« 苦役列車 | トップページ | ヘルタースケルター »

2012年7月18日 (水)

第九軍団のワシ

Img_0708

ローマ好きならこれは読め!とゆー同僚さんオススメの「第九軍団のワシ」を読了~。ブリタニアを舞台に、負傷退役したローマの軍人・マーカスが元剣闘士のブリタニア人・エスカと共に消息不明となった第九軍団の象徴である”銀の鷲”を探す危険な旅にでるとゆー設定は、ローママニア的には納得の設定。第九軍団の生き残りや、敵地の家族とのふれあい、蛮族の儀式などなど冒険譚としては楽しめるものの、ちょっと素直で快活すぎる気もするなぁと思ったら、コレって児童文学作品なんすね、なるほど納得。まー個人的にはややこしく入り組んだ人間関係の因果を楽しむ歴史メイニアなんで、もっと利己的だったり理不尽だったり無念や葛藤が渦巻くモノホンの歴史物語のほうがやっぱ自分は好みなんだろうなぁ

なんとなくスルーしちゃったけどこの小説は実写映画化されてたハズなんでDVDになったら改めて見てみようかとは思いました

 

第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)
第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)
  • 発売元: 岩波書店
  • 発売日: 2007/04/17

|

« 苦役列車 | トップページ | ヘルタースケルター »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦役列車 | トップページ | ヘルタースケルター »