« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

DRAGON BALL Z 神と神

Mov734
「DRAGON BALL Z 神と神」見ました。破壊の神・ビルスが予言の存在”超サイヤ人ゴッド”を求めて地球へ赴き、孫悟空はじめZ戦士たちと対峙するといった展開。17年ぶりの新作とのことですが、元々原作至上主義なので劇場版は初鑑賞。孫悟空、ブルマ、ベジータ、ピッコロ・・・おなじみのキャラクターが総出演、一世を風靡したスーパーバトルもあますことなく魅せてくれる久しぶりのドラゴンボールワールド。まーでもビルスのキャラクターがなんとも煮え切らない中途半端な性格が戦いの熱を妨げてるような気がしますなぁ。そこそこイイ奴、でも気まぐれ、プリンが食えないことに激怒して惑星を破壊するとかギャグなんだろうけど絶対倒さなきゃいけない悪党感薄いっていうか・・・。Z戦士もすっかりモブキャラ化、超サイヤ人ゴッドもあんまり活躍しないし、オールドファン向けのなつかし映画てとこですかね~

ドラゴンボールZ 神と神 [Blu-ray]
ドラゴンボールZ 神と神 [Blu-ray]
  • 発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2013/09/13

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

ジャックと天空の巨人

Mov733
「ジャックと天空の巨人」見ました。農民の青年ジャックが、伝説の豆の木によって天空の巨人島と地上を繋いでしまい空前絶後の災いが訪れるといった展開。世界的に有名なイギリス民話”ジャックと豆の木”を再構築したアクションファンタジーは、天空に住む巨人たちが薄汚くてパワフルでその圧倒的な破壊力がたまらんデス!それでいて結構料理の技法に凝ってたりしてそのギャップもバカっぽくてキュートw。そんな圧倒的戦力をもつ巨人たちと一進一退の攻防を繰り広げる人間も頑張ってマス!想像以上にスリリングでダイナミックなアクションの連続攻撃による緊迫感はオミゴト!まー物語のキーアイテムである王冠が、いろんな意味で便利すぎた感じもしますが~。いわゆる王道アクション映画として充分楽しめる1本、王冠の行方を暗示するラストは結構好きw

ジャックと天空の巨人 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
ジャックと天空の巨人 3D&2Dブルーレイセット(2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2013/08/07

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

シュガー・ラッシュ

Mov732
「シュガー・ラッシュ」見ました。レトロゲームの悪役キャラクター・ラルフが、ヒーローになりたい一心で他のゲームの世界に飛び出していくといった展開。ゲームセンターが閉店した後で、ゲームの中のキャラクター達の世界がテーマで、パックマンやストリートファイターⅡ、ソニックにQバートww、ゲームファン的にはたまらないお遊び要素がイッパイ!8bitゲームキャラはモーションがカクついてたり、君みたいな高解像度な女性は初めてだ!とかネタがとにかくマニアックです!単細胞で気のいいラルフとプログラム的なバグを持つ少女ヴァネロペの絶妙なコンビネーションが微笑ましく、ケンカしながら次第に互いの寂しさを共感していく姿にはホロリとさせられます。自分の境遇に葛藤して他人をうらやむしかなかったラルフが、本来の自分の役割の大切さを知る前向きな自己肯定の物語、ヒーローも悪役も脇役もみんなが大事な世界の一部という思いが伝わるオススメの1本デス!

しかしこんだけレトロゲーリスペクトだと、おっさんしかわからんネタも多そうですがw

シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2013/07/17

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

アリタリア航空

Dscn0030
そんなこんなで日本に帰ってきましたよ、やれやれ。12時間のロングフライトですが、iPadや3DSで充分ヒマつぶせるし、眠くなったら寝ればいいし、気分的には楽なもんですわ。帰り道では隣の席に座ったイタリア人夫婦と英語、イタリア語、日本語交えて国際交流w。大学で法律を教えてる先生で、日本には13日間滞在、最初の3日は東京でその後は広島、好きな食べ物は寿司!と結構意思疎通できるもんですなw。ちなみに最初は川崎のかなまら祭に行くんだそーです!うわ!オレ去年行ったよ!カオスなクレイジーフェスティバルだよ!と言ったら絶妙な笑顔でオレもそーゆーのが大好きだ!とノリノリww。やっぱ海外で無駄に有名なのかかなまら祭ww

成田ついてまずは腹ごしらえ、久しぶりの米うめー!味噌汁うめー


DRAGON 1/400 MD-11F アリタリア航空 カーゴ
DRAGON 1/400 MD-11F アリタリア航空 カーゴ
  • 発売元: ガリバー
  • 価格: ¥ 3,613

| | コメント (3)

2013年3月27日 (水)

SPQR

Img_1804
セナートゥス・ポプルス・クェロマーヌス(元老院ならびにローマ市民)

言葉も慣習もよくわからんまま、ローマ帝国好きになりすぎてイキオイ余って訪れたイタリアですが、かなーり満足できたローマ6日間。とはいえローマ帝国はローマだけでは収まらないし、カプア島のティベリウスの別荘や、シチリアのギリシャ人都市シラクサも見たい!ガリア(フランス)、ヒスパニア属州(スペイン)、ブリタニア属州(イギリス)、カルタゴもエジプトも見たくなってきた!これがいわゆる「ローマは1日してならず」とゆーものか!名残惜しいですがぼちぼち帰国の途につかねばならなくなりました~、きっとまたイタリア来る!アリヴェデルーチ!リタリアーノ!

| | コメント (0)

アウグストゥス霊廟

Img_1809
アラ・パチスのすぐ横に、そのアウグストゥスの眠る霊廟がありました!残念な事にここは非公開なので、外観を眺めながらの妄想モードw。初代ローマ皇帝アウグストゥスは多くの偉業を成し遂げたローマ帝国屈指の名皇帝ですが、アグリッパ、ドゥルーススといった後継者がとかく夭折していく悲劇の人、この霊廟に最初に葬られたのも甥っ子にあたるマルケルスだったのが泣ける・・・。77歳で天命つき、この地で火葬された神君アウグストゥスに黙祷

| | コメント (0)

アラ・パチス

Img_1808
アラ・パチス!アウグストゥスによって建てられた平和の祭壇!当時内戦に次ぐ内戦で、ようやく戦いが終わりパクス・ロマーナと呼ばれる平和な時代の到来の象徴!真っ白なアラパチスには中に続く階段があり、その中央の祭壇では最高神祇官も兼務してるアウグストゥスが羊を供物として神に祈ったりしたんでしょうなぁ。壁面にはアウグストゥスはじめ、親友アグリッパや妻リヴィア、息子ドゥルーススに娘ユリアとユリウス一族の主だった面々の姿も描かれ、カエサルの後を継いだアウグストゥスがその正当性を訴え、皇帝制を静かにしっかりと浸透させる段階で建造された歴史的な遺構デス

