« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

ジーマーミ豆腐鍋

Img_0065
日々肌寒くなる今日この頃、ぼちぼち鍋も旨くなる季節に早速沖縄名物ジーマーミ豆腐の鍋であります。ジーマーミとはピーナッツの絞り汁とサツマイモのでんぷんを加工した食品なんだそーです。しゃぶしゃぶ肉のような豚肉がまた甘くて旨いんだわ、これが!ちなみに本日はプロジェクト完了オツカレ会&4年の長きにわたって仕事をしてきた同僚さんの送別会であります。あーなんかもう、完全に終わったのでホッとするのもありながら、苦楽を共にしてきた仲間が散っていくこの寂寥感たるや・・・。チームワーク抜群だったメンバーがどんどん欠けていくのはホント心のそこからもったいない。ホントは同じメンバーでいくつか仕事をこなせると効率も意識共有も上昇していくものなんですが、えらい人にはそれがわからんのですよブツブツ

まーでも業界狭いので、またいつか会うその日まで、健やかにお元気で~

「沖縄SECRET BASE 神田基地 TOKYO」ぐるなびサイト

| | コメント (0)

2011年10月30日 (日)

蒲田行進曲

Img_0061
友人さんからのオススメもあったので、池袋のシアターKASSAIにて、伊藤えん魔プロデュース”蒲田行進曲”の演劇を見てきましたよ。映画にもなった、つかこうへい原作の物語は、映画の撮影現場を舞台に、大スタア・銀四郎の子を身篭った恋人・小夏の面倒を、大部屋役者・ヤスが押し付けられるといった展開の愛憎劇。本公演にはその原作にオバカテイスト演出が見事に融合!ベルサイユの薔薇パロディの寸劇には爆笑!自分の座席が最前列だったのもあって、劇中のオスカルに斬りつけられましたww。なんか客席から舞台に引っ張り込まれてた人もいたし、観客いじり好きなんだな~。スクールウォーズネタや、細かいマンガネタの小ギャグとかには、同世代のオフザケ感性が感じられますw。そんな自由自在なお笑いノリが徐々にシリアス路線に舵を切り、クラマックスの”階段落ち”に至るまでにはスッカリ会場は感動モード、この辺の切り返しは演劇らしくてイイ!100人規模の小劇場公演でしたが、その分舞台が近くて迫力たっぷり!めっさ面白かったデス!

FANTOMA公式サイト

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

神田古本まつり

Img_0054
古書の街・神保町でブックフェスティバルが行われていると聞いてやってきましたよ。大通りも裏通りもグワッと出店が立ち並び、どこを見渡しても人・人・人の大賑わい!明治時代に大学が次々創設された時期に学生相手の古書店が立ち並び始めたのがその来歴。一見ゴチャゴチャな感じですが、実は店ごとに専門がある程度決まっているんだとか。まー最近は電子書籍のために古本裁断しまくってるわけで、およそ古書街の敵みたいな自分ではありますが、古地図とか洋書とかは眺めてるだけで楽しいものですよ。他にも”無限紳士”の高橋葉介先生のサイン会をはじめ、ジャズ演奏や道化師等のイベントも豊富、居並ぶ飲食店の出店も楽しみのひとつ、カレーの名店・ボンディのチキンカレーうめー

ちなみに神保町とは、このあたりに屋敷を持った江戸時代の旗本・神保長治に由来するそうですよ

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

Mov521
「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」見ました。若き天才剣士・ダルタニアンとフランスの英雄・三銃士が、祖国の支配を目論むリシュリー枢機卿の企みを阻止するために手を組むといった展開。冷静で聡明なアトス、神に仕える色男・アラミス、怪力無双・ボルトス、三銃士のスタイリッシュな佇まいはめっさカッコヨイ!ここに若くて無鉄砲なダルタニアンが加わり、たった4人で迫る無数の刺客達を蹴散らす姿には惚れ惚れしますな~。さらにフランス・イギリスの二重スパイとして暗躍する女・ミレディがこれまた強くて悪くてセクシーでステキすぎる!さしずめ実写版富士子ちゃんといったオモムキのミラジョヴォ姐さんはやっぱアクションがよく似合うw。三銃士の華麗なる剣劇アクション、狡猾なミレディとの頭脳戦、巨大な飛行船がガンガン撃ち合うダイナミックなバトル、最後まで見せ場たっぷりの極上エンターティメント大作でしたよ!

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [DVD]
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 [DVD]
  • 発売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2012/04/20

| | コメント (0)

2011年10月27日 (木)

小石川後楽園

Img_0036
水道橋あたりをフラフラ散策中に小石川後楽園に立ち寄りしてみましたよ。東京ドームに隣接しているにも関わらず、実は初見学の庭園です。こちらは徳川家康の第11男であり水戸徳川家の祖・徳川頼房、そしてその子・徳川光圀二代にわたって造成された特別史跡。日本三台庭園である岡山の後楽園とは、同じ中国書籍から引用された名前ではあるものの来歴的には無関係らしいです。園内には大きな池があり、その中心には亀をかたどった蓬莱島が配置され、周囲をグルリ散策できるようになっております。巨大な屏風岩に朱塗りの橋、おもむきのある御堂などを見ることができます。徳川家光が手ぬぐいをひっかけていた松と腰掛けていた岩などの記述には江戸の昔に脳内トリップしてしまうな~

ちなみに2月には梅、3月には桜。6月には花菖蒲がみられるそうですよ

小石川後楽園 (1981年) (東京公園文庫〈28〉)
小石川後楽園 (1981年) (東京公園文庫〈28〉)
  • 発売元: 郷学舎
  • 発売日: 1981/08

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

トースター

Img_0028

トースターを買いましたよ。基本的にギリギリまで寝過ごして何も食わずに出勤とゆーのがパターンだったんですが、やっぱ朝飯を生活サイクルに取り入れましょうと思ってみた次第。イザ家電量販店で探してみると価格帯もピンキリで2980円から1万円オーバーまでと、以外に種類があるなぁという感じ。しばし悩むもそんなに自分焼き味の違いなんかわからんだろと思い、リーズナボーな2980円のトースターお買い上げ。家に帰って早速試し焼き、きれいに焼きあがったサクサクのトーストがあっとゆー間に完成!実は喫茶店のトーストセットとか超好きなんで、自宅でやれるなら全然お得ですわな。

これでトーストをくわえながら走って、曲がり角で運命のひとにぶつかる準備は万端ダゼ!

| | コメント (0)

2011年10月25日 (火)

スマグラー おまえの未来を運べ

Mov520
「スマグラー おまえの未来を運べ」見ました。借金返済のためにヤバイ荷物の運び屋になった青年・砧たちのもとに、”背骨”と呼ばれる伝説の殺し屋を運ぶ仕事が舞い込むという展開。最凶最悪の中国系ヒットマン背骨&内臓はじめ、守銭奴ゴスロリ闇金女、寡黙な運び屋のボス、野望溢れるヤクザの女、エキセントリックなサディストヤクザ・・・まーとにかく濃ゆいキャラクターの万国博覧会のよーな世界観がイイわ~。加えて”背骨”の殺人術や変態ヤクザの拷問など映像の見せ方がイマドキぽくて外道カッコヨイ!唯一の一般人・砧の巻き込まれぶりがとにかく悲惨すぎて誰かなんとかして!って感じのジリジリ感がまたスゲー。血みどろ暴力系なんで見るヒト選びますが、このクセのある映像手法と迫力とスピード感はかなりツボったわ~

ただ機関銃相手の”背骨”のCGアクションはちょっとやりすぎかも・・・デキの悪いホラー映画みたくなって面食らってしまった・・・

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

竹取の饗宴

Img_0027
本日はプロジェクト完全終了記念飲み会でございます。本製作期間が終わって少数の居残り組みの残務処理の4ヶ月間でフィニッシュ!よーやく肩の荷がおりましたヨ!そんなこんなでオツカレさまがてらのメンバー招集、既に他方で仕事始まってる人も多い中ご足労頂きありがたや。イザ宴席はじまると当時の賑やかな開発現場の雰囲気が甦るよーでナツカシヤ。新たな環境で難問にぶつかりながらも皆さん頑張っておられるようですな~。ゲ業界はなんだかんだ言っても集団作業の世界なので、単なるエキスパートの寄せ集めよりも、コミュニケーション能力の円滑な集団がいかに価値の高いものかを偉い人はわかってないよなぁ。いろいろ問題もあったけど、こんなまとまりあるチームはほんと稀有でした、またゼヒいっしょに仕事したいですわ~

「竹取の饗宴 神田店」ぐるなびサイト

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

カウボーイ&エイリアン

Mov519
「カウボーイ&エイリアン」見ました。西部劇の時代に襲来したエイリアンにより誘拐された人々を救うため、腕に謎の武器を持つ男・ロネガンとカウボーイ達が立ち向かうといった展開。戦闘機やミサイルなどの近代兵器のない時代にエイリアンがやってきたらどう戦う?みたいなノリはB級ぽくて意外と好きかも。圧倒的な機動力と破壊力のUFO軍団相手に武器はリボルバーとショットガンとダイナマイト、アパッチ族の弓矢という絶望的な弱小戦力で戦うカウボーイ達ガンバッてますw。最近はやりの宇宙侵略モノは超科学を持ってるのに宇宙人そのものは理性があまりないタイプ、ツメが甘くてすぐ罠にひっかかるのよね。最終的にはロネガンの武器と相棒の宇宙人に頼りきった展開で、カウボーイの活躍がすっかり霞んでしまったのが残念だったな~

まータイトルで出オチした感じもありますが、バカバカしくて楽しめましたよ

カウボーイ&エイリアン [DVD]
カウボーイ&エイリアン [DVD]
  • 発売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2012/03/23

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

金王八幡宮

Img_0020
金王八幡宮参拝です。渋谷駅の東口から渋谷警察署の横を抜け、車行き交う明治通りと六本木通りの狭間にひっそり鎮座するこちらのオヤシロ。平安時代には既に渋谷氏という一族が居城跡で、境内には当時の石垣の一部が残されておりました。社名の由来は源頼朝配下の渋谷金王丸という武将で「吾妻鏡」にもその活躍が記載されてるそうです。絢爛豪華な本殿がミゴトだな~と思っていたら、江戸時代には将軍家の崇敬をうけ、あの春日局が造営したんだとか。ちなみに祭神は八幡様こと「応神天皇」であります

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

ブリッツ

Mov518
「ブリッツ」見ました。ロンドンで起こった警察官を狙った連続殺人事件犯”ブリッツ”を追って、暴力的で常識外れのタフガイ刑事・ブラントが立ち向かうといった展開。まーさすが今旬のアクション俳優ジェイソン・ステイサム!彼の演じるブラントが、強引な捜査で犯罪者を追い詰め痛めつけるそのワイルドな男くささはたまらんデス!対する警官殺しのサイコ野郎・ブリッツは最初は天才的な愉快犯といったオモモチだったのが、話が進むにつれてどんどん小物になっていってしまい、最後はその狡猾さやサイコっぷりが消えてしまってやや興ざめ・・・。まーカタキ役の超イヤなヤツというキャラとしては成立してはいたので、ラストのボコボコ制裁はスッキリ胸のすく展開でした!

一応バディものですが、ゲイの刑事は相棒としては少々印象薄かったのが残念

ブリッツ [Blu-ray]
ブリッツ [Blu-ray]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2012/03/02

| | コメント (2)

2011年10月20日 (木)

brainjack

Img_0016
オサレな街・代官山にて”brainjack”とゆーイベントに参加して参りましたよ。ライブハウスを借り切って行われる参加型頭脳系イベントで、雰囲気的には以前参加したリアル脱出ゲーム系のノリで今回のテーマは秋の大運動会という設定で、会場内に張り出された謎を解読するとゆーもの。開始前にスタッフからの説明を受けて、イザゲーム開始!会場を移動しながら問題の前で頭を捻り、解答用紙を埋めていくわけですが、やはりこの手のイベントは前半サクサク後半ムムム・・・と一気に思考が突き当たる展開。制限時間が近づくほどに焦ってますます考えまとまらなくなり、今回もお約束どおりに時間切れ・・・・これで頭脳系イベント4連敗ですよ・・・トホー。まーでもお値段手軽で難度も程よく気軽に楽しめる内容でしたよ

ただ解答チェックスタッフのミスジャッジで、後半の展開がドン詰まりになってしまったのが心残りでめっさクヤシンス

「brainjack」公式サイト

| | コメント (0)

2011年10月19日 (水)

AKIRA

Img_0003
同僚さんが廃棄処分する予定だった「AKIRA」を自炊用に頂きました。1982年刊とゆーことはもう30年前のマンガになるわけか~。大友克洋の代表作ともいえるこのマンガはサイバーパンクの草分け的存在、その緻密な描写とリアルな設定と世界観がめっさ新しくてカッコよかったとゆーことで、「童夢」とか「さよならにっぽん」とか一時期ずいぶん大友作品は買いあさったものデス。そんなこんなで20年ぶりくらいに読み返したら内容忘れてるトコ多くて意外に新鮮、やっぱ鉄雄の狂人ぷりは今見てもイカすな!

サイズがデカくて保管がアレだったこの作品、ひとしきり読み終えたら自炊しまっす

AKIRA(1) (KCデラックス 11)
AKIRA(1) (KCデラックス 11)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 1984/09/14

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

電人ザボーガー

Mov517
「電人ザボーガー」見ました。世界制覇を企む秘密結社シグマの野望を阻止するために、秘密刑事・大門豊と電人・ザボーガーのコンビが立ち向かうという70年代特撮ヒーローリメイク作品。第一部青年編は原作の世界をしっかり再現、バカで暑苦しい熱血漢・大門のセリフまわしやアクションには昭和の特撮が感じられてオッサン的には血潮滾りる!ザボーガーもバイクに変形し、カッター、チェーンパンチ・速射砲とオリジナルを再現しながら程よく安っぽいリメイクがされててカッコヨイ!第二部は25年後に舞台を移し、正義の矛盾に葛藤しながらうらぶれた板尾創路・大門が哀感溢れてたまらんな~。現実に打ちのめされて気力を失ったオッサン大門が再び燃える正義の心を取り戻していく姿には、世の中のザボーガー世代に対するエールのようにも感じられますなぁ。正統派の特撮にB級カルトな井口監督らしい、スプラッタ・オタク・水着女子高生・エログロが混ざりこんでますが、そこも含めてニヤニヤ失笑させられマス。それでいてクライマックスはググッ!とテンション跳ね上がっていき、不覚にもラストには涙させられるこのスタイルもツボ!超B級ヒーロー完全復活でめっさ面白かったな~

エンドロールのオリジナルと見比べると、結構忠実に再現されてる場面が多いのでそこもチェック!

『電人ザボーガー』スタンダードエディション [Blu-ray]
『電人ザボーガー』スタンダードエディション [Blu-ray]
  • 発売元: キングレコード
  • 発売日: 2012/03/28

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

Mov516
「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」見ました。第二次世界大戦中のアメリカ、喘息持ちで虚弱体質、しかし正義感は人一倍ある青年スティーブが陸軍に入隊し、強化兵士計画によって無敵の戦士キャプテン・アメリカとして生まれ変わるといった展開。アメコミの老舗マーベル社のヒーローの中でも最古参組、あらゆる攻撃を防ぐヴィブラニウムのシールドを片手に戦うキャプテン・アメリカがついに実写化ですよ!まー正義とか愛国心とか弱いものを救う勇気と、その直情的なスピリッツはまさにTHEアメリカーン!宿敵・ヒドラ党のレッドスカルとのバトルは、キャプテン・アメリカが基本的には特殊能力薄めの肉弾戦オンリーのキャラなんで、どうしても他のヒーローに比べてアクションは地味な印象。物語もいろいろなモヤモヤを残したままフィニッシュしてしまい、”アベンジャーズ”につながる序章と考えるべき内容に収まった感じもしたかなぁ

まーでも個人的にはエンドロール後のアベンジャーズのトレイラーには本編以上にテンションあがりまくりでした!来年夏公開が待ち遠しいッ!

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー  ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 発売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2012/02/24

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

しゃぼん玉のお城

Img_3091
一番高いところからハイチーズと甥っ子ちゃん。

彫刻の森美術館にあった展示品の中に”しゃぼん玉のお城”とゆー作品があり、実質これは子供の遊具!緩やかな傾斜で構成された透明な板とパイプの巨大ジャングルジムみたいなこの遊具は、家族連れの子供たちで大賑わい!甥っ子ちゃんもテンションダダ上がりで歓声あげながら飛び込んでいきましたよ!とはいえやっぱり最初は勝手がわからず、登るも下るもおっかなビックリ、下層のエリアをチマチマ出たり入ったりしてましたが、慣れてきたらスルスルと最上部まで登っていけるようになってましたよ!すげーな甥っ子ちゃん!アートばっかりで退屈するかと思ったら遊ぶところいっぱいでよかったな~

| | コメント (0)

箱根彫刻の森美術館

Img_3110
箱根彫刻の森美術館にやってきましたよ、うわさにはよく聞くも実際見るのは初めて、これが眼前に開かれる青空と箱根の山々の眺望が美しい開放的な空間にオドロキ!緑の香る空気もうまいし、なんともすばらしいロケーション。同行のメンバーも多かったので、チームを分けて九州のおじいちゃん、岩手のおばあちゃんと共に行動、敷地内に立ち並ぶ無数の彫刻を見ながら散策、ピカソ館にて屋内展示を挟み、疲れたころにはカフェがあって、冷たいものを飲みながら一休みとよく考えられてますなぁ。個人的には地味ながら足湯がポイント高し!15分もつかってると足の疲れがすっかりとれて、後半戦が非常に楽!なんだかんだで3時間、基本的にアート音痴な自分ですが、高原の空気の気持ちよさも手伝って心地よい一日でしたな~

「箱根彫刻の森美術館」公式サイト

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

箱根強羅温泉

Img_3081
箱根ロマンスカーで一路箱根湯本、箱根登山鉄道で強羅、さらにケーブルカーで中強羅と大移動して親戚一同で温泉地へやってきましたよ。さー何はなくとも温泉はいりましょう!と、甥っ子ちゃんと一緒にイザ入泉。ちょっと子供には熱いのか、湯船の縁でモニャモニャしとりますw。でもムリヤリ入れようとすると”自分で入るの決めるから!”とキッパリ答えるのでしばし静観。右足入れて・・・左足入れて・・・また出て・・・みたいなことを繰り返しながらようやく温泉につかってましたよ。イザつかるとテンション高くなってロマンスカーごっこと言いながら湯船の中を右に左にジャバジャバ大移動、おじさんはどうやらケーブルカーらしいですw。まーそんな平和もつかの間、ちょっと目を放した瞬間に走って滑って転んで大泣き!オロオロ、あぁ甥っ子ちゃん泣かないでとあやすも最早ダメ、慌ててバスタオルでグルグルに包んでお母さんのいる女湯にダッシュさせました・・・ダッシュできるくらいなんだから、もう大丈夫やんと思いましたが、このビックリを止められるのはやっぱお母さんだけよね

ちなみに次の入泉時は過剰にそろ~りと風呂場を歩いてましたよ、またひとつ人生を学んだな、ウン

| | コメント (0)

ダンス

Img_3055
本日は朝6時起き(!) 九州のおじいちゃん、おばあちゃん共々、2年連続甥っ子ちゃんの運動会見学~。加えて岩手のおばあちゃんまで参加したので今年は選手ひとりに応援6人とゆー陣容であります。さすがに2歳の時より難度の高い種目になっていますな~。最初の競技は頭巾をほっかむりして、手に印を結びながら、忍たま乱太郎に扮した忍者障害物競走~。自分の背より高いような障害物をはいあがる甥っ子ちゃんに一同歓声ですよw。続いてBGM”100%勇気”でお贈りする忍たまダンス!黄色いポンポン振りながらこれまた一生懸命フリフリ踊ってて微笑ましや。なんだか知らんですが3歳は忍たま押しですなw。最後はお母さんといっしょにダンスで締め!去年のフニャフニャした感じに比べると明らかに運動性能があがっちょります!金メダルもらえてよかったな~(たぶん全児童もらってるけど)

| | コメント (0)

2011年10月14日 (金)

iPhone4S

Img_3042
iPhone4Sようやくゲト~

いやー苦労した苦労した、ソフトバンクのシステムが朝っぱらからダウンしまくり、復旧と再ダウンを繰り返してブツはあれども入手できずで、客側はイライラ売る側はハラハラ、最初は復旧にかかる時間も販売可能なタイミングも全くわからない状態、まー大本のソフトバンクの不具合だから小売の兄ちゃんいじめてもしょうがないし、何度かスカされながら結局小売店でじっと2時間待ち続けてようやく入手完了しましたよ。ハァ。まーでもシステムダウンは回復しなかったようで、本体手に入れても未開通で電話としては使えない状態・・・3GSからの運用キリカエのタイミングは後日に持ち越しとゆー結末で、ソフトバンクちょっとゴタつきすぎですがな。まーでもとりあえず起動してみると4から高解像度化した画面は妙にシャープでクッキリしてます、はやいとこ本使用にしたい!

「iPhone4S」ソフトバンクモバイルサイト

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

夜明けの街で

Mov515
「夜明けの街で」見ました。平凡で幸せな家庭を持つ中年サラリーマン・渡部がミステリアスな派遣社員・秋葉と出会い、理性では止めようと思いながら次第に彼女との関係が深まっていくといった展開。”不倫なんてバカのすることだ”という渡部の考えとは裏腹に、天真爛漫で健気で陰のある寂しさを持つ秋葉に惹かれていく男の身勝手さは、個人的には理解の及ばない領域なのでいろいろ疑問符があって感情移入しにくいところ・・・。勝手に盛り上がって勝手に思いつめる渡部の深刻な滑稽感とは対照的に、重い過去を背負った秋葉の生い立ちも少々迂遠な感じのする復讐劇で腑に落ちない感じ。双方さまざまな思いを秘めて関係を清算する姿にも特に感慨はなく、全てを見通していた渡部の妻・有美子には後味の悪い空恐ろしさを感じながらも、それは渡部の自業自得だろと冷笑的にしか見れなかったなぁ

夜明けの街で 特別版 [DVD]
夜明けの街で 特別版 [DVD]
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2012/03/23

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

エアコン工事

Img_3040
朝もはよから業者さんがやってきて部屋のエアコンのつけかえ工事。玄関のチャイムが実は壊れっぱなしで全く鳴らず、朝一の業者さんの訪問に気がつかず爆睡モード。外壁に組まれた足場をバタバタ移動する音でようやく気がついたとゆーていたらくだったわけですがナ。まー今年は節電とゆーこともあって冷房なしでこの夏乗り越えたので、あんまつかってなかったわけですが、湯沸かし器といい火災報知機といい、結構大家さんのほうから定期的にメンテナンスが行われるのはあるイミ優良な物件だったのかも。

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

ツレがうつになりまして。

Mov514
「ツレがうつになりまして。」見ました。結婚5年目の夫婦ハルとツレ、ある日夫のツレが仕事のストレスが原因でうつ病になった事をきっかけに、ふたりの生活に変化が起こるといった展開。原作は実話ベースのエッセイマンガ。夫のうつ病という過酷な状況中で、日々気持ちが振り子のように揺れる夫・ツレの苦悩を、決して不幸と捕らえず前向きに献身的に接する妻・ハルの愛情溢れる姿に心打たれます。がんばりすぎないをモットーとして、日々手探りで失敗も繰り返しながらツレを暖かくサポートし、互いを支えあって困難を克服していく生活の中で夫婦の絆をさらに深めていく姿からは”ふたり”で生きることで得られる”救い”と”強さ”のようなものが感じられました

うつ病が若干コミカルには描かれていますが、その裏に潜む現実は作中に描かれなかったさまざまな苦難もあったんだろうなぁ

ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]
ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]
  • 発売元: キングレコード
  • 発売日: 2012/04/13

| | コメント (2)

2011年10月10日 (月)

ドラゴンクエスト展

Img_3037
六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで始まった「ドラゴンクエスト展」を見てきましたよ。てっきり普通に展示品を見るだけかと思ったら、中ではまさかのRPG仕立てのイベントが!入り口で配られる冒険の書の中にかかれた秘密を解けとの指示があり、会場内に隠されたヒントを探し当てるとゆー感じ。とにかく人が多くて捜索もなかなかシンドイ感じでしたが、なんとか竜王の城へ到達、めでたく竜王を倒すことで記念品ゲトとゆー流れ。まぁ子供向けイベントではありますが。その後ようやく鳥山明のイラストや、堀井雄二の企画書、すぎやまこういちの楽譜、歴代販促品などが落ち着いて見れるコーナーへ。まぁⅠから全てリアルタイムでやってる世代としてはやはり見ておくかとゆー感じ。ただ次回作ドラゴンクエストXはネトゲなんですよな、個人的には若干敷居高いんだけどドラクエだしなぁ・・・

「ドラゴンクエスト展」公式サイト

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

花園神社

Img_3038
花園神社参拝です。日本最大の繁華街新宿のビルの隙間にひっそり佇む古式ゆかしいオヤシロは稲荷社の系譜、祭神は稲荷神であり穀物の神「ウカノミタマ」。江戸期に尾張藩邸の花園跡に移設されたことからが現在の花園神社の名称の由来なんだそーです。高層ビルに挟まれた裏参道は現代と江戸がクロスオーバーしているような不思議な空間ですな~。ちなみに11月は大規模な酉の市が開かれることも有名デス

| | コメント (0)

2011年10月 8日 (土)

オーデュボンの祈り

Img_3031

本日は三軒茶屋にて伊坂幸太郎原作の演劇”オーデュボンの祈り”を鑑賞してまいりましたよ。伊坂作品は映画のほうでは何作か見ていて、その巧妙な複線と回収の心地よさがツボってファンになっていたので演劇もその流れで興味をもった次第。本土でコンビニ強盗を起こしたはずのイトウが、江戸時代から鎖国を続ける”荻島”に自分が居る事に気づく。ウソしかつかない画家、島公認の死刑執行人、大きく太ったウサギ女と不思議な島民達に次々出会い、ついには人語を解し未来を予知できるカカシに出会うという展開。荒唐無稽でシュールな世界観の中で、一見意味不明に思える島民たちの奇行の数々の理由が徐々に紐解かれ関連してくる流れはまさに伊坂節!まぁ原作未読だったのもあってか、全体的に設定が難解で、状況を把握するのがシンドかったな~。クライマックスの”島に欠けたもの”の正体も脈絡のない答えのように感じたのは自分の理解が及ばなかったのか、少々拍子抜けたかも・・・

「オーデュボンの祈り」公式サイト

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

猿の惑星 創世記

Mov513
「猿の惑星 創世記」見ました。アルツハイマーの特効薬の研究をする化学者・ウィルによって生み出された高度の知能を持つチンパンジー・シーザーが、過酷な経験を経て人類に反旗を翻すといった展開。SF映画の金字塔”猿の惑星”の世界が誕生した理由を紐解くプロローグ・ストーリーは、オリジナルとはテイストが随分変わっていますが、孤独な存在であるシーザーの苦悩と決意がズンと響いてくるようなドラマ性がオミゴト!愛情、裏切り、怒り、決意、そして自由を求めて戦うシーザーの行動は人間以上に人間らしく、身勝手な人類のほうが異質で醜悪な存在に描かれ、猿たちへドンドン感情移入させられます。クライマックスの猿軍団vs人類も息もつかせぬ展開で繰り広げられるアクションは迫力充分!近代兵器に対抗する戦術もアイデア満載でめっさ面白かったな~

エンドロールにおける”猿の惑星”本編へのプロセスを案じさせる映像もツボ。パイロットがニューヨーク行きの便に乗るところとかもね

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]
猿の惑星:創世記(ジェネシス) [Blu-ray]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
  • 発売日: 2012/07/18

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

幸せパズル

Mov512
「幸せパズル」見ました。忙しい日々の生活に追われる平凡な主婦・マリアが50歳の誕生日にプレゼントされたジグソーパズルをきっかけにその才能を開花させるといった展開。自分の誕生日だというのに台所にこもりっぱなしで来客をもてなし、日々の生活の中でも気の利かない夫や自分勝手な息子たちを相手にささいなストレスが蓄積していくマリアの姿は、年月を経た女性のリアルさが表現されています。そんな彼女がパズルをきっかけに、大富豪の紳士・ロベルトと出会い、日常から離れてパズルを楽しめる優雅な時間との対比が印象的です。夢のような生活とトラブル続きの現実の中で、マリアが最後に選んだ答えには、自分というパズルの1ピースがふさわしくおさまるべき場所を誰よりも理解していた女性の強さと小気味よさが感じられたなぁ

幸せパズル [DVD]
幸せパズル [DVD]
  • 発売元: アルバトロス
  • 発売日: 2012/04/04

| | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

桜 稲垣早希の目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅

Neta306

ニュース番組以外では唯一欠かさず見ている深夜番組「ロケみつ」の名物コーナー、ブログ旅。エヴァンゲリオンのアスカのモノマネ・コスプレ芸人・早希ちゃんとスタッフのかけあいがミョーにツボはいってしまい、関西編、四国編とずっと見てきて只今第三章、中国・九州の西日本編も佳境にはいってまいりました。まー電波少年や水曜どうでしょう以降よくみる若手芸人使った旅企画はなんだかんだで結構好きなんで、ついつい見てしまいますな~。加えて自分自身が歴史メイニアの旅好きなんで、国内モノだと有名な史跡や寺社仏閣とかでてくると結構テンションあがるとゆー罠だったり。この番組見ると旅行行きたくなるんだよな~、久々九州とか行ってみたい

ロケみつ~ロケ×ロケ×ロケ~ 桜 稲垣早希の西日本横断ブログ旅11 カニの巻 [DVD]
ロケみつ~ロケ×ロケ×ロケ~ 桜 稲垣早希の西日本横断ブログ旅11 カニの巻 [DVD]
  • 発売元: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日: 2011/09/28

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

天国からのエール

Mov511
「天国からのエール」見ました。沖縄を舞台に小さな弁当屋の店主・大城が、地元の高校生達のために手作りの音楽スタジオを建設し無料で解放するといった展開。縁もゆかりもない高校生たちのために私財を投げうって”場”を提供し、きまりを守らないものを叱り飛ばし、ケンカした若者の仲裁に骨を折り、やさぐれた不良少年相手に家にまで赴いて説得し、若者達の悩みを一緒に真剣に考えてくれる大城の厳しく暖かいおせっかいが爽やかな心地よさを感じさせます。昔は力を貸してくれる大人たちがたくさんいたけれども、今はそういうことがなくなってしまったという大城の言葉には、人と人の結びつきが希薄になっている時代への危機感が感じられ、そんな世の中にもう一度人から人へ”生きる力”を伝えようと懸命に語りかける姿は素直に心に訴えかけるものがありました

天国からのエール プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]
天国からのエール プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2012/05/02

| | コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

極道めし

Mov510
「極道めし」見ました。傷害事件で刑務所にはいった新入り・栗原が、同室になった受刑者達と正月のおせち料理を賭けて”娑婆で食った一番美味い飯”のエピソードを競いあうといった展開。大物ヤクザ、元プロレスラー、テキ屋、ホストとバラエティにとんだ囚人達によるメシにまつわる話がオムニバス形式で進み、それぞれが感動アリ笑いアリ涙アリでホント面白い!一見するとただの食べ物の話ですが、実は母親、息子、恋人、家族・・・一緒に食べた大切な人との思い出でもあるトコロが人間関係を断たれた塀の中の男達の寂しさと後悔をも感じさせます。現実を受け止められずにいた栗原が、同室のメンバーとぶつかりながら少しづつ心を開く姿には心温まり、待ちわびていた出所後の現実との邂逅には思わず目頭熱くなってしまったな~

まーとにかく生唾と屁の音が印象残ってしょうがない、グルメ人情物語でしたよ

極道めし [DVD]
極道めし [DVD]
  • 発売元: キングレコード
  • 発売日: 2012/05/23

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

青山霊園

Img_3025

青山霊園にやってきましたよ。明治政府によって作られた日本初の公共墓地で、必然明治期以降の人物のお墓がたくさんあるわけで、歴史メイニア的には一度はゆっくり散策したかったスポット。とりあえずあまりに広いので管理事務所にて著名人のお墓MAPをゲト、地図を片手に墓地を練り歩きながら見つかる見つかる著名人の墓地。大久保利通、後藤新平、広瀬武雄、野津道貫、秋山好古、川上操六、副島種臣・・・明治維新から日露戦争にかけての名士達がズラリ!エリアは狭いですが外国人墓地もあり、金玉均やキヨッソーネの墓所も発見できましたよ。一部鳥居がかかった墓所もあるのはいわゆる軍神となった人達なんですかね。なんだかんだで2時間以上墓地をウロウロ、かなりマニアックですが大変興味深い場所でした

ちなみに青山ってのは地名だと思ってたらこのあたりに居を構えてた青山家が素になってるそうですよ、そうか人名だったのか~

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

目黒寄生虫館

Img_3004

8.8mの巨大サナダムシの標本ばーん!

本日は目黒寄生虫館にやってきましたよ、不景気の世の中サイフに優しい入場料タダの世界で唯一の寄生虫専門の博物館!ガラスケースの収められた摩訶不思議な寄生虫のフォルムは生々しさ全開!アニサキスとか見るとしばらく素麺が食べられない~(笑)。寄生虫による症例を説明したパネルの中には玉袋が異常に肥大化した陰嚢水腫の写真が凶悪なインパクト、あの西郷隆盛も罹患していたといわれる病気ですよな。そして意外なことにミュージアムショップも併設されており、サナダムシTシャツとかなかなかマニアックなデザインの商品が販売されておりましたよ~

「目黒寄生虫館」公式サイト

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »