« 伊藤課長 | トップページ | リーグ戦 »

2011年1月21日 (金)

僕と妻の1778の物語

Mov412

「僕と妻の1778の物語」見ました。余命1年と宣告された妻・節子のために、夫であるSF作家の朔太郎は1日1遍の短い小説を書き始めるといったオハナシ。実話を基にしたエピソードということもあり、日々弱っていく節子を元気付けるために短編小説を書き綴る朔太郎の献身的な姿には素直に心打たれます。1778編の物語は劇中4~5本披露され、CGをもって描かれる奇妙で突飛なSFがなんとも独特なアクセントになっていたように思います。最愛の人を失うことが分かったときに人はどのようにしてその最後の時間を過ごすものなのか、書き続ける朔太郎、読み続ける節子、二人の間だけに成立する小説を通した心の交流でありながら、悲しみを紛らす別れの儀式でもあったんだろうなぁ

僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションDVD
僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションDVD
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2011/07/09

|

« 伊藤課長 | トップページ | リーグ戦 »

映画’11」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊藤課長 | トップページ | リーグ戦 »