« ドコサヘキサエン酸 | トップページ | アドルフに告ぐ »

2015年1月28日 (水)

おみおくりの作法

Mov1011

「おみおくりの作法」見ました。22年間も孤独死した人の葬儀を行ってきた民生係のジョン・メイが突如職場解雇となり、最後の仕事となるビリー・ストークの案件に取り組み始めるといった展開。身寄りもなく参列者のない閑散とした葬儀で、ひとり故人を悼む仕事を続けてきた生真面目すぎるジョン・メイの日常が淡々と描かれています。最後の案件となったビリー・ストークの近親者を捜して東奔西走するも、葬儀への参列を拒まれ続けるジョン・メイの徒労感や無力感、そしてちいさな希望のようなものがじわりと胸に迫ります。孤独な”死”の影に存在するかつての輝かしい”生きた証”に触れ、人生の意味に気がついたジョン・メイ。彼の最後の努力が実を結び、まさに人生の転機ともいえるその瞬間に訪れる突然の結末には驚かされましたが、これもまた数多あるひとつの物語ということなのかなぁ。独特の無常感と優しいファンタジーがじんわり心に染み入るオススメしたい1本

おみおくりの作法 [DVD]
おみおくりの作法 [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2015/09/02

|

« ドコサヘキサエン酸 | トップページ | アドルフに告ぐ »

オススメ」カテゴリの記事

映画’15」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドコサヘキサエン酸 | トップページ | アドルフに告ぐ »