« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

ミッドナイト・イン・パリ

Mov611
「ミッドナイト・イン・パリ」見ました。ハリウッドの映画脚本家・ギルが、深夜に現れる不思議な車に乗って、憧れの時代である1920年代のパリへタイムスリップするといった展開。結婚を間近に控え仕事も好調と順風満帆な人生のハズのギルは、実はパリに住んで小説家になりたいという夢を押し殺して悶々とする毎日。そんな彼が敬愛してやまない過去の偉人たちに出会うというパターンはタイムスリップものの定番ではありますが、それがヘミングウェイやダリ、ピカソといった芸術家であるというのが面白いですな。過去に憧れるギルが出会った偉人たちもまた過去に憧れていたという事実を目にして、自分の使命は未来に生きる人々が憧れるような時代を創造する事だと気がつく姿には、自分の想いのままに今を生きることを肯定する人生観が感じられましたよ

ミッドナイト・イン・パリ [DVD]
ミッドナイト・イン・パリ [DVD]
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2012/11/16

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

メガ貞子

Img_0626
渋谷の街にてメガ貞子発見ww。

1月前くらいからネットニュースとかでは知ってましたが、ホンモノ思ったよりデカイww。若干悪趣味な感じもしますがインパクトありますなー。まーでも実はリングもらせんも貞子3Dも未見だったりします。とゆーのも映画メイニアの自分が唯一苦手とするのがホラー映画の類、だって怖いもの見ると夜トイレ行けなくなるじゃないですかガクブル。しかしテレビモニタから飛び出してきてるけど進行方向は逆なのでどんどん遠ざかる貞子さんでしたww

貞子3D 2Dバージョン(本編DVD)
貞子3D 2Dバージョン(本編DVD)
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2012/10/31

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

私が、生きる肌

Mov610
「私が、生きる肌」見ました。天才医師・ロベルと、彼が開発した”完璧な皮膚”を移植した女・ベラとの不自然で奇妙な共同生活を描いた物語。豪邸の一室に監禁されたベラが、自らを人体実験の材料として提供するというシチュエーションは、およそ常軌を逸した不気味な空間。ロベルの目的もベラの思惑も全くわからないまま6年前に遡ったエピソードは、前半をはるかに凌駕する異常な事態を描き出します。ベラの秘められた過去とロベルの執拗な復讐心は、怖いというよりは生理的な嫌悪感漂う倒錯の世界。不快な気持ちが湧き上がりつつも、目が離せない強烈なインパクトの残る1本でした

私が、生きる肌 [DVD]
私が、生きる肌 [DVD]
  • 発売元: 松竹
  • 発売日: 2012/11/07

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

ガール

Mov609
「ガール」見ました。恋に仕事に家庭に大忙しな4人の女性が、それぞれの抱える悩み事に真剣に対峙するといった展開。ガールズファッション大好き女子、シングルマザーに問題社員を抱えたキャリアウーマン、年下の部下に恋する女・・・立場は違えど壁にぶつかり自信を失いかけているアラサー女子のなりふり構わぬ大逆襲といった感じは溜飲さがるカッコヨさ。とはいえ女性受けを意識しての結果なのか、敵役や理想のパートナーとして小道具的に扱われる男性キャラに関しては正直苦笑してしまいますw。まー劇中に描かれる苦悩は何も女性に限ったものではないんですが、不合理で理不尽な人生という主題を女性の目線から見るとこんな感じになるものなのかなぁ。男目線的には共感できるところはあまりなかったんですが、それは乙女心の分からない自分の問題なんですかねww

あーでも吉瀬さんはめっちゃかわいかったです、あんなん絶対惚れてまうやろw

ガール DVD カジュアルスタイル (通常版)
ガール DVD カジュアルスタイル (通常版)
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2012/11/21

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

NHK放送センター

Img_0632

本日は渋谷のNHK放送センターにやってきましたよ。知人さんがNHKのクイズ番組に出場すると聞いたので興味本位で押しかけ応援団とゆー感じでしたが、TV番組の収録を見学するのは初めてだったのでワクワクモノw。セットの組まれたスタジオに通され客席に着座、モニタごしで見るとチャチに見えるセットも、ホンモノみるとガッチリつくってあってガツンと存在感ありましたよ。自然に拍手とか誘導するADさんのお手並みも手馴れたもんですなぁ。まー普段は編集後のコンテンツを視聴しているわけですが、生の収録は一旦休憩とか撮り直しとかブツ切れで進んでいくので、編集加工前の素材はこんな感じなんだなぁと妙なところに感心。1時間程度で収録は終わり、あいにく知人さんは優勝とゆーワケにはいきませんでしたが、コチラ的には貴重な体験させていただきました~

NHK公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

月にぬれた手

Img_0623
本日は座・高円寺にてオフィス3〇〇の公演「月にぬれた手」を観にいってきましたよ。高村光太郎の晩年の姿を描いたお芝居で、戦時中に国威発揚のために戦争賛美に努めた事を恥じて、花巻での隠居生活を始めるという史実に即した展開。高村光太郎の精神の葛藤を描きながら、やはりキーマンとなるのは死んだ妻・智恵子。いまやめっちゃ大好きな舞台女優である平岩紙演じる智恵子は想像以上の存在感!無邪気で素直な最愛の妻といったイメージが定着する智恵子ですが、苦悩する幸太郎に恨みつらみを吐き捨て惑わす狂気を内包する独特の解釈と平岩紙の演技が噛み合ってド迫力!コチラの胸にグワッと迫ってくる感じデス!我ながらアレですが、舞台見るたびに平岩紙ステキだな~と思わされる自分がいるなぁww

しかし今回は後ろの席の子供連れが最後まで私語とまらなくて辟易。舞台に子供を連れてくるならせめて最後まで観劇できる忍耐力がついてからにしてほしいものです

「オフィス3〇〇」公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

メン・イン・ブラック3

Mov608
「メン・イン・ブラック3」見ました。地球に存在する異星人を監視する組織MIBのエージェント・Jが歴史から存在を抹消された相棒・Kを救うために40年前の世界へタイムスリップするといった展開。10年振りのまさかの続編ですが、ハチャメチャでグロテスクな宇宙生物達や、超ハイテクのMIBガジェットのカッコよさは今作も健在!宇宙魚とか生首型宇宙人とかバカバカしくて最高ですな!それでいて実は正統派のバディものとしても楽しめるMIBシリーズ、いつもとは立場が逆転した過去の世界で若いKとコンビを組み、相棒の秘められた過去の事実を知っていくストーリーは意外にツボついて、ラストは不覚にもじんわり感動させられてしまいましたわ~

しかしなんだ中盤に登場するご都合主義な5次元人がイッキに難問解決しすぎだろ!

メン・イン・ブラック3 blu-ray & DVD
メン・イン・ブラック3 blu-ray & DVD
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2012/10/26

| | コメント (2)

2012年5月24日 (木)

SCALP-D

Img_0620
さ~たちあが~れ~かみのけ~たちよ~♪のCMで有名なスカルプDを誕生日に知人さんに頂きましたよ、どーゆーイミかはあえて聞きませんでしたがww。でもこないだネットでお値段調べたらコレ1本で3800円もするとゆーからオドロキ!2本入りだったから結構金使ったネタだったんだな~、まー当方基本的にはコンビニでお求め安いスーパーマイルド600円派なんですがw。せっかくなんで試しに使用してみたところ、スカルプDは洗髪後のベタツキがないとゆーか洗い上がりが心なしかスッキリするような感じがしますな、なんか頭皮に効能あるのかどうかはさておきw

薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用]
薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用]
  • 発売元: アンファー株式会社
  • 価格: ¥ 3,800

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

ダーク・シャドウ

Mov607
「ダーク・シャドウ」見ました。魔女の呪いによって吸血鬼に姿を変えられたバーナバスが200年の歳月を経て、一族の子孫たちの前に現れるといった展開。ダークファンタジー職人のティム・バートンとジョニー・デップの黄金コンビの紡ぐ世界観は今作も魅力に溢れてマス!時代錯誤でコミカルなヴァンパイア・バーナバスの立ち振る舞いはコワカワイくて愛嬌たっぷり、唐突に邪悪な顔をむき出しにしたりの二面性もまたイカス。因縁の相手である魔女・アンジェリークとの対決もビジネス、セックス、ガチバトルとバラエティとんでて面白い!ゴースト、マッドサイエンティスト、バンシー、オオカミ女?と異形の者が脈絡もなく飛び出すビックリ箱みたいなノリはマンガ的で楽しかったデス

ジョゼットとヴィクトリアの関係がイマイチよくわからなかったんだけど、生まれ変わり的な設定だったのかな?

【初回限定生産】ダーク・シャドウ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
【初回限定生産】ダーク・シャドウ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2012/10/03

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

ミドリムシラーメン

Img_0620

知る人ぞ知る謎ラーメン「ミドリムシラーメン」を食ってきましたよww。名前からハッキリ分かるように特筆すべきは、誰もが一度は顕微鏡や教科書で見た原生動物・ミドリムシの粉末が入っているとゆーことで、なんとその数6億匹分!なんでもミドリムシには59種類もの栄養素が入っていて、食糧危機になったときには完全栄養食品のひとつになりえるポテンシャルがあるんだとかなんとかww。そんなこんなでイザ実食!スープ自体が若干緑色ぽい感じですが極めて上品なお味のスープ、もっと草っぽい味とか想像してたんですが、パスタみたいな細麺と絡み合って全然美味いよコレ。ちょっと物足りない人には”野菜増し”みたいなノリで”ミドリムシ増し”があるそーなのでレッツチャレンジw

「山手ラーメン本郷 安庵」食ベログサイト


| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

ファミリー・ツリー

Mov606
「ファミリー・ツリー」見ました。仕事一筋で家庭を顧みなかったマットが、事故で昏睡状態に陥った妻と、思春期のふたりの娘を前にして、真剣に家族の絆を取り戻す努力をはじめるといった展開。仕事に励んで一家を養ってきたハズなのに、気がつけば家族との会話も途絶えて久しく、妻や娘が何を考えていたのか全く分からなくなっていたマットが、本音をさらけ出し、相手の話を真摯に聞いて少しずつ心が通い合う姿がユーモラスに描かれています。家族といえどもその絆とは日々想いを伝え合うことの積み重ねで育まれるものであるという真理には説得力ありますなぁ。家族の絆という小さな話題を描きながら、代々伝わってきた土地を通して先祖の想いを知り、自らの家族が子孫へ伝えるべき想いに目覚める壮大なテーマは心地よい余韻が感じられました

ただひとり絆の回復を遂げられなかったお母さんの存在はせつなかったかな・・・

ファミリー・ツリー [DVD]
ファミリー・ツリー [DVD]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2012/11/02

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

弥生美術館・竹久夢二美術館

Img_0619
弥生美術館・竹久夢二美術館に行ってきましたよ。夢二を見に来てみたらふたつの美術館がくっついてる変わった形式、中では”世界のkawaii展”と銘打った展示会が開催中、女の子向けのキャラクターイラストレーションの年代記のような内容は実に興味深い。現代漫画やサブカル的イラストレーションのルーツのひとつであると思われる竹久夢二の作品から始まって、高畠華宵、内藤ルネ、水森亜土・・・それぞれの時代のイラストも現代になると逆にレトロチックで今でも全然魅力的なのがスゴイっすな。お目当ての竹久夢二美術館もしっかり堪能。日本画の技法を学びながら、シンプルな線で描かれる夢二のはかなげな女性の図案はやっぱ好きなんだな~

「弥生美術館・竹久夢二美術館」公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

三社祭

Img_0608
本日は浅草で三社祭を見物にきましたよ

ソイヤソイヤと威勢のイイ掛け声で浅草の通りは完全に神輿銀座と化していて、各町会の神輿が次から次へと引きも切らさずやってきますよ!浅草寺の仲見世や雷門周辺は人・人・人でごった返していてちょいとしたパニック!今日び地方では車道の隅っこで地味にかつがれてる神輿が多い中、これだけ賑やかで活気溢れる古式ゆかしいワッショイ的な祭りはやはりテンションあがりますな!そんなこんなでしばし見学した後、腹が減ったので天丼屋に入ると、横浜から来たという70歳のおとうさんと相席になり、三社祭の話題から、神社・歴史・日蓮と話題が異様に盛り上がったのも面白かったナ。袖すりあうも多生の縁とゆーのはこーゆーことなのかw

| | コメント (2)

2012年5月18日 (金)

大友克洋GENGA展

Img_0590
秋葉原で開催中の大友克洋GENGA展に潜入~。会場である「3331 Arts Chiyoda」は元は中学校の校舎だったらしいですが、ある意味それは大友作品ぽい質感でもありますなw。会場内には代表作「AKIRA」を筆頭に、数多くの著作の生原稿、カラー原稿がズラリ!自分がリアルタイムで一番ハマってた「童夢」もン十年の時空を経てその筆致を見ることができて感無量ッス!名作の中にまぎれて、「ニコチャン大王の解剖図」とか「超リアルなうなぎいぬ」など巨匠のパロディ作品があったのはなんか意外でしたが笑けるww。さらに奥の展示品の中には原寸サイズの「金田のバイク」までもが鎮座!またがっての記念写真まで撮れるとゆーんだからファン的にはテンションあがるりますわなッ

GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -
GENGA - OTOMO KATSUHIRO ORIGINAL PICTURES -
  • 発売元: パイインターナショナル
  • 発売日: 2012/04/23

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

BOOK OFF Online

Img_0588
同僚さんにお借りして読みすすめていた「ローマ人の物語」が実は全43巻もあったことを知り愕然。いまやすっかりローマ史の面白さにすかり魅了されてしまったこともあり、これはもはや借りて読むようなシロモノではないぞと判断したので、BOOK OFF Onlineにて全巻セットを15000円で購入でアリマス。日本史にせよローマ史にせよ、その時代に生きる人々の想いが相互に及ぼす影響と因果関係はホント面白いッ!歴史を知れば知るほどに人の世は理路整然とした理屈や道理ではなく、不安や恐れに支配された人間の感情によって動かされていくという事実を痛感しますなぁ。数多の人間の類型や、人間関係の在りようがサンプル化されたローマ世界に久々ドハマリ中!全巻読破するまでは仕事に集中できそうにないんですがww

「BOOK OFF Online」公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?

Mov605
「紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?」見ました。夏休みを満喫する紙兎のロペが紙リスのアキラ先輩の自由研究を手伝う中、ある騒動に巻き込まれるといった展開。TOHO系の映画館で幕間上映されている脱力系ショートムービーがまさかの劇場版にw。若干ヤンキー気質のアキラ先輩の斜め上からのネタフリと、ロペのマイペースなツッコミが絶妙な掛け合いになっていて、さながら学生時代の実りのないバカ話そのものであるふたりのゆるーいダベリは、なんともツボはいってしまって笑っちゃうんだなぁコレが。一見かわいらしい絵柄ですが結構ガラ悪い会話なんで子供向けではないんですがw、ショート版の時点で既にロペファンだった自分としては、長尺でこの世界観を楽しめるとゆーだけで十分満足できましたww

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

さあ帰ろう、ペダルをこいで

Mov604
「さあ帰ろう、ペダルをこいで」見ました。事故で記憶を失った青年・アレックスとブルガリアからやってきた祖父バイ・ダンが、記憶を取り戻すために自転車での二人旅を始めるといった展開。バックギャモンの達人であり、気骨溢れる昔かたぎの祖父バイ・ダンの迫力ある風貌と言葉は含蓄深い!記憶喪失を言い訳に人生を無為に浪費するアレックスに対してスパルタ式で手厳しい鉄拳制裁と、ユーモアに富んだ愛情表現で徐々に二人の絆が深まっていく姿は微笑ましい限り。旅をしながら解き明かされていくアレックスの記憶と共産党政権時代のブルガリアの亡命家族の歴史がシンクロし、過去と現在が繋がっていく手法は見応え十分!人生をバックギャモンのサイコロに例え、「どんな目がでるかは、時の運と自分の才能だ」と語る祖父バイ・ダンの言葉には、己を曲げずに生きてきた男の信念と、未来を生きるべき世代への大いなるエールを感じましたよ

さあ帰ろう、ペダルをこいで [DVD]
さあ帰ろう、ペダルをこいで [DVD]
  • 発売元: エスピーオー
  • 発売日: 2013/04/03

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

ポテチ

Mov603
「ポテチ」見ました。同郷の野球選手・尾崎に対して異常な肩入れをする青年・今村の心に抱えた苦悩の様を描いた物語。久々の伊坂幸太郎作品の映画化でしたがショートストーリー的な構成の中にも伏線回収の妙は健在で、登場人物の何気ない言葉や行動によって、うっすらと浮かび上がる状況描写に素直に気持ちが引き込まれていきます。空巣を生業とする今村の天然ボケなキャラクターは、どこか非現実的な独特の味わい深さが印象的で、人一倍純粋で他者への思いやりが強いが為にせつなくも悲しい苦悩を抱え込む姿に心打たれます。他人のために秘めた想いによって自らは苦しみながら、他人のために優しく振舞う”ホンモノの強さ”を感じさせられるオススメの1本デス

ポテチ [DVD]
ポテチ [DVD]
  • 発売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2012/10/26

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

古代オリエント博物館

Img_0586
池袋の古代オリエント博物館にやってきましたよ。サンシャインシティには演劇鑑賞で何度か来ていて、その際に目に留まって気になっていた場所に初潜入。オリエントといえばメソポタミア、ペルシア、エジプトに代表される中東で興った古代文明、展示品には楔形文字の記された粘土板がズラリ!他にも装飾品や祭器の数々を見ていると歴史的価値観とかいう以前に、5000年も前にこれらを造った人々が普通に生活していた姿を想像すると、鳥肌たつほど気分が高揚、気持ちは古代にタイムスリップとゆー感じですよ。やっぱ考古学的遺物の存在感はたまらんものがありますなぁ。オリエントの古代文明がシルクロードを伝わり極東の果て、日本の正倉院に辿りつくその道程もロマン指数高すぎて胸アツ

「古代オリエント博物館」公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

国立科学博物館

Img_0575
特別展にはよく訪れていた国立科学博物館ですが、今回は本館のほうをじっくり探索。今まで気がつかなかったけど充実した各展示コーナーがいちいち面白いですなぁ。グリプトドン、メガテリウムにアーケロン、フタバスズキリュウ等々の恐竜の骨格標本、縄文人の骨や江戸時代の女性のミイラ、宇宙線を視覚的に観測できる装置、大小さまざまな化石群や標本の数々はバラエティにとんでいて好奇心を刺激してくれて想像以上に楽しめますなぁ。なにげに写真撮影自由なのもイイ!おかげで資料用写真もたっぷり収穫できましたよ

そしておみやげコーナーでうっかりローマ帝国の本を1冊お買い上げw

「国立科学博物館」公式サイト

| | コメント (2)

2012年5月11日 (金)

幸せの教室

Mov602
「幸せの教室」見ました。勤めていたスーパーを突然リストラされた中年男性・ラリーが大学に入り、美人教授・テイノーに出会うといった展開。突然の解雇で職を失ったラリーが、一念発起して入学した大学で、弁論術や経済学を学び、個性的なクラスメイトやコワモテのギャング団といった若者たちに出会い、さまざまな経験をして成長していく姿は微笑ましく、人間味溢れる魅力的なラリーの人柄が伝わります。そんなラリーのポジティブさと社交性、向上心に影響されながら笑顔を取り戻していくテイノーの変化と、親密になっていくふたりの関係性も心地よいです。まーとはいえトム・ハンクスとジュリア・ロバーツという大物2人を起用しながら、映画的にはやや盛り上がりには欠け、イイオハナシなんだけど若干の物足りなさを感じたかなぁ

幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2012/10/03

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

かつ丼

Img_0570
忙しさフルスロット状態で毎日残業続きですが、本日は友人さんが関西からやってきたので、1時間ばかし会社を抜け出し情報交換も含めての夕飯タイム。選抜されたのはやまいちのかつどーん!当方トンカツ派なんですがココのかつ丼だけは別格!やわらかい肉の甘みと半熟卵が絶妙にとろふわ~んとしてマジ絶品!個人的には都内ナンバーワンなんすよね~。それはさておき、そちらもお忙しいようですなぁ。でも仕事の内容的にはむしろ自分が代わりにやりたいくらいのウラヤマ仕事!発売されたら絶対買いますゼ!まー当方はヒマな時期が随分続いてたので、ムダに慌しい中で混沌とした状況をセッセと整理整頓するのが脳汁でるほど楽しかったりするメンタル的なM属性。忙しさと辛さは案外正比例はしないもんですよな~

「とんかつ やまいち」食べログサイト

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

宇宙兄弟

Mov601
「宇宙兄弟」見ました。宇宙飛行士・ヒビトを弟に持つ無職の兄・ムッタが、子供の頃の兄弟の約束を守るために宇宙飛行士になる決意をするといった展開。宇宙飛行士へのエリートコースを歩み、夢と危険に満ちた月面ミッションをこなすヒビトとは対照的に、一度は夢を諦めながらも一念発起してJ必死でJAXAでの訓練を受けるムッタは泥臭いけれど共感を呼ぶキャラクター。ケンジやせりかさんのキャスティングはイメージピッタリすぎてオドロキw、閉鎖空間でのやりとりと宇宙の話のくだりが個人的には一番楽しかったナ。少年の頃に描いた夢にまっすぐ向かった弟と、壁にぶつかり挫折しながら向かう兄の純粋な絆を描いた良いオハナシではありましたが、やはり連載中漫画原作のお約束どおり終盤は若干詰め込み&強引な収束感は否めなかったかなぁ

ゆっくり落ち着いた調子でマニアックな宇宙開発四方山話が展開されるマンガのほうが断然面白いのはマチガイないです

宇宙兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション
宇宙兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション
  • 発売元: 東宝
  • 発売日: 2012/12/21

| | コメント (2)

2012年5月 8日 (火)

東京スカイツリーアイスバー

Img_0550
風呂上りの氷菓がうまい季節がやってきたので、コンビニのアイスコーナーを物色しておるとこんな新商品がw。東京スカイツリーは早くも便乗商品が出まくってますな~ww。まー商品名はともかく、中身は伝統的なソーダ味+ラムネとゆースッキリ系なんで、自分としては好きなジャンルの氷菓でアリマス。そういえばホンモノのスカイツリーは今月22日に開業らしいですな。まー当面は混雑が予想される気はしますが、634mの見晴らしは一度は見てみたい気がするので、ぼちぼち予約券とか購入しておこうかな~

「東京スカイツリー」公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

わが母の記

Mov600
「わが母の記」見ました。年老いて記憶の失われていく母・八重を支える息子・洪作とその家族たちの絆を描いた物語。何はさておき認知症の老婆を演じる樹木希林さんの迫真の演技は圧巻です!これは日本アカデミー女優賞間違いない!物語的には時代遅れな父権社会の家族が、濃密な関係性の中で様々な感情をぶつけ合い、理解できず対立することもあれば、理屈抜きの親愛の情で繋がることもあり、そしてまた時の流れが家族の想いを変化させ、それがまた新たな関係性を育んでいくという古きよき日本の家族の姿が丁寧に描かれています。記憶を失っていく八重を家族全員で支えていくという暮らしの中で、かつて母に捨てられたという鬱懐を心に抱えたままの洪作が、母の語る過去の断片によって自分の知らなかった母の真実を知る過程には心に沁みるものがありました

わが母の記 [DVD]
わが母の記 [DVD]
  • 発売元: キングレコード
  • 発売日: 2012/09/08

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

月面基地からの脱出

Img_0551_2
前回脱出失敗して以来、1年ぶり4回目のリアル脱出ゲームに挑戦の日がやってきましたよ。今度こそはと毎回意気込むものの、結果は3連敗中なんで悔しさメーターMAX状態!今回は映画「宇宙兄弟」とのコラボ企画で、月面基地で事故発生!酸素残り1時間とゆー設定での脱出ゲーム、結果から言えば善戦空しく今回も脱出失敗、月面で息絶えた次第でございます・・・。恒例の解法説明後も、捻りに捻った脱出方法は、自分じゃどんなに頑張っても到達はできなかったなとお手上げ状態でしたよ・・・。なんとか1度は勝利の美酒に酔いたいものですがこれで4連敗・・・。あきらめたらそこで試合終了ですよとは言うものの、なんかもう毎回越えられない壁を前にして、かなーり心が折れまくりデス。ハァ

「リアル脱出ゲーム」公式サイト

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

おはか

Img_0549
愛犬ちゃんのお墓が実家の庭に建てられたとの一報がありましたよ。

やっぱ面倒見てくれた親父殿や母上殿が近くにいないと寂しがるだろうから、庭ならきっと安心してくつろげるんじゃないかな~。元気だったときも、みんながちょっと出かけて自分だけが家や車に残されると、ものすごくあたふたしながら自分も連れてってとアピールしまくってたしなぁw。お盆にはきっとお参りしに帰れると思うんでもうすこし待っててや~

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

ローマ人の物語(1)

Img_0548
日本史メイニアの自分は、世界史はあんまり食指が伸びずに今日に至るわけですが、同僚さんにお薦めされた小説「ローマ人の物語」がひさかたぶりにツボ直撃!古代ローマ建国からのさまざまなエピソードと人間模様がつぶさにドラマティックに描かれていて、人の心と群集心理、歴史の偶然と人間の所業が織り成す複雑玄妙な歴史物語としてめちゃめちゃ面白いッ!ハンニバルが攻めてきた第二次ポエニ戦争のくだりは、下手なエンタメじゃ太刀打ちできないほどにドキハラモノ!日本史の戦国、幕末、大和朝廷にハマった時と完全に同じようなテンションで、只今頭の中はローマでいっぱい!もーとにかくイタリア行ってカピトリーノ の丘でロムルスを偲びたいッ

むこう3年くらいは古代ローマで楽しめそうな予感!これを機会に世界史も見直そうかな~

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

女ドラゴンと怒りの未亡人軍団

Mov599
「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」見ました。北方の異民族に侵略される宋王朝の楊将軍が討ち死にし、未亡人となった妻・桂英が武門一家の女衆たちを引き連れ戦場へ向かうよいった展開。長刀、双剣、槍、弓、棍棒・・・様々な中国武術を仕込まれた女武術家たちの演舞や、伝統のワイヤーアクションは古きよきカンフー映画といったオモモチ。巨大な戦力を持つ異民族相手に縦横無尽の活躍を繰り広げ、ひとりまたひとりと絶命していくオールドスタイルも嫌いじゃないデスw。まーでもCG含めた演出が安っぽすぎて、バカ映画というよりも低予算映画って感じのチープ感でイマイチ笑いきれもしなければ盛り上がりきれもしないビミョーなテンション・・・。もっとブッ飛んだ展開期待しすぎたせいか正直物足りなかったな~

楊家女将伝 ~女ドラゴンと怒りの未亡人軍団~ [DVD]
楊家女将伝 ~女ドラゴンと怒りの未亡人軍団~ [DVD]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2012/09/04

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

うなぎ

Img_0547
休日出勤のごほうびに体力回復アイテムうなぎをゲト!とろ~りとろける皮とふわふわの身にあまから~いタレがほんによくあう日本の味!ささくれた心がほんのちょっぴりだけ優しくなりますわ~。でも実は肝心要のうなぎが例年よりもちと短め、いつもならうなぎの身がはいりきらなくて折り返すほどだったハズなのに・・・。なんでも不漁や中国での消費拡大などで、今年は未曾有のうなぎ不足、お値段急上昇中らしいッスね。このままだと夏には1万円近い値段になるかもしれないとか恐ろしいハナシ。まーマグロもそうだけど、そもそもリーズナブルになりすぎていた食材がもとの高級嗜好品に戻っているだけなのかもしれませんが。

そして午後イチの仕事で速攻修羅場、うなぎのやさしさ効果は1時間もたなかったとさw


| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

ロボット

Mov598
「ロボット」見ました。ロボット工学の権威・パシー博士によって製造された最新鋭のロボット・チティが人間の感情を学び、博士の婚約者・サナに恋をするといった展開。1年位前に海外版DVDで一見していた「ROBOT」が、まさかの劇場公開、本日はその試写会で新橋へ行ってきましたよ。突然の歌とダンスで有名なインド映画に、CGを使ったインド式ターミネーター・チティの暴走っぷりのテンションそのままに、今回は字幕がついているので海外版ではよくわからなかったストーリーとか細かいインドギャグが理解できたのがウレシイ。蚊との交渉とかシュールすぎて何がなにやらwww。もともと3時間以上ある映画を劇場公開にあわせて随分アチコチカットして2時間ちょっとに編集してるせいか、若干シーンのつなぎ目が慌しかったような気も。まーDVDのトキにも思ったけど、邦画や洋画の枠におさまらないインド映画もたまに見るとインパクトあって楽しいっすね

そしてあいかわらずインドの女優さんは美人が多い!サナ役のアイシュワリヤーさんはミスワールドで優勝したとゆー経歴をもつ、世界レヴェルの美人さん!

ロボット [DVD]
ロボット [DVD]
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2012/10/03

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »