« 無限の住人 | トップページ | 遺体 明日への十日間 »

2013年2月24日 (日)

特別展 尾張徳川家の至宝

Img_1505

江戸東京博物館で開催中の「特別展 尾張徳川家の至宝」を見てきましたよ。開祖徳川家康の血を引く徳川御三家のひとつで、歴史的にも名家中の名家!その尾張徳川家のお宝とあっては歴史メイニアは見ずにはおれないですとも。日本刀、鎧兜に弓や馬具、徳川家康ゆかりのものも数多く、400年前にこれらが戦場を駆けた侍の遺物かと思うと胸熱!ついで茶の湯文化の名物群、カイラギの美しい高麗井戸茶碗、ぐにゃぁとひしゃげた織部好みの伊賀焼耳付花生、漫画「へうげもの」の読んでるせいで、自然に頭の中で山田芳裕変換w。そして国宝源氏物語絵巻。世界に誇る日本の古典ですが、オリジナルは散逸していて、その断片の一部は尾張徳川家に残されていたんですな~。400年前とか1000年前の先人が残した”物”から醸し出される存在感は、歴史が結晶化したまさに至宝ですよなぁ


「特別展 尾張徳川家の至宝」公式サイト

|

« 無限の住人 | トップページ | 遺体 明日への十日間 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無限の住人 | トップページ | 遺体 明日への十日間 »