« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

レイトン教授と超文明Aの遺産

Neta334

魔人の笛」、「奇跡の仮面」と続いた新レイトン3部作の完結編「超文明Aの遺産」が発売!レイトンシリーズ全てやってるお得意さんとしてすみやかにゲトしてまいりました。とりあえず第1章までプレイした感じだと、序章からいきなりのドッグファイトやらミサイルやらアクション全開でとばしてマスッ!ナゾトキもいつもどおりで適度に頭悩ませてくれてまさに定番ソフトといった安定感~。気がつけば第1作目は6年前になるんですなぁ、逆転裁判とコラボしたり、映画になったりいろんな意味でレベルファイブの顔みたいなレイトン教授、今回がシリーズラストということらしいので、じっくり遊んでみたいと思います~

なんていいながら大人になったルーク少年で続編出たらどうしようw

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

横道世之介

Mov723
「横道世之介」見ました。80年代の東京を舞台に、大学生・横道世之介の平凡だけど愛情に溢れた学生生活を描いた物語。天真爛漫で純粋で、余計な先入観も持たない純粋な世之介と超天然お嬢様の祥子の見てるほうが赤面しそうなたどたどしい恋愛劇は微笑ましいの一言。親友カップルの妊娠事件、友人の同性愛カミングアウト、ボートピープル騒動と巻き起こるたくさんの騒動に対して、すんなり問題を受け止めてしまう世之介の優しさに救われていく人々との緩やかな絆がはかなくも心地よい。大人になり日々移り変わる現実を生き抜く人々が、ふいに青春時代を振り返って思い出す”小さな出会い”。偶然の出会いが新たな偶然の出会いを呼び、いつしか必然の出会いに結びつく・・・そんな人間関係の妙が巧みに描かれていて地味だけれども面白い不思議な優しい空気感を持った作品デス

そして吉高由里子の可愛らしさが炸裂していてたまらんかったw、ラブリー過ぎるやろ~

横道世之介 [Blu-ray]
横道世之介 [Blu-ray]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2013/08/07

| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

第4期 藤子・F・不二雄 大全集

Img_1513
藤子・F・不二雄 大全集の第4期分の配本がスタートしましたよ。3期でようやく終わったと思ってたらまさかの4期でビビりましたが、ここまでくると揃えずにはいられないコンプリート癖w。4期は主に昭和30年代の少年誌に付録としてついていた別冊マンガからセレクトされていて、作品もグンとマニアック!それでもこの「ユリシーズ」は名作「まんが道」の中で触れられていた作品だったので、断片的に読んでいた内容を全て読めるのは嬉しい限り。まーでも考えてみれば「ドラえもん」や「オバQ]みたいなメジャー作品と違って、非常にレアな別冊付録マンガが全集として読めるようになるのは、ある意味一番意義あるシリーズやも

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

遺体 明日への十日間

Mov722
「遺体 明日への十日間」見ました。2011年3月11日に東北一帯を襲ったM9の大震災による津波に襲われた町の遺体安置所での十日間を描いた物語。報道が伝えなかった震災直後の混乱と不安が生々しくリアルに描かれ、改めてあの震災の日を考えさせられます。大勢の犠牲者の遺体と向き合った自衛隊員、市役所職員、医師、葬儀関係者、僧侶そして残された遺族・・・、想像を絶する過酷な環境下で次々と運び込まれる遺体に話しかけ、その尊厳を守り、遺族を労わり、この惨状の中で何か人のために出来ることをしたいと尽力する人々の高潔で必死な姿勢に胸打たれます。テレビのモニタ越しでしか震災を知らない我々と違い、被災者にとっての遺体は生きた時間を共有した人間だったという当たり前の事実を改めて思い知らされたような気がします。2年が過ぎ、既に遠い過去の出来事のようになりつつある東北大震災ですが、現場で実際どういうことが起きたのかをもっと知る事が我々には必要なのかもしれません。すべからく全ての日本人にオススメすべく1本

遺体 明日への十日間 [Blu-ray]
遺体 明日への十日間 [Blu-ray]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2013/08/21

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

特別展 尾張徳川家の至宝

Img_1505

江戸東京博物館で開催中の「特別展 尾張徳川家の至宝」を見てきましたよ。開祖徳川家康の血を引く徳川御三家のひとつで、歴史的にも名家中の名家!その尾張徳川家のお宝とあっては歴史メイニアは見ずにはおれないですとも。日本刀、鎧兜に弓や馬具、徳川家康ゆかりのものも数多く、400年前にこれらが戦場を駆けた侍の遺物かと思うと胸熱!ついで茶の湯文化の名物群、カイラギの美しい高麗井戸茶碗、ぐにゃぁとひしゃげた織部好みの伊賀焼耳付花生、漫画「へうげもの」の読んでるせいで、自然に頭の中で山田芳裕変換w。そして国宝源氏物語絵巻。世界に誇る日本の古典ですが、オリジナルは散逸していて、その断片の一部は尾張徳川家に残されていたんですな~。400年前とか1000年前の先人が残した”物”から醸し出される存在感は、歴史が結晶化したまさに至宝ですよなぁ


「特別展 尾張徳川家の至宝」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

無限の住人

Img_1494

19年とゆー長期連載を経て、無限の住人がついに完結!不死の肉体を持ち、様々な特殊武器を自在に操る剣客・万次の無手勝流な激剣アクションのかっこよさ!天津影久率いる異形の剣客集団・逸刀流、幕臣・吐鉤群直属の精鋭集団・無骸流、さらには一匹狼のサイコな悪役・尺良や無敵の美女剣士・乙橘槇絵と魅力的なキャラクターが己の宿命に操られながら、繰り広げられる死闘につぐ死闘!このテンションを保ったままついに大団円!長きに渡った仇討ちの旅の果てに、万次と凛に訪れる最後の結末には感慨深いものを感じたなぁ

まーとにもかくにも沙村広明先生お疲れさまでした~

無限の住人(30) <完> (アフタヌーンKC)
無限の住人(30) <完> (アフタヌーンKC)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2013/02/22

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

世界にひとつのプレイブック

Mov721
「世界にひとつのプレイブック」見ました。妻の浮気をきっかけに心を病んでしまったパットが、同じような境遇の女性・ティファニーに出会い、少しずつ立ち直りはじめていくといった展開。元妻とヨリを戻そうと必死なパットに協力を申し出るティファニー、精神的に不安定でエキセントリックなふたりの男女が、遠慮なしに互いの欠点を罵り合い、そうかと思うと相手を深く思いやり救いの手を差し伸べる・・・そんな一見乱暴でデリカシーのないやり取りの中で相手に対する想いが醸成されていくロマンスが微笑ましい!鈍感なパットと複雑な想いのティファニーが大会でみせる渾身のダンスシーンには感動!高価な薬なんかよりも、自分を想ってくれる人々から受ける愛情によって人は救われるという事ですよな~。今年最初のオススメ作品デス!

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

Mov720
「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」見ました。飛行船ヒンデンブルグ爆破計画を知った設計技師マーテンが、船内の爆弾捜索を始めるといった展開。海のタイタニックに対して空のヒンデンブルグと並び称される20世紀の大事件をモチーフに、ナチスドイツの陰謀による人為的な計画としてリライトした作品。愛しの彼女・ジェニファーを救うために、なりゆきとはいえ人を殺し、ゲシュタポに殴られ、ヒンデンブルグの外壁にとりつき・・・マーテンかなりのタフガイですなぁ。そんな彼の活躍も空しく、歴史的事実として爆発炎上するヒンデンブルグの映像は、記録フィルムそっくり!まぁナチスの計画にしては随分いきあたりばったりで不確定要素多すぎない?とかツッコミどころは結構多い感じ、あの思わせぶりなマジシャンはなんだったの~

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 [DVD]
ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 [DVD]
  • 発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2013/08/09

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

ホワイトカレー

Img_1481
昼飯時に外をフラフラしてるとホワイトカレーなる謎の看板につられて入店~。おぉっ!確かに白い!見た目クリームシチューさながらですが実際食すと確かにカレー、個人的にはもっと辛くてもいいくらいですが結構美味いッス。なんでも黄色成分のターメリックを使わないことでこーゆー白っぽい仕上がりになるんだとか。気になって発祥調べてみたら、これは北海道うまれの商品らしいんですが、北の大地の雪景色をイメージして開発されたんですかね~

| | コメント (0)

2013年2月19日 (火)

ジャッジ・ドレッド

Mov719
「ジャッジ・ドレッド」見ました。核戦争後の荒廃した世界の秩序を守る”ジャッジ”が、巨大麻薬組織相手に激突するといった展開。アメコミならぬイギコミヒーロー・ジャッジ・ドレッド!逮捕、裁判、処刑の全てを施行する権限を持つという設定で、テレパス能力を持つ新米女性バディのアンダーソンと共に悪党相手に大暴れ!ヘンテコなマスクかぶってるけどジャッジ・ドレッドは激シブでカッコヨイ!巨大ビルという閉鎖空間で75000vs2という絶望的な状況をものともせずに残虐すぎる攻撃で、血しぶき飛び散るグロさ爆裂なバトルっぷりがたまらん!組織に寝返ったジャッジ達との同僚対決も熱い!ヤク中のラスボス・ママはクールでカッコイイ悪役だったけど、最期は悲惨過ぎるわ~。銃と格闘術のみのタフガイキャラで、特殊能力とかないドレッドさんでしたが、こーゆー無骨なヒーローも好っきだわ~

コレ昔スタローンが映画化してたらしいんですが、全然記憶にないでござる

ジャッジ・ドレッド [DVD]
ジャッジ・ドレッド [DVD]
  • 発売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2013/06/26

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

モスキートマン

Mov718
「モスキートマン」見ました。仕事と妻を失い自暴自棄になった男・ジムが、科学者の人体実験の果てに蚊人間にされてしまうといった展開。キター!キましたよ!不気味な顔に超人的な身体能力、蚊を自在に操り、吸血針で人間ひとりを瞬時に干からびさせるといった能力を持ったダークヒーロー!よりによってなんで蚊なのかと思いましたが、スパイダーマンもバットマンもある意味似たようなものかw。怪物となった自分自身に懊悩し復讐の鬼と化したモスキートマンが、愛する女性エブリンを救うために大暴れ!エブリンはエブリンで異形の姿のモスキートマンをすんなり受け入れてしまうのが凄いわなww。久々にB級テイスト炸裂の蚊人間モスキートマン!カルト映画ではありますが、実にアメコミヒーローしてて面白かった~

モスキートマン [DVD]
モスキートマン [DVD]
  • 発売元: ビデオメーカー
  • 発売日: 2013/04/03

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

白隠展

Img_1480

渋谷Bunkamuraで開催中の白隠展を見学してきましたよ。臨済宗といえば開祖・栄西しか知らなかったんですが、この白隠なる禅僧は臨済宗中興の祖と称される人物なんだとか。会場に展示された白隠自筆の書画の数々ですが・・・・まぁユーモラスというか素朴というか、有体に言うとヘッタクソww。近所のちょっとヘタウマなおっさんが描いたようなデッサンガタガタな絵なんですよな~。”すたすた坊主”とか紙の下詰まっちゃってムリヤリ内側に収めたみたいな感じで笑っちゃいますがな!狙って下手に描いてるのか、もとから絵が苦手なのかよくわかりませんが、このとぼけた感じが逆に当時の宗徒に好意的に受け入れられたのかもなぁw

白隠は生涯に36回の悟りを開いたんだそーすが、悟りって1回でいんじゃないの?

「白隠展」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

かたき同志

Img_1478
本日は明治座にて橋田壽賀子作の舞台「かたき同志」を観劇してきましたよ。入場口でお弁当を引き換えて、座席は最前列中央とゆーVIP席!そんな舞台めっさ近い状況でイザ開演、物語は女でひとつで子供を育てた二人の母親が、好きあう子供たちを尻目に大喧嘩とゆー展開。まー藤山直美さん演じる一杯飲み屋のおかみさんが面白すぎ!表情、身ごなし、しゃべり口調、舞台に立った瞬間に何かやってくれる!みたいな期待感が溢れ出す史上最強のコメディエンヌ!対する呉服問屋の女主人である三田佳子さんは、ハイソな感じとブチキレ時のギャップで笑わせてくれて、山の手vs下町みたいな図式のバトルに終始爆笑の渦!そんなふたりがいつしかお互いの不幸な境遇を重ね合わせ、子離れする必要に迫られた愛情深い母親同士に友情が芽生えていく姿もまたイイ!ユーモラスで力強く、せつなくもたくましい日本のおっかさん2人の舞台は最高に楽しかったデス!

