« ロック・オブ・エイジズ | トップページ | 劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning »

2012年9月23日 (日)

レーピン展

Img_1049
Bunkamuraのレーピン展をふらりと見学してきましたよ。イリヤ・レーピンというロシア帝国時代の画家で活躍したのは日本で言うところの明治時代くらいの人。あまり予備知識なかったんですが、その技法はいわゆる写実主義で写真と見まごうばかりのリアリズム!全体的に肖像画が多く展示されていましたが、そのどれもが生きているかのようなリアルさ。ポスターにもなっている暖かな日差しの中でうたた寝する女性像はレーピンの妻は印象的。皇女ソフィアと題される絵では鬼の形相で腕組する迫力満点な女性像があってなんとの対照的で面白いっすな。同時代人であるムソルグスキーの肖像などには歴史メイニア的に興味深く観賞。

こちとらデザイナのはしくれですが、こーゆー写実画は全く描ける気がしませんナww

「レーピン展」公式サイト

|

« ロック・オブ・エイジズ | トップページ | 劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロック・オブ・エイジズ | トップページ | 劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning »