2015年2月16日 (月)

Unity4入門

Img_3439

ブッコフで発見してしまったので、遅まきながらUnity本を読み中。最近流行の開発環境とゆーことで、webやらCG本やらで断片的には知ってたわけですが、一度全体像をしっかり掴んでおくかとゆーことで。Unity本体もダウンロードしてまずはチュートリアルの玉ころがしをやってみましたが、iPhoneでシミュレーションするところまではほんと手軽にできる印象。とはいえやっぱ鬼門になりそうなのはスクリプトまわりですなぁ。定型パターンみたいなのはコピれても、実際やりたいことやろうとすると知識なしでは太刀打ちできなそうな気が・・。まーでもアセットとか使い始めたら結構楽しそうなんで、ヒマつぶし程度にやっていく所存

Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム制作
Unity4入門 最新開発環境による簡単3Dゲーム制作
  • 発売元: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2013/07/27

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

ローマ亡き後の地中海世界

Img_3454

「ローマ亡き後の地中海世界」の文庫版全4巻ゲト!「ローマ人の物語」を読破してはや3年、今でも繰り返し読み続けておりますが、そのローマが滅んだ後を塩野七生が解説してくれるんですから、それはもう読むしか!たまたまイスラム史にもハマっているので「おおまかな当時の状況はわかっているつもりですが、やはり細かいエピソードが潤沢で面白いですなぁ。まぁ登場人物が個人というよりもサラセン、ロンゴバルド、ビザンツといった集団ベースなので、皇帝ベースだった「ローマ人の物語」に比べて感情移入しにくいトコもありますが、かつて知ったる塩野節のせいかどんどん読み進んでおりまする。いわゆる暗黒の中世は一度通して理解したかったので当面の楽しみができましたわ~

| | コメント (0)

2015年1月22日 (木)

ワンダフリャメガデス

Img_3393

年末、実家の本棚にて”ワンダフリャメガデス”が発見されますた~。ときおりしも1990年代初頭、当時大人気だったジャンプ系のファンタジーマンガ”バスタード”の作者・萩原一至自身がつくった同人誌とゆーことで、人生最初で最後のコミケ参加でゲットした1冊ですよ、なつかすぃ~。きたがわ翔とか高河ゆんとか寄稿していて90年代感極まれりwまぁまさかそれから20年以上たつのに本編が完結しないとは思いもよりませんでしたがw。まー今更読むわけでもないのですが、プレミアとかついてないのかとググッてみたら市場価格は2000円くらいどした・・・ビミョウ・・・

BASTARD!!-暗黒の破壊神-(27)(ジャンプコミックス)
BASTARD!!-暗黒の破壊神-(27)(ジャンプコミックス)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 2012/03/19

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

イスラームから見た「世界史」

Img_3226

”イスラームから見た「世界史」”読了~。古代ローマから東ローマを経て、いよいよイスラムの歴史に興味がでてきたところ、おすすめされたこの本。ムハンマドによるイスラム教の誕生から、どんどん分裂していく派閥や王朝の多さに頭混乱してきますが、8世紀から現代までのイスラム史をおおまかに再確認。おざなりになりがちな中東や中央アジアの歴史、ヨーロッパとの血で血を洗う抗争が現代まで禍根を残している事実が浮き彫りになりますなぁ。結局アメリカやヨーロッパは自ら撒いた憎しみの種によってビンラディンやイスラム国による報復を受けているわけですよ。近代はとにかく血生臭いイスラム史ですが、ペルシア帝国を併呑し、東ローマ帝国を滅ぼし、北アフリカを席巻し、スペインまでも支配下におさめるイスラム帝国のダイナミックな拡張はロマン溢れる歴史物語ですな~

イスラームから見た「世界史」
イスラームから見た「世界史」
  • 発売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 2011/08/29

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

ULTRA STREET FIGHTER IV 新生の書

Img_3035

ウルⅣムックがでてたのでとりあえずゲト~。ストⅣシリーズだけで購入したムックはもう5冊目なんですが、やっぱ出るとついつい買っちゃうなぁ。まー対戦攻略情報は今日びネットで動画やら掲示板やらで見ることができるのでストⅡ時代ほど重要度は高くないんですが、コレクターズアイテムみたいなもんですかね。さてウルⅣは1日1時間程プレイしており、マイキャラダルシムの瞬間最大PPは1900台!その後泥沼連敗で1300まで落ちましたが・・・。とゆーのも入力ミスがめっさ増えてきてウルコンがさっぱり出ないのは、もしかしてアケコンの中Kボタンがイカれたかな~?リアルアーケードPro.3も気がつけば5年も使ってるし、そろそろ買い替えるべきか、それともボタン交換でしのぐべきか・・・

ULTRA STREET FIGHTER IV 新生の書 (ARCADIA EXTRA)
ULTRA STREET FIGHTER IV 新生の書 (ARCADIA EXTRA)
  • 発売元: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2014/09/04

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

達人伝

Img_2354

王欣太の新作「達人伝」ゲト!三国志の時代から遡ること600年、春秋戦国時代を描いた中国歴史モノ!蒼天航路で心臓わしづかみにされた人間としてはコレは期待せずにはいられない!まだまだキャラクターが出揃ってない感じですが、久々のGONTA節が楽しめて嬉しい限り。始皇帝とかどんな面構えで登場するか今からワクワク!まーそんな達人伝ですが、実はもっと気になったのが作者近況コーナーに描かれた「ユリウス・カエサル」の漫画化エピソード!準備が必要とゆーのは尤もですが、王欣太の描く古代ローマ超見たい!ゼヒ実現してほしいッ!

達人伝 ~9万里を風に乗り~(1) (アクションコミックス)
達人伝 ~9万里を風に乗り~(1) (アクションコミックス)
  • 発売元: 双葉社
  • 発売日: 2013/09/28

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

北斗の拳

Img_2029
北斗の拳全巻セットをAmazonでゲット!自炊のおかげで収納スペースを気にする必要がなくなったせいか、ムカシ泣く泣く手放した漫画を買い戻したい欲求がやまない昨今。80年代ジャンプドンズバ世代としては豪華版や復刻版でなくてあくまでジャンプコミックスで自炊したかったとゆー謎のこだわりがあったりして購入したですよ。全27巻3980円、1冊あたり147円なので思ったよりは安くついて有難い、漫画喫茶の払い下げなので側面に店のハンコがおしてあったり、劣化もしてますが、自炊素材としてはなんにも困りません。そんなこんなで改めて読み返す北斗の拳、名作です、ただしラオウまで。ラオウ以降はリアルタイムでも目に見えてイキオイ失っていき、修羅の国とかカイオウとかリュウとかは逆に全然覚えてなくて新鮮に読めたりする嬉しい誤算もあったりw

しかしこのゾーンに手ェだすと「魁!男塾」とか「ドラゴンボール」も食指が動き始めて・・・ムムム・・・

北斗の拳全15巻セット (集英社文庫―コミック版)
北斗の拳全15巻セット (集英社文庫―コミック版)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 2009/11/01

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

利休にたずねよ

利休にたずねよ
「利休にたずねよ」読了〜。千利休は人によって解釈が様々で得体のしれない人物とゆーイメージ、それだけに歴史メイニア的にも興味深い存在、幸い帰省中で時間だけはいっぱいあるので1日で読みきってしまいました。映画ではわりかしおなじみの時間軸が逆走していくスタイルで、1章ごとに主人公が切り替わっていくせいか、飽きずに次々読み進められていく感じ。秀吉や三成といった戦国時代のレギュラーメンバーの性格描写は従来通りのイメージですが、利休に関してはグンと艶っぽいエピソードに彩られて独特な描き方だったかなあ。美の求道者・利休の原点に美しい女人を据えた物語は面白く読めましたが、利休の反骨精神や美に対する執着を纏った壮絶な人生を貫くエピソードが色恋沙汰でしかないのは、迫力不足な感じもしたかなぁ

まー映画的ではあると思っていたら、海老蔵主演で公開予定みたいっすな

利休にたずねよ (PHP文芸文庫)
利休にたずねよ (PHP文芸文庫)
  • 発売元: PHP研究所
  • 発売日: 2010/10/13

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

とめはねっ!鈴里高校書道部

Img_1862

「とめはねっ!」が会社の机の上にどすんと置かれておりましたよ、1~4巻(しかもなぜか4巻が2冊)の計5冊w。いらないからあげる的なシンプルな理由なよーですが、自炊始めてからこーゆー飼い主のいない書籍が集まってくるような。河合克敏といえば「帯をギュッとね」世代なので結構好きなマンガ家さん。書道マンガとゆー変わったテーマですが、これが意外と知られざる書の世界を細かく説明してくれていて面白い!何の気なしにもらってしまうんだけど、先が読みたくなってしまうので結局足りない分を買わずにはいられなくなって高くつくパターンw。5巻以降求めてブッコフ巡りせんと~

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

アド・アストラ

Img_1859

アド・アストラ購入~。ヤンジャン系は購読リストに入ってなかったので今まで見逃してたわけですが、この漫画の主役はスキピオとハンニバル!いわゆる第二次ポエニ戦争がテーマと聞いてはローマメイニアとしてはほっとくわけにはいきません!アルプス越えから連戦連勝のハンニバルを相手に苦境にたつローマ軍、3戦連続大敗北で後がない状況で、ローマの盾・ファビウスが必死の持久戦の最中。この後はローマの剣・マルケルスや奴隷軍団を率いるグラックスが控えてるわけで今からその登場が待ち遠しい!もうひとりの主人公スキピオはまだ一兵卒で逃げ惑う一方ですが、この先を知る者にとっては今後の展開が楽しみっすな~

まー内容がマニアックすぎる気もしますが、最後まで連載続くのかだけが心配w

| | コメント (0)

より以前の記事一覧