しかし基本どんな歴史的建物も雨ざらしなローマなんですが、ここだけは近代的なガラス張りうわものがあるんですよな、入場料11ユーロだけど外から丸見えw

| | コメント (0)

ポポロ広場

Dscn1354
ピンチョの丘から眺めるポポロ広場は、ローマの北の玄関口であります~。古代ローマの軍用道路のひとつフラミニア街道の出発点とゆーことではやはりここもローマ帝国ゆかりの場所。広場の真ん中にあるオベリスクはローマ皇帝アウグストゥスがエジプトを制圧したときにローマ運び込んだもので、年代的にはローマの歴史よりさらに古い3000年前のラムセス2世の時代の代物!確かに表面に刻まれた紋様は明らかなエジプト風なんですよな~

| | コメント (0)

ピンチアーナ門

Dscn1325
ヴェネト通りを上りきった場所にあるピンチアーナ門!3世紀後半に度重なる蛮族の侵入のために造られたアウレリアヌス城壁の出入口!ゴート族やらヴァンダル族やら強力な北方民族になす術がなくなり帝国滅亡へと向う時期なんですよなぁ。白い部分が建造当時ものとゆーことでそっと手を触れて当時の戦いを思ふ

| | コメント (0)

サンタ・マリア・インコラータ・コンチェツィオーネ教会

Img_1819
あっとゆーまの6日目!ギリギリまでローマを堪能するためにホテルの近場をあえて最終日に残しているとゆー計算w。まずはサンタ・マリア・インコラータ・コンチェツィオーネ教会、ローマ帝国とは何のゆかりもない16世紀の教会ですが、ココは通称骸骨寺!4000人分の修道僧の骨を使った骸骨シャンデリアに骸骨壁、ミイラとなった修道僧!大腿骨や尺骨のような長い骨はアーチの材料に、肩甲骨や骨盤はうず高く積んでドーム状に、肋骨の曲線や背骨をうまく配置して荘厳に飾られた一種異様な空間!夥しい数の頭蓋骨がじっとこちらを見つめているようで思わず戦慄

ちなみに地球の歩き方では無料(喜捨で1ユーロ)って書いてたけど、しっかりチケット売場があって6ユーロかかりましたw

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

ナヴォーナ広場

Img_1788
夕飯どきのナヴォーナ広場は観光客でごった返してますな〜。不自然なくらい縦に長いこの広場も、ローマ皇帝ドミティアヌスが建造した3万人規模の競技場跡!そう考えるとチルコ・マッシモ同様に当時の情景が浮かんできて、観光客がローマ人の観客に見えてくるから不思議w。中央にそびえ立つオベリスクもローマ時代のもので、これまたマクセンティウス競技場から運ばれてきたんだとか!広場といえばオベリスクってのがローマ式の美観なんですかね〜

さーせっかくなんでピザでも食って帰ろうか〜

| | コメント (1)

テヴェレ川

テヴェレ川
ハドリアヌス霊廟から眼前に広がるはローマを流れるテヴェレ川!古代ローマで誰かが暗殺されるととりあえず投げ込まれる川とゆーイメージw。ローマ建国伝説の双子の兄弟ロムルスとレムスもこの川をどんぶらこと流されてきたとゆーから、この川自体がローマの歴史そのものですよな!しかし、サンタンジェロ城の屋上眺めがいい

| | コメント (0)

サンタンジェロ城

Dscn1282
サンタンジェロ城!バチカンの要塞であり礼拝堂でありますが、もともとはローマ帝国の歴代皇帝を安置するための霊廟!建設オタクのハドリアヌス皇帝による巨大な建築物はここでも大迫力!中に入るとらせん状の坂道が伸びていてズンドコ上に登るカタチ。その複雑に入り組んだ回廊はまさにリアルラピュタ!最上階はローマ市内が一望できる絶景ポジション!バチカン来たのにとりあえずローマ帝国変換しないと気が済まないのはもはや病気でしょうかそうですか

| | コメント (0)

サン・ピエトロ大聖堂

Dscn1196
カソリックの総本山バチカンにやってきましたよ!午後になってやや雨足が弱くなってきたので再度観光。バチカン美術館は午後は意外にすいてるらしく、あんま並ばずにチケットゲットしてバチカン入国。いつパスポート出すんだろと思ってたのにそのままスルー。しかし噂に聞いてましたがたしかにめっさ広い!どこに何があるのか分からん状態の中、どっかの国の観光ツアーをそっとストーカーw。システィーナ礼拝堂や天井画やらめぼしいものは案外見れたようなw。ローマ皇帝ネロによって殺されて、ローマ皇帝コンスタンティヌスによって聖堂が建てられたのだから、あながちローマ帝国無関係ではないし

サン・ピエトロ大聖堂
サン・ピエトロ大聖堂
  • 発売元: 吉川弘文館
  • 発売日: 2000/12

| | コメント (0)

アッピア街道

アッピア街道
全ての道はローマに通ず!そんなローマが最初に建設したアッピア街道を行くぜ!と喜び勇んで歩き始めたところ、この旅初の雨攻撃!ぐわあ。石畳は滑るし車通りも多いし、たまらず近くのバールに逃げ込んでみたものの全くやむ気配もなく無念のリタイア…10kmくらい先にある当時の石畳や道端の墓碑とか見たかった…ぐぬぬ

| | コメント (0)

サン・セバスティアーノ門

サン・セバスティアーノ門
アッピア街道の起点であるサン・セバスティアーノ門!古来ローマ人はここから各地に旅立ったわけですよ!キリスト教的な名前になってはいますが、もともとは帝国末期のローマ皇帝アウレリアヌスが、度重なる蛮族の侵入に対抗するために建造したとゆーもの。ローマ帝国も末期は内憂外患のヒドイ有様、そんな中で圧倒的な活躍で帝国再建に挑んだ最後の名皇帝の遺構を前にしばし妄想

| | コメント (0)

ローマ水道橋

Dscn1091
ローマ5日目でございます。朝一タバッキオで交通機構のワンデイチケットを購入して、一路スパウグスタ駅へ。そこから歩いて少しのところに果てしない長さのローマ水道橋がありました!ローマと言えば街道と水道!2000年前と変わらぬ姿で残るこの水道橋が、古のローマ人の喉を癒してたわけですよ!なんの動力もないのに絶妙な傾斜だけで山奥からローマまで水を運んだとゆーから、やはりスゴイ!

 

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会

サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会
共和国広場の前にはミケランジェロが設計した教会が!まールネサンスはまだ勉強不足なんですが、この教会自体は古代ローマの遺跡ディオクレティアヌス浴場を改装したものらしいので、いざ入場。夜ってのはあったんですが、観光客がほとんどおらず、真っ暗な中で光溢れる荘厳な聖堂には言葉失いますなぁ。迷える仔羊が救いを求めるメンタルが少しだけ理解できたような気がする。まーでもローマ人的にはココは公衆浴場なんですがw

| | コメント (0)

共和国広場

Dscn1078
さらにカメオ工房や土産店詣でとゆーバスツアーあるあるな寄り道をしてから、ローマへ戻って12時間のバスツアー終了、ライトアップ美しい共和国広場で解散であります。ローマは暗くなってからまたさらに幻想的で美しいっすなあ。中央の噴水には4人の妖精の彫刻、あらかた100年前に造られたそうですが、ローマにとっては100年ものは若輩者、少なくとも500年くらいは立たないとバリュー感ないらしいですw。まー2000年前の遺構がゴロゴロしてますからなあw

| | コメント (0)

ポンペイ遺跡

Dscn0921
ポンペイキター!2000年前にベスビオ火山の噴火によって滅んだローマ人の街!堆積した火山灰がタイムカプセルの役割を果たしていて、当時の街並みが完全に残った奇跡の遺跡!実際当時の大通りを歩くと左右の建物がこれまた完璧に残ってるので、ほんと商店街を歩いてるような感じ。馬車の轍が残る道路には横断歩道もあり、バーカウンターが残る居酒屋、かまどのあるパン屋などの前に立つと当時のローマ人の姿が目に浮かぶ様です!そして極め付けは娼婦館!壁に残る淫靡な壁画と狭い個室が生々しいw、店の入口にはちんこのレリーフwしかも大通りの路面には、娼婦館の方角を示す矢印のレリーフが埋め込まれていて、それもちんこw

| | コメント (0)

ナポリ

Dscn0845
4日目はローマから200km南に下がったナポリにやってきました〜。ローマにくらべると街の色がより黄色くて華やか、ナポリ湾の絶景も見事ですな!ナポリ・ポンペイ日帰りバスツアーは、この旅唯一のオプショナル、まー月曜日はローマ市内のめぼしい施設が休館日だったので申し込んだ次第ですが。ローマは朝から雨で、道中も降ったりやんだり天候不順だったにも関わらずナポリ到着時にはすっかり晴れた!あいにく外歩きはなしのバスツアーですが、添乗員さんの豆知識面白い!、歴史的な話は勿論、ナポリではノーヘル運転はバイク没収刑だとか、ナポリ含む南イタリアの生産性の低さを揶揄して、北アフリカ扱いされたりするとかw

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

スペイン広場

Img_1704
これまたローマの休日で有名なスペイン広場、ヘップバーンがジェラートを食うてた場所であります。ライトアップされた名所は、昼間とはまた違う風情があっていいもんですな。とはいえトレビの泉同様人気あり過ぎて人混み半端ないですがなー。しかし何故にスペインなのかと思って調べたら、単純にスペイン大使館前だから…って!ヒスパニア属州とか関係ないんですか!

夜もふけてきたし、ピザ食べて寝るとするかー。明日はこの旅行唯一のオプショナル、どんな感じになるのやら

| | コメント (0)

トレビの泉

Img_1696
トレビの泉にやってきました〜。コインを投げ入れると願いが叶うとゆーローマの有名観光スポット!がしかし、実はこの泉はローマ皇帝アウグストゥスによって建造されたローマ水道の終点施設とゆー点で紛れもないローマ帝国ゆかりの場所なのですよ!とはいえさすがの大人気で周囲は観光客の芋洗状態で風情もロマンチックもあったもんじゃないっすなw。まーでも周囲に軒を連ねるジェラート屋はマジ美味い!ティラミス、ストロベリー、ヨーグルトの3つ盛がたまらん!正直ピザよりパスタよりジェラートが一番ハマった気がするですよ、マジで

| | コメント (0)

セルウィウス城壁

Img_1693
セルウィウス城壁どすん!昨日テルミニ駅来た時は気がつかなかったんですが、思った以上にしっかり残ってて驚き!建造されたのはなんと2500年前!帝政どころか王制ローマ時代のの6代目王セルウィウス!元はガリア人対策だった城壁ですが、後にハンニバルからローマを守ったと言われる由緒正しいローマの城壁!こんな歴史的な遺構と近代的なテルミニ駅がしれっと共存してるのはさすがカプトゥムンディ

| | コメント (0)

CONTRAL

CONTRAL
CONTRAL社のブルーバスに乗れてようやく一安心、というのもヴィラ・アドリアーナの帰路、バス停で待てど暮らせどバスが来ない…だんだん不安になってきたので、道行くおじいさんに必殺のヴォレイアンダーレア!"ここはティヴォリだけど、バスのことはよくわからないからそこの店で聞いたらどうだ"的なオコタエ、全部イタリア語だから分からんけどたぶんそう。でその店のおじさんに聞いたら"今日は日曜だからバスあまりこないよ、でも2本先の道を曲がった先にあるバス停ならローマ行きがくるよ"的なお互いイタリア語と英語とボディランゲージ。おかげでローマ市内に帰還できました。怪しい日本人に親切なイタリア人のみなさんにグラッツェグラッツェ

| | コメント (0)

ヴィラ・アドリアーナ

Dscn0717
テルマエロマエで一躍有名になったハドリアヌス皇帝の別荘、ヴィラ・アドリアーナにやってきましたよ!天才肌で別荘の設計までやってしまうハドリアヌスですが、とにかく広いよ!足が痛いよ!庭園、神殿、浴場、図書館、病院にギリシャ式劇場と多芸多才なハドリアヌスの好きなものてんこもり感がヒシヒシ伝わりますな。生涯かけて全属州を廻った唯一の皇帝らしく、エジプトやギリシャなどの様式美も取り込んでいるそうですよ

ちなみにティヴォリからの移動方法を探っていたら、サングラスの爺様が"あそこのバールでバスチケットを買うといい"と教えられヴォレイアンダレーアヴィラ・アドリアーナでチケットげっと。目当てのバスがきたら"これに乗れ"と教えてくれました、イタリアの爺様親切っすな

| | コメント (0)

ヴィラ・デステ

Dscn0663
世界遺産ヴィラ・デステ!ローマ帝国とは無関係なんですが、世界遺産らしいしティヴォリのバス停の超目の前だったのでチケットウーノ。16世紀の法王選挙に敗れたエステ家の枢機卿によって建てられた隠棲の地。噴水で彩られた美麗な庭園は見事なもんです!だがしかしイマイチ心が踊らないのはローマ帝国成分が薄いからか…自分でいうのもなんですが、ハマったもの以外への愛が薄すぎるな自分w

| | コメント (0)

ティヴォリ

ティヴォリ
3日目はローマ皇帝の別荘地として有名なティヴォリにやってきましたよ!アウグストゥスやハドリアヌスといった著名人はもちろん、パルミラの女王ゼノビアたんの終焉の地と聞いては燃えないわけにはいかない土地!しかしここまで来るのはなかなかしんどかった…ローマから地下鉄B線ポンテマンモーロ駅まではすんなり来ましたが、ローマパスはここから先には使えないとバスの運転手さんに言われ、チケット売場で渾身のヴォレイアンダーレアティヴォリ!なんとか意思疎通できてバスチケット購入したのに、乗車してもチケットのチェックも回収もしないので驚いたw

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

アウグストゥス

アウグストゥス
初代ローマ皇帝アウグストゥスキター!

ローマ国立博物館マッシモ宮にて我らがアグさんとついに御対面!まートライヤヌスやヴェスパシアヌス、カラカラ…数多くの石像を目の当たりにしましたが、神官姿のアウグストゥスはやはりローマ帝国の象徴です!地球の裏側で出会ったプリンチェプス相手にしばし脳内エア会話

アウグストゥス: ローマ帝国のはじまり
アウグストゥス: ローマ帝国のはじまり
  • 発売元: 白水社
  • 発売日: 2013/07/20

| | コメント (0)

ディオクレティアヌス浴場

ディオクレティアヌスの浴場
テルマエつながりで今度はディオクレティアヌス浴場!テルミニ駅の正面にある異質な巨大遺跡!数あるローマ皇帝の中でもディオクレティアヌスは印象深いキャラクター、正皇帝と副皇帝による2頭制をもって、崩壊寸前のローマ帝国を救った立役者!現在はローマ国立博物館の一部であり、外観こそ見学できるものの遺跡内部に直接入れないのは残念!

| | コメント (0)

カラカラ浴場

Img_1661
カラカラ浴場にきましたよ。別に風呂が干上がってカラカラってわけではないですよw。ちなみにカラカラとはガリア人のフード付きチュニックのことで、その衣装を幼少時に好んだからついた渾名とか。ローマに来てから驚きっぱなしで恐縮ですが、今度はこの巨大さにドエライ衝撃受けました!風呂とかもうどうでもよくなるデタラメな巨大さに目を見張る!見よ!この圧倒的存在感!とばかりに古のローマ人の技術にひたすら驚嘆。

しばらく妄想して佇んでたら、学生さんの団体に写真撮ってくださいと頼まれ一枚パチリ、どうや当方世界共通のセーフティフェイスみたいでござるw。よくわからんけど大声でスリーツーワン!でタイミングとってみましたが、正解はどうなんだろな

| | コメント (0)

ピラミデ

Dscn0506
ピラミデは補修工事かなにかで完全に覆われた状態…無念。ちなみにこれは共和制時代の政治家ガイウス・ケスティウスの個人的なお墓らしいですが、どんだけ自己顕示欲が強いのかとw。まー属州エジプトにでも赴いた時になんか閃いたんですかね。まー心残りですが仕方なし

| | コメント (0)

オスティアアンティカ

Dscn0409
オスティアンティカ!古代ローマの海の玄関口とも言える港湾都市、2000年の時の流れの中で堆積した砂で内陸に追いやられたというから歴史って凄い。でオスティア、最初は小さな壁が厳かに残るくらいのこじんまりした遺跡と思っていたら、半円型のローマ式劇場、巨大神殿とドンドン遺跡がデカくなり、ほとんど丸々都市が残ってる!フォロロマーノと違って自由に遺跡の中移動できるので、気分はもうローマ人!酒場の跡で酔いどれローマ人を想像してるだけ至福の時間!インスラ的な集合住宅の屋上から眺めるオスティアはまさに街!ラピュタかICOがまんま実写化できるシチュエーション!すげえここ!時間あるなら絶対見て欲しい!

| | コメント (0)

地下鉄

テルミニ駅

さて2日目は果敢にもローマで電車を乗り継ぐよミッション!実際券売機使うとかだとハードル高そうでしたが、3日間有効なローマパスは地下鉄乗り放題なんですよ。日本でおなじみのカードを使ったタッチ式ですんなり入場。まー後は路線図見ながら移動するだけ、地下鉄A線でバルベリーニ駅からテルミニ駅、そこでB線乗り換えてマグリアーナ、さらにリド線に乗り換えてオスティアアンティカ目指す訳ですよ。噂のスリ被害なども微塵もなく調子乗ってたら、オスティアアンティカ駅の駅員さんに"電車や駅の写真を撮るのは禁止だ"と注意されてひたすらオカピートオカピートミスクイージ。これはイタリアでは常識なのかな?

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

マルクス・アウレリウス記念柱

Img_1620
哲人皇帝と称されるマルクス・アウレリウスによるゲルマンとの戦いを描いた一大絵巻!柱の表面にあるレリーフから当時の状況を推察できる貴重な史跡。まーでもデカすぎて上の方全然見えないし、やっぱせつめいは欲しいやな〜

そんなこんなでストライキで公共交通機関が使えない中でローマをあらかた12時間で徒歩散策、意外に歩きで回れるもんです、さすが地球のあるきかた!曲がりくねった路地ではiPhoneの地図が便利。はじめてのローマでもおいそれ迷いませんな

| | コメント (0)

パンテオン

Img_1608
超ド迫力のパンテオン!それもそのはず石造りの建造物では世界最大なんだそーですよ!さらにはその驚くべく保存状態の良さ!西暦118年にハドリアヌスが再建したとゆーことなので1900年前の建築物はまさに古代ローマの技術の賜物!観光客の多さもハンパないことになってますッ!中にはいると円形の施設の周囲には祭壇や墓がならび、天を仰ぐと円形の天窓が!いかんとも言い難い神々しさが感じられる天才肌のハドリアヌス作品て感じですなあ。ちなみに邪教の施設が破壊されずに残ったのは、キリスト教関連施設として献上されたことが理由らしいんですが、"すべての神々"を意味するパンテオンが一神教に使われるとゆー皮肉ですな〜

パンテオンの周囲はやたらジェラート屋がたくさんあるので、得意の指差しとクエストウーノペルファボーレ!だんだん調子に乗ってきた感がw。ちなみに本場のジェラート…なに…これ…超うまいッ!

| | コメント (0)

アレアサクラ

Img_1605
アレアサクラ!小さなスペースの遺跡ですが、ここだけは見逃せない!なぜならばここはユリウス・カエサルの暗殺現場!ブルータス!お前もか!ちなみにアレアサクラのある場所はトッレ・アルジェンティーナ広場といい、共和制時代には神殿立ち並ぶ聖域だったようです。いや、カエサルが暗殺されたのはフォロロマーノだとばかり思っていただけに驚いたんですよな。2000年前に起こったカエサル暗殺をイメージしつつ、しばし妄想世界にトリップ!

| | コメント (0)

マルケルス劇場

マルケルス劇場
マルケルス劇場〜、ついにきましたユリウス・カエサルの遺構!この円形劇場はカエサルによる計らいで建造されたもので、マルケルスとは甥っ子ちゃんの名前なんだとか、なんか微笑ましいぞカエサルw。なんやら似てると思ったコロッセオは、ここマルケルス劇場を参考にしてつくられたらしいですよ

| | コメント (0)

真実の口

Img_1594
ローマの休日で有名な真実の口発見!
ローマの遺構を探してる中でなんやら観光客の行列あったんでチラ見したら、予期せぬところで真実の口ですよヘップバーン。さすが有名映画にまつわるだけあって女性人気が高そう、まー自分は手ェ突っ込んでの写真はいいかとゆーことで、お姿のみパシャリ。今は教会に置かれていますが、モノ自体は古代ローマゆかりのもので、水道施設のマンホールの蓋とゆー説があるとかないとか

イタリア製 レリーフ 真実の口 [並行輸入品]
イタリア製 レリーフ 真実の口 [並行輸入品]
  • 発売元: ITALGARDEN(イタルガーデン)
  • 価格: ¥ 60,000

| | コメント (0)

チルコマッシモ

チルコマッシモ
戦車競技場チルコマッシモ!その武張った昔日のイメージはなく穏やかな草っ原にかろうじて往時のコースが見てとれるくらい。とはいえ、ここは帝政、共和制でもなく王制ローマの遺構!エトルリアからやってきた5代目王タルクィニス・スペルブスの時代。紀元前7世紀くらいだから2500年以上前の史跡なんですよな

| | コメント (0)

ドムスアウレア

Img_1584
ドムスアウレアは閉鎖中…やっぱりか…。ローマ皇帝ネロが建造した黄金宮殿はめっさ興味あったんですが、数年前に地震かなんかで天井崩落してるんですよね、イタリア人気質から鑑みるに再公開はいつになるやらw。まーでもこの地はローマ7丘のひとつエスクィリーノの丘!公園として使われてるらしく、草サッカーに興じる若者や昼寝するおじさんやらのどかな風景。奥に進むとトラヤヌス浴場後もありましたが、これもトラヤヌス皇帝お抱え建築家アポロドロスの仕事なんですかね

| | コメント (0)

コロッセオ

Img_1562
ローマのモニュメントとしてはダントツに有名なコロッセオ!歴史メイニア的にはローマ皇帝ヴェスパシアヌス、ティトゥスのフラヴィウス家によるフラヴィア円形劇場と呼びたいところですが〜。まーコロッセオといえば建物が半壊してるイメージありますが、これはすべて別の建築物を建てるために人為的に石材が持ち出された成れの果てというから、キリスト教何してくれるんですか!との思いはつきませんw。ここでもローマパスを使って行列尻目にスマート入場、いざ中はいると…やっぱりテンションMAX!いや、現代のスタジアムやドーム球場になんらヒケをとらない巨大競技場!こんなものを2000年前に建造してしまうとゆーのだからやはりローマ人ゴイス!ちなみに周囲には噂の百人隊長がいっぱい!結構観光客もノリノリ、写真無理矢理撮って50ユーロ近くぼったくるとか聞いてたんですが、10ユーロ(1200円)でどないや!て交渉したらなんかあっさりOKw、まーネタ代としてありかと

昼飯は屋台でパニーニ、指差しとクエストウーノ(これひとつ)で買えますた、美味い

3D立体パズル コロッセオ
3D立体パズル コロッセオ
  • 発売元: ハートアートコレクション
  • 発売日: 2011/06/25

| | コメント (0)

トラヤヌス記念柱

Dscn0182
トラヤヌス記念柱発見!五賢帝のひとりトラヤヌスが戦ったダキア戦争の経過を螺旋状に彫り上げたレリーフでビッシリ!ガリア戦記は運よく原本残っていますが、ダキア戦記はこの柱頼りでいろいろ解明されていないことも多いんですよな。てっぺんになにやら銅像があるんでトライヤヌスその人かと思いきや、後世バチカンによって聖ペテロの像が据えられたみたいです。最強武闘派皇帝トライヤヌスの業績に何してくれてんねんとか思ったりw

| | コメント (0)

カピトリーニ美術館

Dscn0130
カンピドーリオ広場の一角に位置するカピトリーニ美術館にてビリジェットウーノペルファボーレ!古代ローマゆかりのアイテムが目白押し!とりわけ有名なローマを建国した双子ロムルスとレムスと狼のブロンズ像が眼前に!この双子は生まれてすぐに川に流され、不憫に思った狼が乳を与えて育てたとゆー伝説があるんですよ!さあに広場に飾られたマルクス・アウレリウス騎馬像のオリジナルはじめ、歴代ローマ皇帝の胸像がズラリ居並ぶ部屋があり、二つの美術館を繋ぐ地下通路(タブラリウム)は、1世紀頃の遺構をそのまま今も使用してるってんだからすごい!ここからのフォロロマーノの眺めも絶景!

| | コメント (0)

カンピドーリオ広場

Dscn0088
坂を上って巨大な帝政時代の石像の間を抜けた陸の頂上にはミケランジェロが設計したというカンピドーリオ広場!そして広場のド真ん中には五賢帝のひとりマルクス・アウレリウスの騎馬像が!まだ朝も早くて観光客が全くいない状態ですが、ここはいわゆるローマ7丘のひとつカンピドーリオの丘、当時はローマの最高神ユピテルを祭る神殿があった場所なんですよな~

| | コメント (0)

フォロロマーノ

Dscn0147
1万キロの大移動を経て、ついにローマ帝国の中心部フォロロマーノにやってきました!うぉお!いきなりテンションMAX!歴史メイニア的に昂りすぎてなんかもう吐きそうなレベル!その眺めてる場所自体もローマ7丘のカンピドリオだったりパラティーノだったりするわけで、足の裏からローマ帝国がズンドコ浸透する感じ!タバッキオで購入済だったローマパスでさらっと入場、凱旋門や神殿は下から見あげるとその物理的巨大さと歴史的荘厳さで押しつぶされそう!道なりを歩くだけで2000年前のローマ人気分にひたれるこの感覚がたまらんです!とにかく敷地が広いわけですが見所多すぎて全く飽きないまま4時間以上フォロロマーノを散策、団体ツアーだとこうはいかんので、フリープラン大成功!カエサルはじめ古のローマ人達を思いながらしばし妄想w

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

成田空港

成田空港
これから12時間かけてローマでござる、ほないってきま〜

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

旅の指さし会話帳

Img_1541

友人さんにもらったアドバイスのまま「指さし会話帳」と「地球の歩き方」をお守り代わりに購入。まーやっつけにも程がある気もしますがパラパラ眺めてるとホントイタリア語って分かりませんな!ボンジョルノとチャオとボーノくらいしか知らないまま私イタリア行って大丈夫かしらと軽く不安にもなりますが、まーでも遺跡の場所は頭に入ってるし、ローマ皇帝の名前なら全部言えるし、なんとかなるんじゃない?と楽観的に考えておくことにしましょう

さていよいよ明日出発、なんか急に緊張してきたような気がするw

旅の指さし会話帳 miniイタリア [イタリア語] (旅の指さし会話帳mini)
旅の指さし会話帳 miniイタリア [イタリア語] (旅の指さし会話帳mini)
  • 発売元: 情報センター出版局
  • 価格: ¥ 714

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

プラチナデータ

Mov731
「プラチナデータ」見ました。日本国民全員のDNA情報(プラチナデータ)を管理下に置いた犯罪捜査システムの考案者・神楽が、ある殺人事件の犯人解析の結果、自分自身が犯人として特定されるといった展開。最先端の科学技術を信仰する神楽と昔気質でアナログタイプの刑事・浅間のキャラクターを対立させながら、”人間の全てはDNAで決まっている”という命題を軸にして、信じる者、否定する者、利用するもの、されるもの・・・様々な立場での人間に対する解釈の違いはある意味哲学的な様相を持って迫ります。”DNA”至上主義の人々にとってイレギュラーな存在である多重人格者の存在を紐解きながら浮き彫りになっていく、”DNA”の範疇外である”心”という不安定なファクター。環境やトラウマといった不確定な体験こそがDNAを凌駕する人間を人間たらしめるものということなんだろうなぁ

ジャニオタな娘さん達が、映画的には変なタイミングですっとんきょうな黄色い声だすのが超気になったのは秘密w

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

COOLPIX S01

Img_1539

旅行の写真はiPhoneですまそうかと思ってましたが、カメラは持っていったほうがいいですよ!とのアドバイスで推薦されたのがこのCOOLPIX。対象物がないんでわかりにくいかもしれませんがとにかく小さい、8cmx5cmのまさに手のひらサイズ。重さも96gの超軽量、これならネックストラップで首にかけっぱなしでも疲れなくてよさそうです。試し撮りを何度か繰り返してみておおむねいい感じ、あえていうならタッチパネルのアイコンの反応がイマイチな気もしますが慣れの問題ですかね~。メモリも7Gあるんで1000枚くらいは撮れるそーなんでローマをバシバシ撮ってきまっす

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

レイトン教授と超文明Aの遺産・END

Neta335

レイトン教授と超文明Aの遺産クリア~

毎度のことながらオハナシが見たくてナゾトキにイライラするとゆー本末転倒なプレイスタイルでしたが、レイトン教授とルーク少年の息のあったコンビネーション、アスラント文明の番人アーリアの幸薄げなキャラ、世界を股にかけた壮大な展開とシリーズ最後を締めくくるにふさわしいストーリー。宿敵・デスコールや謎の組織タージェントのブロネフ、レイトン教授の秘められた過去と「魔人の笛」、「奇跡の仮面」と続いてきた新3部作の伏線が回収されてようやくスッキリ!旧3部作に比べるとストーリーラインがキッチリ練りこまれていて、レイトン教授のかなーりヘビーな人生垣間見えて面白かった!レイトンシリーズはこれにて終了らしいんですが、2~3年したらレイトン・リターンズとかルーク教授シリーズとかでたりしてw

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

上カルビ

Dscn0011
本日は焼肉でルチャ飲みであります~

我らがホームグラウンド茗荷谷にて久々のズーカー、タン塩、ハラミ、カルビにマルチョウ!やっぱここんちの焼肉は美味いっす!まーみなさん元気そうでナニヨリ、気がつけばこのメンバーも20年来、最年少もフォーティボーイズ仲間入か~w。そんなハイエイジ集団になったせいか、肝臓が・・・とか糖尿が・・・とか体調に異変がでてるメンツもチラホラ、健康に気ィ使わんといかんお年頃、ご自愛あれ!ガッツリ食って二次会は水道橋あたりにするか!と移動してみたら東京ドーム周辺がギャルの洪水状態!何ぞ!と思ったらジャニーズ感謝祭的なものが終わった直後だったみたいです!しかたがないので人並み溢れる水道橋から急遽神保町まで脱出、いまさらながらジャニーズ人気に唖然w

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

クラウド アトラス

Mov730
「クラウド アトラス」見ました。6つの世界で6つの人生を生きた老人が、その数奇な物語を語り始めるといった展開。大航海時代や現代、近未来SFなどの時空を超えた複数の物語がめまぐるしい速さでザッピングしながら進行していく手法はついていくだけで大変!奴隷解放を決意した男がいたからこそ黒人に命を救われた未来が生まれ、ある作家によって書かれた小説によって、世界を変えようと命を賭した革命家が誕生し・・・過去のある人物の行動が、また次なる世代の人々に影響を与え、小さな行動が次第に大きなうねりとなり世界を大きく動かしていくドミノ的な流れは、いわゆる歴史的な連続性の面白さが凝縮された壮大なファンタジー。人は人との出会いによって自己を知り、ひとつひとつの小さな行動の積み重ねがやがて大きな力となって未来に繋がっていくという人間の営みを讃えた物語なのかなぁ

ちなみに役者陣が皆1人5役とか演じていて、誰がどの役を演じてるか見極めるだけでも楽しめマス。答え合わせはエンドロールでw

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2013/07/10

| | コメント (0)

2013年3月14日 (木)

ユーロ

Img_1533
ユーロげっと!

ヨーロッパはカード社会なのでたいがいカードで済むと聞いてたんですが、それでもやれチップだ有料トイレだとか現金は必要とのことで人生初外貨両替。普段映画のチケットで活用している大黒屋で300ユーロを約4万円でゲト、100、500の高額紙幣はかえって使いにくいとのアドバイスもあり、20、10、5と細かく刻んでおきました。しかしパッと見の紙の質感がおもちゃっぽいとゆーか人生ゲームのお札みたいっすね。ユーロ紙幣の裏には様々な”橋”の図案がはいっていて、EU諸国の経済の架け橋になるとゆー意味合いがあるそうですよ

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

オズ はじまりの戦い

Mov729
「オズ はじまりの戦い」見ました。サーカス団の奇術師オズが、気球にのったまま竜巻に巻き込まれて魔法の国にたどり着くといった展開。ドロシーの冒険を描いた「オズの魔法使い」の世界の成り立ちを描いたエピソードで、大魔法使いオズのや西の国の魔女といった有名キャラクターの誕生秘話や細かいディティールは原作知ってるとさらに面白い!ちょっとおちゃらけたペテン師風のオズの飄々とした感じが意外にハマってイイキャラだし、おサルのフィンリーや陶器の少女の愛らしさもイイ!物語的には前半ややだらだらして冗長でしたが、中盤以降オズが腹くくったあたりからテンションあがってきて、魔術vs奇術のフェイクバトルは大盛り上がり!ホンモノの魔女が科学の力でいいように翻弄される姿は痛快ですな~。しかしこうなると同じスタッフで「オズの魔法使い」本編もリメイクしてほしいッ

オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2013/08/02

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

デカメロン21~或いは、男性の好きなスポーツ外伝~

Img_1532
渋谷のCBGKシブゲキ!!にてナイロンの公演を見に行ってきましたよ。オープニングの暗闇から谺する女性のあえぎ声、放送禁止用語やセクシャルな下ネタ飛び交う「SEX」をテーマにしたエロ芝居!娘の友人と援助交際する父、性に目覚めた外国人少年、国家権力を悪用して女を手篭めにする悪徳警察官に性的倒錯者のフェチズム集会・・・・性にまつわる様々なドラマがオムニバス式にめまぐるしく展開するエロワールドは、アホらしさのトルネードw。セックスダンスに、”ま○こ”ソングの大合唱とか完全に撃沈、しまいにゃ舞台の上でちんちんシダルマになってるしwwホント何してくれるんですかww。ビデオドラッグみたいなスピード感で茫然自失の2時間でしたが、ケラリーノ・サンドロヴィッチ節炸裂の性の万博の如きカオスな世界観に打ちのめされましたわ~

「ナイロン100℃」公式サイト

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

愛、アムール

Mov728
「愛、アムール」見ました。パリで暮らす老夫婦の夫・ジョルジュが、病に倒れ日々衰弱していく妻・アンヌを献身的に介護していくといった展開。ほんの数日前まで元気だったアンヌが、突然の発作で半身不随となり、自由のきかない自分自身に苛立ちを覚えるアンヌをひたすら支えるジョルジュに心打たれます。たまに見舞いにくる娘の心配や悲しみや非難が全て虚ろで現実味がなく、日々生々しい現実の中を生きる老夫婦との認識の違いからは、オープニングのオペラにおける演者と傍観者の如き隔たりが感じられます。老夫婦のアパートの中での出来事だけがひたすら描かれ、その小さな世界で育み続けた”愛”の世界。日々壊れゆくアンヌを見つめながら、ふたりだけで積み上げた世界に殉じたジョルジュの悲壮な決意はあまりにも無慈悲な終局でありながら、純化された”愛”の姿そのものなのかもしれません

愛、アムール [DVD]
愛、アムール [DVD]
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2013/09/06

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

煙霧

Img_1528
昼間だというのに空が急に暗くなり、見上げると世界がびっくりするほど黄色い!これが噂の中国大陸からやってきた黄砂混じりの猛毒スモッグか!?と思ったら、どうやらこれは”煙霧”という気象現象で、強風で舞い上がった砂塵がこの黄色の正体だった模様。とはいえ、PM2.5の脅威が去った訳でもなく、花粉やら放射能やら黄砂やら、大気汚染の進行が深刻な問題。自分らが子供の頃に読んでた化学雑誌における残念なほうの未来に近づいてるようで心配になってくるのもまた事実。空気清浄機やガスマスク装備が当たり前のように時代にはなってほしくないんですがなぁ

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

ズワイガニ

Img_1526
甥っ子ちゃん5歳のお祝いはまさかの蟹!

本人たっての希望で蟹御取り寄せとゆーんだから、相変わらず指定がシブいw。趣向はタラバガニvsズワイガニの食べ比べ、”おいしいおいしい”と興奮気味に食べる甥っ子ちゃん曰く”タラバガニは味が濃くて、ズワイガニはさっぱりしている”とかいっちょまえの評、恐れ入ります。今年で5歳を迎えた甥っ子ちゃんは、グズグズしないでテキパキ行動するという誓いをたてたらしいんですが、隙あらば”ママがいい~”とママベッタリで、まだまだ子供子供してマスw。映画に公園遊びにプレゼントのレゴ組立にカニ&ケーキと今日も1日フル回転だったせいか、最後は台所の床にパタッと崩れ落ちてそのままスヤスヤ~と寝オチ、こんなん初めて見たな~、オツカレw

| | コメント (0)

ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

Mov727
「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」見ました。怪盗デラックスに盗まれた鈴を取り戻すために、ドラえもんが仲間たちと共に、未来の世界のひみつ道具博物館に向うといった展開。ひみつ道具をフューチャーしたありそうでなかったオリジナルストーリー、博物館の中のあちこちに置かれたひみつ道具はメジャーどころからマニアックなものまでファン的にはニヤリとさせられますな。怪盗と探偵というコナン的なテイストも劇場版ドラには珍しいものの、正直推理劇というにはかなり強引な展開、やっぱひみつ道具が便利すぎて捜査が安易過ぎるのかもw。ペプラー博士の暴走にひたすらひっかきまわされるだけのオハナシではあるんですが、巨大ロボvsスタイリッシュドラ、まさかのポポン大活躍と後半のダイナミックなネタ運びは意外と好きかもw。いまいち緊迫感のない一連のドタバタをちゃっかりのび太とドラえもんの友情物語で締めちゃうのはご愛嬌ですかw

ポポンはあきらかにTPぼんのブヨヨンなんですが、それはマニア向けな話ですかw

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

土間土間

Img_1522
本日は新橋にて半年振りのMH会。やーどうもどうもお久しぶりですと、ビールで乾杯。皆夕飯抜きなので、いきなりチヂミにチャーハン、焼きうどんと主食からスタートする宴会ですがw。当方は仕事がちょうどマスターアップしたばかりなので当面お気楽状態ですが、他の皆さんは今まさに正念場って感じみたいですなぁ。そして話題は仕事の話、経営者的見地から見ると小コストハイリターンなソシャゲが宝の山に見えてるみたいで、どこもかしこもオールドゲームと呼ばれる中規模企画が通らない悩みを抱えている模様・・・。まーでもコンテンツつくっていくしかない現場のものとしては地道に作業を積み上げるしかないんですが。今のソシャゲバブルが終わったときに開発力を保持できているようにせんといかんですよなぁ

「居酒屋 土間土間」公式サイト

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

バキ

Img_1518

バキシリーズをイッキ買い!「グラップラー刃牙」全42巻、「バキ」全31巻、「範馬刃牙」全37巻、くわえて外伝、SAGA,ピクル編3冊加えて113冊とゆーバキシリーズ。ずっとファンだったんですが、なんせ冊数が多くて手を出しにくかったんですが20年にわたる連載が終了してキリがいいし、自炊とゆーテクノロジーのおかげで場所を気にしなくてイイという事で中古購入。血湧き肉踊る異種格闘技の地下闘技場編!最凶最悪の死刑囚編!中国武術の祭典・大擂台賽!1億年前からの刺客・ピクル編!そして史上最強の親子喧嘩編のラストは格闘を超越した伝説のエア味噌汁!アクの強いファイター達との壮絶なバトルと、独特の節回しで唯一無二な板垣ワールドはやっぱ最高ですな!

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

フライト

app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=75690015&blog_id=240472

Mov726
「フライト」見ました。機体のトラブルにより墜落寸前だった旅客機を、奇跡的な操縦で不時着させ乗客の命を救ったウィトカー機長だったが、事故後の検査によって血液からアルコール反応が検出されるといった展開。墜落する機体、飛び交う悲鳴、奇跡的な生還、手に汗握る冒頭部分の緊迫感は出色!そんな英雄譚から急転直下、私生活が酒とドラッグに溺れた私生活が明るみになったウィトカーが、必死に自己正当化をしながらマスコミ、事故調査委員会、支援者、家族、そして自分自身すらも欺き、醜くもがく姿は憐れでもの哀しい。自分の弱さを覆い隠すために、酒やドラッグで現実から逃げ続けてきた男が、その結果大切なものが全て遠ざかっていくという悪循環。そんな空虚な嘘と罪悪感の積み重ねの臨界点を超え決壊したウィトカーの告白が、彼自身に最後に残った良心だったということなのかなぁ

フライト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
フライト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 発売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2013/07/19

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

Reebok

Img_1516

気がつけばスニーカーのソール部分が磨り減ってペッタンコになっていたので買い替え。5kmマラソンの練習中に膝が崩壊したのもクッションがなかったからだなと決め付けて、店員さんに相談してみたらコチラの商品をオススメされました。リーボックのZIGTECHとゆー着地の衝撃を超吸収するとゆーハイテクシューズ!街歩きで使用しても膝や腰にかかる負担をかなり軽減してくれますよとのこと。あーこの靴底グニャグニャしたやつ気になってたんですよね~とゆーことで速攻お買い上げ。その場で履き替えて軽く歩いてみただけで違いが分かる!なんか月面歩行みたいにフワンフワンして確かに衝撃吸収してる感じがしますよ、これはイイ!早速マラソン特訓再開しますゼ!

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

ジャンゴ 繋がれざる者

Mov725
「ジャンゴ 繋がれざる者」見ました。元奴隷の黒人・ジャンゴが賞金稼ぎの男・シュルツとコンビを組み、離れ離れになった妻を取り戻すための計画を案じるといった展開。奇才タランティーノの最新作!黒人奴隷による白人への報復劇によるクソみたいな悪党は容赦なくぶっ殺せ!的なタランティーノ節全開デス!次々と賞金首を血祭りにあげるジャンゴのカッコよさがたまりません~。奴隷商人・カルビンをペテンにかけて、ジャンゴの妻・ブルームヒルダを奪い返そうという作戦が失敗し絶望のドン底まで落とされたジャンゴ・・・・しかしここからがタランティーノ!たったひとりで悪党達相手にドンパチ無双!この無慈悲なカタルシスこそ彼の真骨頂ですわな~

そういえば「スキヤキウエスタン・ジャンゴ」にもタランティーノが出演してたけど、別にストーリー的なつながりはなかったのね

ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDコンボ(初回生産限定) (2枚組) [Blu-ray]
ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDコンボ(初回生産限定) (2枚組) [Blu-ray]
  • 発売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2013/08/07

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

イタリア

Img_1517
突然ですがローマに行ってくることにしました~

まーここ1年、塩野七生「ローマ人の物語」を5回以上読み返し、今なお止まらぬローマ熱。やはり”鉄は熱いうちに打て”と言うし、仕事のキリもいいし、今のタイミングをおいて他になし!ということでそのままJTBの直行して8日間のイタリア旅行を決めてきた次第、金額はおよそ25万円。まー日本国内は神社めぐりで一巡した感じですが、海外は言葉の壁もあって躊躇してたわけですが、やっぱフォロ・ロマーノを直に見たい!コロッセオ!パンテオン!トライアヌス円柱!アウグストゥス霊廟!ドムス・アウレア!カラカラ浴場!古代ローマの遺跡がオレを呼んでいる!と辛抱たまらんくなりました。こうなると後先考えずに行動してしまうタイプなんで、後は行ってのお楽しみ。今月21日出発です~準備いろいろせんとな~

| | コメント (2)

2013年3月 2日 (土)

隠し剣鬼ノ爪x盲目剣谺返し

Img_1514
池袋サンシャイン劇場にて、1年ぶりのキャラメルボックス観劇です。藤沢周平原作「隠し剣鬼ノ爪」と「盲目剣谺返し」、それぞれ1時間程度のチャンバラ活劇2本立てとゆー構成。ショートバージョンに再構築しているので登場人物も抜粋されてコンパクトになっていますが、人間ドラマも丁寧に描かれ、殺陣がカッコヨく、時代劇としての魅力はしっかり再現されてマス。映画版でも見ていた「鬼の爪」は暗殺剣の話なので全体的にトーンが陰惨で一本調子、最後も地味目に終わってしまった感じ。対して未見だった「谺返し」は、盲目の剣士というシチュエーションでいきなりツボはいった!決闘シーンもいわゆるTHEチャンバラなので盛り上がるポイントが素直でイイっすね、笑いの要素もアクセントになってテンポがいいし、夫婦の愛情に満ちた終幕にもグッときたわ~。まーでもせっかくの2本立てだし、もしかしたらテイスト違う物語の組み合わせでも面白かったかもしれないですな

「演劇集団キャラメルボックス」公式サイト

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

草原の椅子

Mov724
「草原の椅子」見ました。カメラメーカー勤務のバツイチ会社員・遠間の人生が、突然訪れる3つの出会いによって大きく変わり始めるといった展開。50歳という年齢に達し生活に疲れも感じ始めてきた中年男性が、新たな出会いを経て生き生きとした人生を取り戻していく姿がコミカルにゆったり優しく描かれています。腹を割って話せる押しかけ親友の富樫との男同士ならではの友情、想いを寄せる女性・貴志子との淡く静かな恋愛感情、幼児虐待の親から保護された子供・圭輔との心を繋ぐ親子愛・・・それぞれの絆がゆっくりと確実に育まれていく様が心地よく伝わってきます。心に何らかの傷を抱えながら生きてきた4人が、世界最後の理想郷と呼ばれるパキスタンのフンザの地に立ち、それぞれの人生を見つめ直し、再び未来へ向けて進み始める姿からは清々しい生きる決意が感じられます。人との出会いと繋がりが人生を豊かにしてくれる、そんなやさしい想いの伝わってくるオススメの1本です

チョイ役だけど幼児虐待母親役の小池栄子のインパクトが強烈!あーゆーエキセントリックなキャラがよく似合うな~

草原の椅子 [Blu-ray]
草原の椅子 [Blu-ray]
  • 発売元: キングレコード
  • 発売日: 2013/09/25

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »