« サウスポー | トップページ | 沖田総司終焉の地 »

2016年6月 4日 (土)

こてんこてんの会

Img_4540

本日は新橋内幸町ホールにて落語を聞いて参りました~。春風亭百栄さんはゆる~としたリズムで愛嬌たっぷり、隅田川馬石さんはいかにも王道って感じの折り目正しいスタイルで、どちらも個性的で味わい深いっすな~。夫婦喧嘩の仲裁に四苦八苦する仲人さんの「厩火事」、目黒不動に願掛けをして人間になった白犬の「元犬」、金を貸したほう返すほうがが共に意固地になってしまう「意地くらべ」と、古典落語をしっかと楽しませて頂きました~。トリは無一文で吉原遊びをして遊郭に居残るハメになった男の「居残り左平次」は、川島雄三の映画「幕末太陽伝」の原典になる古典落語で、吉原や岡場所のシステムなんかも含めて歴史メイニア的にも面白いエピソードがいっぱいで、左平次の図々しくて逞しいテキトーっぷりにツボりましたw

でも甥っ子ちゃん的には前座の「平林」の「タイラバヤシかヒラリンか、イチハチジュウノモークモク、ヒトツトヤッツデトッキッキ」のフレーズが一番気に入ってた模様。まー「寿限無 」暗記しちゃった甥っ子ちゃんなんで、次にマスターするのはこいつかもw

|

« サウスポー | トップページ | 沖田総司終焉の地 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウスポー | トップページ | 沖田総司終焉の地 »