« 荒川土手 | トップページ | 劇場版 SPEC~天~ »

2012年4月 9日 (月)

アーティスト

Mov587
「アーティスト」見ました。1920年代のハリウッド、サイレント映画のスター・ジョージがトーキー映画という新たな手法を頑なに拒み、時代に取り残されていくといった展開。映画の世界が大きく変わる節目の時期に、自分の取り組んできたサイレントこそが映画であり芸術であるとプライドを持つジョージの想いとは裏腹に、一般大衆はより分かりやすいトーキーに引きつけられて、自分自身が過去の遺物となっていく男の悔しさと絶望感が伝わってきます。対照的にスターダムを駆け上がる新進気鋭の女優・ペピーとのラブロマンスも、嫉妬とも羨望ともつかない葛藤の中で自尊心が砕かれていくジョージを救おうと献身的につくす姿に心打たれます。古い殻を脱ぎ捨て、新しい世界へ踏み出すことは難しいことだけれども、愛すべき人の存在が大きな力になるという古典的で普遍的なテーマは心地よく、生まれ変わったジョージのラストダンスには拍手を送りたくなりました!

見終わってみれば、さすがのアカデミー受賞作!オススメできる1本デス!

アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]
アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2012/10/17

|

« 荒川土手 | トップページ | 劇場版 SPEC~天~ »

オススメ」カテゴリの記事

映画’12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒川土手 | トップページ | 劇場版 SPEC~天~ »