« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

ハンガー・ゲーム

Mov661

「ハンガー・ゲーム」見ました。弓の名手である少女・カットニスが、巨大軍事国家に支配された12地区から選出される24名の若者で殺し合う”ハンガーゲーム”に出場するといった展開。支配する者が支配される側を見せしめの殺人ゲームの駒として扱う異様な世界で、妹を救うために身代わりとして志願したカットニスが弓とサバイバル術を駆使してライバル達と死闘を繰り広げるわけですが、所詮寄せ集めの一般人なのでバトルとしては盛り上がりはイマイチ。主催者側が自由に操るワイルドカード的な仕掛けのほうが全然タチ悪いしw。結局ムリヤリ集められた被害者同士の争いなので因縁やバックボーンがないので敵を仕留めてもカタルシスが感じられず、ゲーム中にコロコロルール変えるのも、変なヒゲのゲームマスターが責任とらされるのもイマイチ理屈がわからず。なんかイロイロ中途半端で大きな問題先送り、モヤモヤスッキリしない終わり方だったかなぁ

・・・などと思ってたら終わりに「ハンガーゲーム2」のお知らせ、もしやこれも3部作系?

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

猿回し

Img_1070
新宿高島屋の前に人だかりがあったので覗いて見ると、そこにはなんと猿回しショウが!しかもあの有名な太郎・次郎一門の猿回し!甥っ子ちゃんも一緒だったので日本の伝統芸能を体験するべきかと思って見物モード。芸達者な猿のコントに会場が笑いに包まれて、逆立ち歩きや輪くぐり、竹馬といろんな技を繰り広げ、最後にはめっさ長い距離の大ジャンプで拍手喝采!いやーなんか分かっていても実際見るとテンションあがる!甥っ子ちゃんも”スゴイね~”って感心しきり。イヤオミゴト、楽しかったわ~

しかし見るだけ見てイザ御祝儀のタイミングでそそくさ逃げる人って何なんでしょね。500円や1000円払ったって全然いいじゃないって思うんですが、世の中ケチが多いのか不景気なのかw

「株式会社太郎倶楽部」公式サイト

| | コメント (0)

Krispy Kreme Doughnuts

Img_1067
新宿で甥っ子ちゃんとおやつにドーナツを食べましたよ。なんでもアメリカでは老舗のドーナツ屋さんらしーです、言われてみればドーナツの顔がなんかアメリカンに見えなくもないw。ショーケースに居並ぶたくさんのドーナツを見て”こんなにたくさんあったら選べないよ~”とゼータクな悩みに頭を抱える甥っ子ちゃんw。まーでも結局数で勝負とゆーことで3個いりのミニドーナツをセレクト、あっとゆー間に完食してしまってスゴイ食べっぷりw。あまりにいっぱい食べ過ぎたせいか、店を出るや否やうんちタイム!女子トイレが激混みとゆーことで男子トイレにお願いとパスされ、おじさん初めてのうんちのお世話wwwなんだか分からんままにうんち中の甥っ子ちゃんの手を握ってうんちの応援ww勝手が分からずめっさ緊張したわ~

「Krispy Kreme Doughnuts」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月28日 (金)

しゃぶ十勝

Img_1064
仕事がかる~く一区切りついてちょっと景気づけにしゃぶしゃぶ食いにいってきましたよ。打ち上げとゆーにはイマイチ中途半端ですがとにかくまずはビールで乾杯~、特上黒毛和牛リブロースの食い放題コースでイザスタート。一皿15秒くらいで終了してしまい、さーさ次々と注文ボタンを連打するも店員のレスポンスが悪くて待ちぼうけ、せっかくの食い放題なのに何なのこの”間”!そんなこんなでスタートダッシュタイプの自分は待ってる間に腹も膨らんでしまい、思ったよりも量食えなくて損した気分・・・。まーなんだ、仮にも食い放題を名乗るなら客のおかわりには迅速に対応せんといかんですよ!プンスカ!

「しゃぶ十勝 神田東口店」ぐるなびサイト

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

カツカレー

Img_1062
TwitterのTL上でやたらカツカレーカツカレー流れてくるのですっかりサブリミナル効果の夕飯カツカレー。このネタが安倍晋三さんが3500円のカツカレーを食べたことに端を発していたと後で知り、一時的とはいえCoCo壱の株価まで動かすくらいの騒ぎだったと聞いて2度ビックリ。いまさら言うのもなんですが、ソーシャルメディアの爆発的な伝達力って凄いなと。しかし麻生さんのトキもそうだけど、政治家に庶民感覚なんて求めるのに何の意味があるんだろうと疑問。貧乏なバカよりも裕福な才人のほうが役に立つのはマチガイないのに、清貧尊ぶ日本人の心情なのか、マスコミのなりふり構わない権力叩きなのか。まーでもカツカレーに罪はないのでしっかりおいしく頂きました、超うめぇ

「カレーハウスCoCo壱番屋」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦

Mov660
「モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦」見ました。世紀のイベントとして開催されたルール無用の格闘大会に世界中から集められたモンスター達が出場するといった展開。フランケンシュタイン、オオカミ男、ヴァンパイア、ゾンビ、ミイラ男・・・有名モンスターが一同に集まってリングで死闘を繰り広げるという完全無欠のバカ映画www。試合はなぜかロープワーク巧みなプロレス・テイストwwボディスラムやムーンサルトプレスといった大技を放ちながら、そこはやっぱりモンスターww眼からレーザーを撃つサイクロップス、太陽神のチカラを借りてヴァンパイアに日光を浴びせかけるミイラ男、無類のタフネスっぷりを見せてくれるゾンビと、モンスターらしさもバッチリww。あまりのくだらなさとチープさに逆にテンションあがるマニア向けカルト映画デス!

こーゆーバカ映画を上映してくれる貴重な映画館「渋谷シアターN」がまもなく閉館なんすよね、うぅぅ残念すぎる・・・

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦 [DVD]
モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦 [DVD]
  • 発売元: アルバトロス
  • 発売日: 2013/01/09

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

第3期 藤子・F・不二雄 大全集

Img_1055

第1期第2期と続いた藤子F先生の大全集の第3期分もついに完結!藤子不二雄のデビュー作で、古本市場では300万円以上の値がつくといわれる「UTOPIA 最後の世界大戦」の復刻版でちょうど全集100冊目!カップリングには学生時代の藤子不二雄先生が毎日小学生新聞に連載したという伝説の4コマ「天使の玉ちゃん」!シリーズラストは藤子黎明期とゆーオモモチですなぁ。あしかけ3年におよぶお布施がようやく終わってホッとしたのもつかの間、読み進めるUTOPIAの間からヒラリと舞った1枚の紙には「藤子F全集第4期のお知らせ」!まだ続くんか~いッ!

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning

Mov659
「 劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning」見ました。巨大都市シュテルンビルトを舞台に、犯罪解決をポイント制で競う人気番組”HERO TV”にコンビとして出場するワイルドタイガーとバーナビーの活躍を描いた物語。テレビ版で大人気を博したアニメ番組の劇場版ですが、噂どおりの面白さ!クールなバーナビーと熱血漢のワイルドタイガーの凸凹コンビっぷりは勿論のこと、ライバルヒーローである氷を操る美女・ブルーローズ、炎を操るオカマ・ファイヤーエンブレム、風を操るスカイハイ・・・個性豊かでバカっぽいヒーローたちはバラエティとんでてめっさ面白い!ヒーロー同様に特殊能力に目覚めた犯罪者たち相手に、ある時はライバルを出し抜き、ある時は共闘しながら戦う姿はドタバタ感溢れながら、しっかりヒーローしててGOOD!これを機会にテレビ版全部見てみようかな~、劇場版第2弾も楽しみデス

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- [Blu-ray]
劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- [Blu-ray]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2013/02/22

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

レーピン展

Img_1049
Bunkamuraのレーピン展をふらりと見学してきましたよ。イリヤ・レーピンというロシア帝国時代の画家で活躍したのは日本で言うところの明治時代くらいの人。あまり予備知識なかったんですが、その技法はいわゆる写実主義で写真と見まごうばかりのリアリズム!全体的に肖像画が多く展示されていましたが、そのどれもが生きているかのようなリアルさ。ポスターにもなっている暖かな日差しの中でうたた寝する女性像はレーピンの妻は印象的。皇女ソフィアと題される絵では鬼の形相で腕組する迫力満点な女性像があってなんとの対照的で面白いっすな。同時代人であるムソルグスキーの肖像などには歴史メイニア的に興味深く観賞。

こちとらデザイナのはしくれですが、こーゆー写実画は全く描ける気がしませんナww

「レーピン展」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

ロック・オブ・エイジズ

Mov658
「ロック・オブ・エイジズ」見ました。1980年代ハリウッドを舞台に、名門ライブハウス”バーボンルーム”をめぐって街をあげての騒動が巻き起こるといった展開。個人的に大好物のミュージカル映画ですが、今回のテーマはロックンロール!80年代ロックによるミュージカルはスタイリッシュでカッコヨイ!スターシップの「シスコはロックシティ」とかリアルタイムで聴いてたのでテンションあがるな~ww。トム・クルーズ演じるロックスター・ステイシーの若干ヤバめのカリスマっぷりは退廃的だけどイカスキャラクターだわ~。市長婦人をはじめとする良識派の面々相手にロックを愛する若者達が負けじと応戦する姿もバカバカしくコミカルでめっさ楽しい!猿のヘイマンも芸達者で笑えたな~w。物語的にも落ちぶれたカリスマが夢を追う若者のパワーによってその輝きを取り戻すという軸がしっかりしていて、とにかくパワフルで元気の出るオススメのロックンロール・ミュージカルです!

なんかこのノリ覚えがあるなと思ってたら「ヘアスプレー」の監督なんですな、納得

ロック・オブ・エイジズ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ロック・オブ・エイジズ ブルーレイ&DVDセット(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2013/02/06

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

焼肉屋くいどん

Img_1044
ムカシの職場の先輩方に久方ぶりに再会の宴、2007年以来なんでもう5年ぶりなんですな~イヤ、みなさんお元気そうでナニヨリ。1歳くらいのときにしか顔見てない息子さんがもう小学6年生って12歳!そりゃー年も取りますわいなヨボヨボ。そんなこんなでイザ焼肉、ムカシを思い出して皿をひっくり返してダバダバ肉を網に敷き詰める伝統のスタイルでわっしわっし肉を喰らいながら近況報告。さらに今回は業界関係者の宴席でもあり、普段あまりない他社さんとも名刺交換なんぞしつつ世間のトレンド情報を収集してみたり、ウチの会社はいろんなイミで技術が周回遅れなものでイロイロ収穫ありましたヨ。メモメモ

「大将軍・くいどん」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

天地明察

Mov657
「天地明察」見ました。江戸時代初期、天文・算術・囲碁と多彩な才能を持つ俊才・安井算哲が、天の理を解明して新たな暦を作り上げるという難題に取り組むという展開。正確な暦を作るために日本全国を測量して歩いた仲間たち、志を同じくする天才数学者・関孝和、開明派の幕府の要人・水戸光圀・・・様々な人々と知り合い、苦しくも楽しい研究の果てにたどり着いた成果を一瞬で踏みにじられる算哲の挫折。一度はどん底に落ちながらも支えてくれる妻や仲間たちのために自らを奮い立たせ、暦術を司る理不尽な権力・朝廷に対し己の極めた天文学を自らの”刀”として真剣勝負を挑み続けていく男の不屈の闘志には心震えます。真理へのあくなき探究心によって人と出会い、その仲間たちの思いをさらなる力として成し遂げられた歴史的偉業をドラマ的に分かりやすく脚色した歴史メイニア的にも興味深い1本でした

ちなみに東京品川に安井算哲の墓所があるらしいので今度見に行ってみようかな

天地明察 [DVD]
天地明察 [DVD]
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2013/02/22

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

鴨サブレ

Img_1042
京都土産に頂きましたよ鳩サブレ・・イヤさちがうぞ鴨サブレ?確かにシルエットも鴨のカタチww。ありがたくいただいてみると・・・むぅん!これは!まさに!鳩サブレそのもの!wwまー鳩サブレ美味いから何にも文句ないんですけどね。なんか噂によると佐渡島にはトキサブレ、ひよこサブレに千鳥サブレ、カエルサブレ、あまつさえ勝海舟にちなんだ勝サブレなるものまであるよーで、深遠なるかなサブレワールド。ちなみにサブレとはフランス語で「砂をまく」という意味があるんだそーですが、色合い?

「井筒八ッ橋本舗」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

鍵泥棒のメソッド

Mov656
「鍵泥棒のメソッド」見ました。銭湯で転倒して記憶を失った男に成りすました貧乏役者の桜井だが、その男の正体は裏社会で有名な超一流の殺し屋だったという展開。立場が入れ替わってしまった二人が織り成すドタバタ喜劇ですが、個性派俳優である堺雅人と香川照之はありそうでなかった絶妙の組み合わせ!記憶喪失の殺し屋・山崎が自分を貧乏役者の桜井と思い込み。生来持った几帳面な性格と水も漏らさぬ下準備で本人以上に役者として認められていき、片や桜井も調子にのったあげく殺しの依頼を引き受けてオロオロアタフタ情けなく、まー関係者がみんな都合よくカンチガイに振り回されていくのは脚本のチカラですなぁ。終盤はイッキにシリアスで危険な展開になっていき、ふたりが何故か協力し合って難局を乗り切るところはハラハラさせられ、最後はかる~くいなしちゃうノリも好きだな~。練られたプロットを軸に、クスクス笑えてじわっと感動させられるオススメできる1本デス!

鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]
鍵泥棒のメソッド [Blu-ray]
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 発売日: 2013/05/10

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

白雪姫と鏡の女王

Mov655
「白雪姫と鏡の女王」見ました。継母である女王の悪政によって疲弊する王国を救うために、城から追放された白雪姫と森に住む7人の小人たちが反旗を翻すといった展開。「スノーホワイト」に続いて今年2本目の白雪姫パロディ作品ですが、リリー・コリンズ演じるぶっとい眉毛の白雪姫のキュートさだけでも本作に軍配w。原作のファンタジックな世界観を活かしつつコメディに振っていて楽しく笑える内容に仕上がってます!なかでもジュリア・ロバーツは秀逸!わがままで憎たらしい底意地の悪いイヤ~な女王を存分に演じてくれてマス!お調子者のバカ王子は徹底的に道化役ですが、体を張ったダメ男っぷり炸裂で笑わせられマスw。まー最近のプリンセスものは時代を反映してか、男にただ守られる存在ではなく、自立心旺盛で自ら運命を切り開く強い女性が描かれる傾向強いんですが、まさにその典型パターンだったなぁ。おとぎ話をポップにパロディ化した気楽に楽しめる1本デス!

エンドロールでなぜかインド映画さながらの歌とダンスでナニコレ?と思ったら、監督のターセム・シンはインド人なんだとか。あ、でもダンスは見事な出来栄えで見ごたえあって楽しかった!

白雪姫と鏡の女王 コレクターズ・エディション [Blu-ray]
白雪姫と鏡の女王 コレクターズ・エディション [Blu-ray]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2013/03/02

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

特別展 元素のふしぎ

Img_1038
国立科学博物館の特別展「元素のふしぎ」を見学してきましたよ。まー化学系は高校時代に鬼門だったジャンルですが、試験さえなければ楽しめそうかとw。何が面白いかっていうと元素が即物的なカタチで展示されているところ、鉱物はもちろん人間社会でどのように使われているかを明記しながらの展示なんでイメージつかみやすくてイイっすな。会場のあちこちにある実験映像とかも面白くて、液体の酸素が磁石にくっつくとか知らなかったわ~。自分がを構成する元素の量を計測できる元素体重計による、酸素48kg、炭素18kg、水素8kg、窒素2kg+あれこれが自分の材料らしいです、酸素多いw。さらに現在も新しい元素が次々研究施設で確認されてるらしく、日本生まれの新元素が承認待ちなんだとか~

特別展「元素のふしぎ」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

ベルサイユのばら展

Img_1036
銀座松屋で開催中のベルばら展に行ってきましたよ、当たり前だけど9割近くが女性客ですな~。母親が読んでいたので小学生の頃に自分も読破、マリー・アントワネットは今でもベルばらのイメージで刷り込まれてマスw。さて中に入るとまずは生原稿コーナー、池田理代子先生の筆致を見ながらも、写植の焼け方に40年の歳月が感じたなぁ。さらに奥には宝塚版のステージ衣装や小道具にポスター、アニメ版のセル画などいろんなオスカルが見られて楽しいっすね。漫画家の方が寄稿したオスカルの絵を描いた色紙コーナーも個性豊かで面白い!グッズコーナーも大賑わい、願わくば「パンがないときに食べればいいケーキ」とか売ってたら間違いなく買ったんですがナww

「ベルサイユのばら展」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

夢売るふたり

Mov654
「夢売るふたり」見ました。火事で店を失った板前・貫也と妻・里子が再建資金を集めるために結婚詐欺を共謀するといった展開。仲睦まじい平凡な夫婦が泥沼に嵌るように結婚詐欺という犯罪に夢中になる姿は、最初はコミカルな感じで描かれますが徐々に綻びを見せていき暗澹たる思いになっていきます。”内助の功”を地でいく里子の献身的で尽くす女の典型が、実は夫に対する支配欲とか依存性がその発露となっていたという深層心理、寂しい想いを抱えた様々な女性の心に屈託もなく入り込む夫・貫也の世間ズレした行動には同質の不気味さを感じます。結局最初の過ちであった夫・貫也の浮気行為に対して、自ら夫を操り不特定多数の女たちから金を巻き上げることで溜飲を下げようとする里子の捻じ曲がった愛情と迂遠な復讐劇でしかなかったのかなぁ

夢売るふたり [Blu-ray]
夢売るふたり [Blu-ray]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2013/03/06

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

SLAM DUNK

Img_1035

名作「SLAM DUNK」自炊完了~。井上雄彦といえばバガボンドもリアルもいいけれど、やはり原点はこちら「SLAM DUNK」!「先生バスケがしたいです」「右手はそえるだけ」「諦めたらそこで試合終了」といった名セリフの宝庫でもありますよなぁ。まー自炊作業に伴って10年以上ぶりに読んだけど、この熱さは時代を越えて感動できる稀有なマンガのよーな気がする!花道、流川も勿論ながら、やっぱ仙堂カッコえぇ~天才タイプのライバルの中じゃ一番好きキャラですわ。しかし結構長期連載だったイメージだけど公式戦だと10試合に満たないんすよな、まぁ毎試合密度めっさ濃い戦いだったのはマチガイないけど。山王戦とか今見ても鳥肌モン!

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

なめらか絹

Img_0698

月~金に1日1食夕飯のご飯を豆腐に置き換えた”豆腐ダイエット”をはじめてはや3ヶ月、なんと只今7.8kgの減量!筋トレも平行してやってるので筋肉もそこそこキープしつつの状態、月1.6kgのペースなんでちと急すぎるような気もしますが、低糖質ダイエットは想像以上にキいてます!いろいろ試したけど結局カロリー制限がドンズバに効き目ありますなぁ、ウォーキングとか腹筋じゃぁ全然減らなかった体重が面白いように落ちていきます!土日は普通に食べたいもの食べるし、焼肉も飲み会も参加しまくってるのでノンストレスなんで案外楽に続いてマス。とりあえず当面の目標10kg減まであと2.2kg、最終目標は20kg減なのでまだまだ道は遠いですが、年内に目標達成できるか!?

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

莫逆家族 バクギャクファミーリア

Mov653
「莫逆家族 バクギャクファミーリア」見ました。澱んだ無気力な日々を過ごす現場作業員・火野鉄が、武闘派暴走族だった頃の仲間たちと昔の因縁に巻き込まれていくといった展開。喧嘩に明け暮れたかつてのヤンキー連中が、齢を重ね単調な日常で燻り続けるオヤジに成り下がった姿はせつなく痛々しい。そんな彼らの子供たちが理不尽な暴行を受け、かつての武闘派オヤジ達が犯人をボッコボコに叩き潰すという事件をきっかけに、同じように過去を引き摺り続ける当時の抗争相手による無意味で空虚な乱闘には救いようのない空しさが募ります。本当の家族愛を知らずに育った男が、自ら作り上げた仲間という”家族”を守ろうと稚拙な手段で必死に喘ぐ不器用な男の姿からは憐憫の情が沸きあがりました

主演のチュートリアル・徳井は意外とヤンキー役ハマっててカッコよかったデス

莫逆家族 バクギャクファミーリア Blu-ray 通常版[1枚組]
莫逆家族 バクギャクファミーリア Blu-ray 通常版[1枚組]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2013/03/08

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

デンジャラス・ラン

Mov652
「デンジャラス・ラン」見ました。世界的犯罪者トビン・フロストとCIAの新米エージェント・マットが、襲い掛かる正体不明の刺客から手を組んでの逃亡劇がはじまるといった展開。カースタントにガン・アクションといったいわゆるハリウッドのお家芸であるアクションモノ。元腕利きのCIAエージェントだったフロストは、冷静な洞察力や咄嗟の判断力をもったイカス悪役!対して若さと純粋な正義感だけで行動する熱血漢のマットとの対比は互いが引き立っていて面白いデス。自らの信じた”正義”に疑問を持ち、あえて悪となることで新たなる”正義”を己に課したフロストの生き方を目の当たりにしたことで、己の盲を解かれ精神的に大きく成長したマットがその意志を継ぐという図式はありがちだけども王道で、意外と好きなパターンかも

デンジャラス・ラン Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
デンジャラス・ラン Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
  • 発売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2012/12/19

| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

福本伸行カイジ原画展

Neta325
青山のギャラリーGoFaでカイジ原画展が本日最終日とゆーことで見学に。分かりにくい扉の奥のあやうく見逃しそうになるくらいに小さなギャラリーには”ざわざわ”文字で飾り付けられた壁一面にカイジの原画が~。狭い会場内は意外に女性客が多かったのが印象的、映画版カイジの藤原竜也の影響なのか、もともと女性ファンがいたのかは謎ですがw。アートパネルとかも販売してましたが、チョイスされたシーンがイマイチマニアック過ぎたような~。さらにカフェではカイジカプチーノとか飲めたようですが、個人的には悪魔的に美味いビールが欲しかったなw

| | コメント (3)

2012年9月 8日 (土)

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

Mov651
「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」見ました。湾岸署刑事・青島が管轄内で起こった殺人事件の捜査中、警察上層部が何事かを隠蔽している事実に気がつき始めるといった展開。シリーズのFINALらしいですが、前作同様オールスター勢ぞろいなのは熱心なファンには嬉しい要素てんこもり、独特のおちゃらけ感が程よいテイストで笑いの面では”らしさ”は十分。ただし肝心のシナリオ面ではソートー”雑”だった印象・・・、犯行動機もただの逆恨み、あの程度の犯罪を一部の人間ではなく警察組織のTOP総出で隠蔽ってのも説得力に欠ける感じ、犯人との緊迫した場面で絶好のタイミング突っ込んでくるすみれさんのバスに至ってはもはやギャグマンガレベルの禁じ手w。トドメに踊るシリーズの象徴である現場と会議室の乖離という対立構造に終止符を打ったのがポッと出の大杉漣かよ!とツッコミ、ここで室井さんが一肌脱がなかったら締まらないと思うんだがなぁ、青島も含めて理想論を吐くだけで成り行き任せなのは肩透かしだったなぁ

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

海鮮居酒屋 花の舞

Img_1027
今年も新人配属の季節がやってきましたな~。社内をオドオド歩く姿が毎年のことながら初々しいっすな。まー近年優秀な新人さんがはいってくるので、業界がアホの巣窟だった時期からやってる者としては隔世の感がありますなぁ。まーそんなこんなで新人さんをつっついてキャラ属性を確かめながらの歓迎会、うん何か真面目で堅苦しい感じもしますがオイオイこなれていくんでしょーな。まー毎年ロートルゾーンに押し出されていくおっさん世代ではありますが、なんとかイキオイ枯らさず若者たちと伍していきたいトコロデス

「海鮮居酒屋 花の舞」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

東京ガス

Img_1025
今年の夏も結局ノークーラーで乗り切ったわけで、もっぱら水風呂で涼をとっていたためか、ガス代が1000円切ってたとゆー節約生活レベルの水準!ちなみにセンサーコンロ導入以降使いにくさのあまりガス台はただのお飾りになってしまい自炊は激減、加えてダイエットのために夕飯も冷奴ばっかり食べてたので今月は確かに自分で振り返ってもガス使った記憶がないんだなコレガ。まさか1ヶ月の使用量が1500円以下だとガス代が翌月合算の持ち越しになるとは知らなかったなー。とはいえ9月はいってぼちぼち水風呂も時期が終わりますがナ、ようやく涼しくなってきて嬉しい限り

「東京ガス」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

映画 ひみつのアッコちゃん

Mov650
「映画 ひみつのアッコちゃん」見ました。鏡の精から”魔法のコンパクト”をもらった少女・アッコが魔法の力で大人になり、化粧品会社のサラリーマン・ナオトと出会うといった展開。言わずと知れた赤塚不二夫原作の少女マンガの実写化ですが、「テクマクマヤコン」やら「シッポナ」やら原作のエッセンスを取り入れながら、シナリオはしっかり再構築されていて予想以上に面白かった!中身は子供という特色を前面に出しながら、働く大人たちの日々の苦労や、凝り固まってしまった大人の常識、人を貶める醜い権力闘争といった大人社会の理不尽に対して、身も蓋もなく放たれるアッコちゃんの言葉には、実際の大人的には少なからず共感を呼ぶトコロ。アッコちゃんの子供ゆえの天真爛漫で純粋なキャラクターも魅力的!憧れの男性・ナオトとの独特な愛情も微笑ましく、秘密を巡っての気持ちの行き違いに泣かされ、イヤミのないピュアで優しい関係性も心地よいスマッシュヒットな1本!

まぁ爆弾のくだりだけがイマイチ必然性なくて中途半端だったのが惜しかったかな~

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

ガリガリ君リッチ コーンポタージュ

Img_1021
期間限定のガリガリ君リッチ コーンポタージュが売っていたので怖いもの見たさでゲト。つか氷菓でコーンポタージュって!とゆーツッコミせずにはいられない組み合わせ、イヤでもしかし赤城乳業といえばガリガリ君以外にもガツンとみかんとかそのクオリティに定評あるしと思ったわけですが・・・。これが完全に冷えてマズくなったコーンポタージュ風味・・・ご丁寧にコーンも入ってますが冷たくてグミ化してますがなこれわ・・・。そこそこ濃厚な感じもあるのでいつまでたっても氷菓独特のスッキリ感もなく食べてて苦痛・・・・食べ終わって速攻ガリガリ君ソーダ味でお口直しせずにはいられなかった!まー奇をてらうってのは所詮こんなものかと、改めて定番の偉大さに気づかされましたww

「赤城乳業」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

パズル&ドラゴンズ

Neta324
友人さんオススメの「パズル&ドラゴンズ」通称パズドラをダウンロードしてみましたよ。よくある色あわせ系パズルの連鎖が決まると、RPG風のモンスターパーティの攻撃も強力になって、敵を倒しながらダンジョンを進むとゆーシロモノ。まぁなんてことない無難なパズルとゆー印象ですが、ゲームのターンが短いせいか、なんだか次々続けてやってしまう感じ。1分もかからないようなゲームであっとゆー間にモンスターゲットみたいなノリで、クリアしてもクリアしても次々新しいステージがでてきて延々と操作させられ続けるこの感じがソーシャル系とゆーものなのかw。いわゆるオールドゲーマー的には物足らない感じもしますが、時間つぶしには確かにいいのかもな~

「パズル&ドラゴンズ」公式サイト

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

最強のふたり

Mov649
「最強のふたり」見ました。スラム出身の黒人青年・ドリスが、事故で首から下が全く動かない障害をもつ大富豪・フィリップに介護役として雇われ、徐々に奇妙な友情が芽生えていくといった展開。社会的成功者であり障害者でもあるフィリップをまるで意識せず、自然に言葉をかけるドリスとの会話は微笑ましい限り。相手を気遣ったはずの礼儀正しい言葉が逆に壁を作ってしまい、互いの思いが通じなくなるジレンマに陥っていたフィリップが、礼儀知らずで乱暴で言いたい放題のドリスとのコミニュケーションで救われていく姿が描かれ、対等の会話こそが、人種も年齢も立場も越えた人間関係を育むという真理が伝わります。時に本人さえも気がつかない自分の本心に対して、おおらかなお節介で報いるドリスの粋な計らいにはグッとさせられてしまったなぁ。フランス映画らしいエスプリの効いたオススメできるヒューマンドラマです

最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]
最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]
  • 発売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2013/03/22

| | コメント (2)

2012年9月 1日 (土)

JTB

Img_1012
延び延びになっていた親父殿の古希の祝いのために広島旅行を企画中、ネットや知人さんやらアチコチから情報を集めてはいたものの、いざコースとなると見積もりもよくわからず。当方神社めぐりで日本中一通り歩いたわけですが、基本ぶらり一人旅のいきあたりばったり派、さすがに10名様の団体旅行にはそーゆーワケにはいかないので人生初の旅行代理店へ。見たいものや行きたいところを伝えるだけで、ひょいひょいコースをプランニングしてくれるのがこんなに楽チンだとはw。断片的だった観光ポイントが効率的に繋がって、なんか旅程がイイ感じにまとまったような気がします、さすがプロ。

まーあとは当日の天気だけですが、こればっかりは神のみぞ知るですからなぁ

「JTB」公式サイト

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »