« 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 | トップページ | 神田スカイツリー »

2011年2月16日 (水)

プロレスリング・ノア

Dsc01197

本日は後楽園ホールにて日本三大メジャープロレス団体の一角・ノアの興行に行ってきましたよ。三沢が死去してからは初観戦、絶対王者・小橋も欠場中ではありましたが、それでも丸藤、杉浦、秋山、田上・・・それぞれがノアらしい王道のプロレスをきっちり継承していました!久々に見るノアにはキラリと光る若武者レスラーも躍動!石森太二の小柄な体で軽快に動く俊敏性、中島克彦のキレ味鋭い蹴り技とフレッシュな顔ぶれとファイトもイイ!無論ベテランも見所十分!小川良成の老獪な試合巧者っぷりや、健介のチョップはやっぱシビれる!とりわけフェイバリットレスラー・高山善廣はデカいし迫力あるし相変わらずカッコヨすぎ!メインイベント・新日本に流出したベルトを賭けてのタッグマッチはノアの杉浦・斉藤組の敗退、バーナードはデカくてヒールっぷりが板についてて良かったわ~。個人的なMVPはリッキー・マルビン、キレキレで華麗な空中技は見ていてスカッとしてイカしすぎでしょう!お笑い、パワー対決、空中技。あらゆる要素のキッチリつまった正統派プロレスここにありって感じの興行でした!

まーイチバン驚いたのは志賀賢太郎がパンチパーマで鼠先輩みたいなイメチェンしてたコトでした。いつのまにアニキキャラに・・・

「プロレスリング・ノア」公式サイト

|

« 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 | トップページ | 神田スカイツリー »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 | トップページ | 神田スカイツリー »