柄の変化が凄いっすねw。個人的には「逮捕しちゃうぞ」の方が名作ってイメージが強い藤島作品、原画見るとほんとタッチが繊細でとにかく絵が上手すぎるわ~。せっかくなら「サクラ大戦」とか「テイルズオブファンタジア」のイラストも展示してくれればよかったんですが、マンガとゲームじゃ版権的に問題あったのかしら。

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

こち亀展

Img_4797

銀座タカシマヤで開催中の「こち亀展」に行って参りました~。40年というギネス級の連載マンガが、これまたギネス級の通算200巻にて最終回を迎えた”こち亀”。自分が子供の頃からずーっとジャンプに連載されていたので、笑点、サザエさんなみに終わることが信じられない感じですなぁ。展示会は200冊のコミックスから主人公・両津勘吉の足跡を辿る構成で、不祥事、金儲け、祭、下町人情モノといったこち亀のいろんな側面があますことなく展示されていました~。勝鬨橋とかおばけえんとつの立体展示物があるのがいかにもこち亀らしいっすね。神田神社に奉納されたというこち亀絵巻物もありましたが、よもやの特殊刑事までが描かれていたとはww。なんか最終回迎えた今、こち亀全200巻に対する自炊欲がムラムラと沸いてきたんですが、200冊はさすがに数多過ぎるよな・・・

ご年配の方から若者まで、見学者の年齢がかなーり幅あって、こち亀の歴史の長さに今更ながら驚嘆

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

日蘭友好すみだSAMURAIフェス2016

Img_4783

錦糸公園がニギヤカだったので立ち寄ってみると”SAMURAIフェス”開催中。しかも"日蘭友好”とか銘打ってるあたりは歴史メイニア的にはじわじわきますなw。まぁ確かに出島という狭いエリアを通じてではありますが、江戸時代の侍にとって外国はオランダのことですからなぁ。蘭学者と呼ばれる江戸時代の開明的な人々が、時に幕府に睨まれ弾圧されながらも最終的には倒幕という大きな力になったわけで・・・と頭の中で妄想膨らむテーマでありますw。出店はいたってフツーでしたが、一部オランダのコロッケやチーズもあったのでお買い上げ。うーんフルヘッヘンド(関係ない)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