オープニングセレモニーで小池百合子議員登場、自民党支持率高いのもあってかトークも饒舌でしたよw

「明治座」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月15日 (金)

ゼロ・ダーク・サーティ

Mov717
「ゼロ・ダーク・サーティ」見ました。女性CIA局員・マヤが膨大な情報を分析し、911テロを引き起こしたアルカイダの指導者・ビンラディンの潜伏先をつきとめるといった展開。2011年のビンラディン暗殺作戦の真実に肉薄しすぎたために、アメリカ政府から機密漏洩の疑いを抱かれた曰く付きの問題作!世界を震撼させた911テロの首謀者・ビンラディン暗殺のプロセスを詳細に描いたドキュメンタリーテイストなその映像からはリアリティ溢れる強烈な緊迫感が伝わってきます。テロリストに自白を迫るための凄惨な拷問、自爆テロによって命を失う一般市民や仲間たち・・・何の痛痒も感じずに互いの命を奪い合う不毛で痛々しい負の連鎖。異なった正義を信望する人間同士による容赦のない争いの恐ろしさをまざまざと見せ付けられる1本デス。

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

ダイ・ハード/ラスト・デイ

Mov716
「ダイ・ハード/ラスト・デイ」見ました。モスクワを舞台に、世界一ツイてない男ジョン・マクレーンが息子ジャック・マクレーンと共にまたもトラブルに巻き込まれるといった展開。かれこれ6年ぶりの新作!ドハデなカースタントに銃撃戦、生身の体で軍用ヘリと真っ向勝負!スローモーションによるヘリアタック横っ飛び回避とかあれはもうギャグの域w、まー還暦間近のブルース・ウィリス頑張ってマス!今回は親子で大暴れとゆーことで、じわっと親子愛を描いたりもしてますが、そろそろ世代交代するつもりなのかw。気がつけばシリーズ始まって25年、正直4.0以降は不死身のアメコミヒーローみたいなノリになってますが、王道ハリウッドアクション映画の定番として気楽に楽しめる1本かと

最近スタローンとかジャッキーとかおじいちゃんアクションばかり見てるような・・・

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]
ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2013/07/03

| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

ガリア戦記

Img_1429

ガリア戦記読了~。「ローマ人の物語」からすっかり古代ローマに魅了されてしまい、第一次資料に興味がシフト。となると最初に読むべきはカエサル自らが筆を取った7年に及ぶガリアでの戦争の記録であります!ガリアの諸部族とローマの一大決戦スペクタクル!ガリア人はもとよりベルガエ人、ゲルマン人、ドーバーを渡ってのブリタニア人とまるでアクションゲームのボスキャラの如く押し寄せる蛮族!そしてラスボス・ヴェルキンゲトリクスとの決戦までテンション途切れないのがすげー。カエサルはもちろんですが、ラビエヌスやクラッススJrの若武者たちも魅力満点でたまらんな~。なんかまた強烈にキャラデザしてみたい欲求が!

あらかた2000年前の出来事なんですが、当時のローマ人の知性や哲学は現代人以上に高潔で思慮深く、ホント学ぶこと多いと思うわな~

ガリア戦記 (岩波文庫)
ガリア戦記 (岩波文庫)
  • 発売元: 岩波書店
  • 発売日: 1964/01

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

マイカップヌードル

Img_1474

先日カップヌードルミュージアムで製作したマイカップヌードルですが、3日目にして実食(早ッ!)。まーなんでも賞味期限が1ヶ月しかもたないらしいし、腹も減ったしとゆーことでw。外からの衝撃を防ぐエアバッグに包まれた仮面ライダー柄のマイカップヌードルをオープンセサミ。ちなみにしょうゆ味ベースでトッピングはガーリックチップx2、エビ、キムチとゆー男力溢れる組み合わせ。おおっ!湯気から香るニンニク臭が市販のものとは一線を画してます!キムチも初投入の具材なんで新鮮な味わい、ガーリックチップ風味の汁もイイ感じじゃないですか、ブハー。味わう間もなくあっとゆー間に完食!まー正直そんなに際立った美味さとゆーわけでもないですが、そこはかとないオリジナル感はあるし、作る過程は楽しいしイベントとしてはアリですよな~

「カップヌードルミュージアム」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

脳男

Mov715
「脳男」見ました。連続爆破事件の容疑者の精神鑑定を行う女医・鷲谷が、カウンセリングと独自調査の果てに”脳男”呼ばれる感情を持たない哀しき暗殺者の物語を知るといった展開。凍りついた表情、痛みを感じない肉体、規格外の記憶力といったエッセンスを持つミステリアスな暗殺者”脳男”の佇まいは雰囲気でていてカッコヨイ!法という正義を信じる刑事、人の良心を信じる精神科医が、悪を持って悪を制す”脳男”の正義に信条を打ち砕かれていく様は現代社会に対する皮肉が効いていて見応えありました。最大の敵となる爆弾魔の少女の壊れっぷりもまたインパクト大!同質の魂をもつ者同士の無機質な殺し合いも最後まで緊張感が途切れず、”大切な患者”のエピローグも、綺麗ゴトだけでは解決しない闇の存在を暗示していて、ドス黒い後味も含めて面白かったデス!

脳男 [Blu-ray]
脳男 [Blu-ray]
  • 発売元: バップ
  • 発売日: 2013/08/28

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

すがやみつる展

Img_1475
あの名作「ゲームセンターあらし」の原画が見れると聞いてすがやみつる展にやってまいりました。展示コーナーは小さかったけどもスペースインベーダーの筐体や、当時を思いおこす”炎のコマ”や”グレートタイフーン”などの必殺技生原稿は眼福でございます。できればインベーダーウーマンとか山嵐やドクロ大帝などライバルキャラの名場面も見たかったですが。ノーブラボイン撃ちとかトラウマレベルノのインパクトだったからなぁw。ホビーマンガというジャンルがあるとは知りませんでしたが、当時のコロコロではあらしの他にも「轟け!一番」と「釣りバカ大将」、ちょと遅れて「ゼロヨンQ太」とホビー系は充実してましたな

すがや先生の解説で「ムーンサルトり」ネタに触れてたのがツボ、自分もそう読んでたw

「米沢嘉博記念図書館」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

カップヌードルミュージアム

Img_1452
横浜のカップヌードルミュージアムにて巨大カップヌードルと甥っ子ちゃんのツーショット~。なにを隠そうカップヌードルは1971年生まれとゆーことで当方同い年、一度は来てみたいと思っていたトコロ。まずはマイカップヌードルファクトリーにてオリジナルカップヌードル作成!最初はカップにイラストを描いて、スープとトッピングを自由に選んでパッケージングまでしてくれるとゆーイベント!当方ガーリックチップダブルの仮面ライダーヌードル、甥っ子ちゃんはカレー味のいきものヌードル完成~。ちなみに甥っ子ちゃんはカップヌードル食べたことなかったみたいで、完成するや否や”食べてみたいッ”と頑張ってましたが、お湯もないしお土産にしようねとなだめすかして次のイベント・カップヌードルパーク。こちらカップヌードルの製作工程を模した子供用アスレチック、網のぼり、滑り台、タッチパネルのミニゲームをクリアしながら走り回る甥っ子ちゃん~。他にもカップヌードルの発明者・安藤百福の生涯を描いたCGムービー、歴代カップ麺の陳列コーナー、世界の麺類が食べられるフードコーナーなど結構見応えありましたよ

「カップヌードルミュージアム」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

ゴーストライダー2

Mov714
「ゴーストライダー2」見ました。悪魔と契約したことで闇の力を得た男ジョニー・ブライズが、その呪いを解くために、ある少年の警護の依頼をうけるといった展開。炎を纏ったヘルバイクを駆る髑髏頭のダークヒーローが6年ぶりに帰ってきました!前作を上回るダイナミックなチェーンアクション!相手の眼を覗き込むことで苦痛を与える地味な必殺技”ペナンス・ステア”も健在!さらに今回はヘルバイクならぬヘルトラックやヘルクレーン車とかいろんな意味で燃えるシチュエーション!ニコラス・ケイジのネジ1本飛んだ表情もたまらん!全てを腐らせる敵キャラ・ブラックアウト、因縁の相手・メフィスト相手にひたすら悪人顔のゴーストライダーが大暴れするだけのB級映画なんですが、アメコミファン的にはめっさ楽しかったわ~

めっさシモネタですがゴーストライダーの火炎放射器級の立小便は必見ですよww

ゴーストライダー2 [Blu-ray]
ゴーストライダー2 [Blu-ray]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2013/09/18

| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

ドラゴンクエストⅦ エデンの戦士たち

Neta333

2013年1発目のゲームとしてドラクエ7を購入しました~。PS版は2000年のリリースなんで、干支一回りしての初リメイクとゆーことですか!とはいえ、個人的にはドラクエシリーズの中で一番評価低いのがこの7だったりする事実w。当時CD2枚組みの大ボリュームとゆーことで期待大きかったんですが、単調なシナリオと石版集めが地味で理不尽で、どーにもよい思い出がないんですよな。それでも買ってしまったのはなんというかイキオイw。で12年の時間を経てイザプレイ、3時間ほどでウッドパルナのイベントまでやってみましたが・・・・うん昔のイメージのまま単調なお使いゲーだなと。気になったのはカメラの挙動、地形にひっかかってるのか、すぐプレイヤーキャラが画面外に見切れるのはなぁ

まーオンラインになったドラクエXはイマイチ気が乗らずプレイしておらず、ドラクエ欲発散の代用品な感じのⅦですが、1ヶ月くらいゆるゆるプレイしていく次第~

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
  • 発売元: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2013/02/07

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

iPad Retina 128G

Img_1444

待ちに待ってた128G版がリリースされました!自炊データが70Gを超えてしまい、一部データは泣く泣くNASの中に死蔵されてしまっていた今日この頃。用途に応じて差し替えとゆーのも理論的には成立しますが正直面倒、ゼニで解決できるんならもういいから買ってしまえ!とゆーメンタリティw。まー同僚さんが今まで使ってたiPad2下取りしてくれたし、解像度増したRetinaディスプレイも気になってたし買い頃でしょ~。早速テスト運用してみましたが、確かに自炊データの表示が妙にクリアになってiPhoneを3GSから4Sに切り替えたときみたいな新鮮さがありますナ。これで50Gばかし空き容量が確保できたので、もう2000冊くらいは自炊放題!これはいきおいバキシリーズいっちゃうかも!

しかし数年後にはまた256G版とか必要になってたりするのかな~

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私

Mov713
「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」見ました。広告代理店に勤めるOL・立花百合亜が、日々募るストレス解消のために自らを縄で縛る”自縛”の世界にのめりこんでいくといった展開。上司の期待や部下の影口によるプレッシャーで心身ともに疲弊していく百合亜が、ネットで知った”自縛”の世界に逃避することで得られる開放感の虜になっていく姿は倒錯のエロティックワールド。同好の士である女装癖のW氏とのメールでのやりとりの中で、行為がエスカレートし最終的には社会的立場を失っていくというリスクを味わったふたりが邂逅し、涙を流しながら自縛をする姿を見るにつけ、現実の辛さを紛らすために妄想の世界に浸るという行為自体が精神のバランスを保つために人間に許された特異な技術なのかもしれないなぁ

R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私 [Blu-ray]
R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私 [Blu-ray]
  • 発売元: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日: 2013/06/19

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

きいろいゾウ

Mov712
「きいろいゾウ」見ました。田舎で素朴な生活を営む若い夫婦ムコとツマ、幸せだったはずの二人の生活が、わずかな行き違いから徐々に綻び始めていくといった展開。動物や植物の声が聞こえる不思議な力を持つツマが、自分の伴侶であるムコの本心だけが理解できず、日記を盗み読み、無言でムコの拳を殴打し、自分で自分をコントロールできなくなって壊れていく姿は鬼気迫ります。知らぬ間にツマの精神を追い詰めたムコが、自らの抱える過去のトラウマと向かい合うわけですが、正直ムコの一連の行動は自分の内面世界の清算ではあるものの、肝心のツマとの関係性を修復する行為には思えなかったかなぁ。エキセントリックな場面で傷つけあった二人が、それぞれ個別に心の整理をつけて何事もなかったように元の生活に帰っていくラストも、モヤモヤした想念を抱えながらもそれらを許容して互いを支えていくことだけが夫婦の営みということだったのかなぁ

きいろいゾウ [Blu-ray]
きいろいゾウ [Blu-ray]
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 発売日: 2013/08/02

| | コメント (0)

2013年2月 3日 (日)

会田誠展 天才でごめんなさい

Img_1434

六本木の森美術館にて開催中の「会田誠展」を見に行ってきましたよ。正直どんな方なのか存じ上げなかった次第ですが、エログロでシュールでサブカルポップな奇天烈な世界観にボーゼンw。絵画に漫画、写真に立体造形物と表現方法が多岐にわたってホントこれ一人の人間の世界観なのかとゆー感じ。現代アートというジャンルは自分ではよく分からない(いや、むしろ嫌いかも)ジャンルですが、サブカルテイスト強くてマニア雑誌の企画モノコーナーみたいなノリに引っ張られて最後まで見せられました。宇宙空間を漂う巨大なウンコのイラストとか、四肢切断された少女イラストとか、不謹慎だったり嫌な気持ちになる自称良識派の人もいるんだろうけど、こーゆーワケわからんものが許容されなくなる社会も味気なくてツマラナイとは思いますけどな~

会田誠作品集  天才でごめんなさい
会田誠作品集  天才でごめんなさい
  • 発売元: 青幻舎
  • 発売日: 2012/12/31

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

しゃぶしゃぶ温野菜

Img_1432
地元の友人さんたちとしゃぶしゃぶな宴in錦糸町~。相変わらず昔からの友人とゆーのは顔見るとすぐ当時の雰囲気になれるんですが、実時間的には意外と久しぶりですな。まーそれはさておきまずは生ビールで乾杯して黒毛和牛食べ放題コースをチョイス、ダイエット中だけど要は炭水化物がクセモノなんで肉オンリーなら大丈夫という身勝手な理屈w。互いの近況を語りながらしゃぶしゃぶしゃぶ、まー好調なこと不調なこと贅沢言えばキリないし、なんだかんだでうまいこと世の中渡れてるのはナニヨリですよな~。昔話に花が咲くこんな宴ができるメンツは貴重貴重、少なくとも年に1回くらいは顔見せしていきたいデスよな~

帰りの駄賃に家で仕舞われっぱなしだったWiiを譲渡、かわいがってやってくだせーw

「しゃぶしゃぶ温野菜」公式サイト

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

アウトロー

Mov711
「アウトロー」見ました。白昼堂々と行われた無差別殺人事件を巡って、元米軍秘密捜査官ジャック・リーチャーが真相解明に動き出すといった展開。わずかな痕跡や状況判断で真相を手繰り寄せる頭脳戦、ドハデなカースタントに銃撃戦と、いわゆる王道ハリウッドアクション。ジャック・リーチャーはクールでイケメンでタフガイな非の打ち所のないパーフェクト・ヒーローといった趣ですが、欠点なさ過ぎて逆にインパクト薄かったような。敵との絡みも特に因縁もなく、スゴ腕スナイパーも結局近距離戦なのかいッ!とか思わせぶりな黒幕もカッコつけた割には終わりかいッ!みたいなアッサリした片付けっぷりで物足りない感じだな~。射撃場のオヤジも、黒人刑事の裏切りも唐突すぎてご都合主義だし、イマイチカタルシス感じられない凡庸なエピソードの詰め合わせでしかなかったかなぁ

アウトロー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
アウトロー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 発売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2013/06/21

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »