« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

金貨

Kamiza058

錬金術師・ヒカリ。機甲兵団・メタルフェイスの研究室副主任。軍団長・ワイズマンの片腕として兵器開発部門における重要な地位にある。自分の才能の顕示すべくために超錬金術を武器に、密かに軍団長の座を狙う野心家でもある

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

屋台ラーメン

Img_1260

記録的だった猛暑もようやく落ち着いたかと思ったら、今度は逆に寒いくらいの気候になりましたな~。仕事も夜遅くなるケースが増えてきたので、涼しさ+空腹効果で帰り道すがらのこんな屋台ラーメンに引きずり込まれる今日この頃。ウマイラーメン屋なんかイッパイあるんですが、たいしてうまくもない屋台ラーメンの、独特の侘しさというか、うらぶれ感というか、突発イベント的に食いたくなりますよな。注文待ちの間にゆで卵1個頼イタダクのはお約束、醤油ラーメンに死ぬほど湖沼振ってズルズルズビーとすする深夜のラーメンの美味さは格別すぎる!まー気がつけば零時をまわってるのに禁を破って食ってしまいましたが、ダイエットの神様にはお願い見ないでプリーズ

| | コメント (3)

2010年9月28日 (火)

おにいちゃんのハナビ

Mov369
「おにいちゃんのハナビ」見ました。新潟のとある田舎町を舞台に、難病を患った妹・華が、ひきこもりの兄・太郎の閉ざされた心を解き放っていくという物語。嫌なことを全てヒトのせいにしてひきこもるウジウジした太郎に対して、天真爛漫に兄を慕う華ちゃんがとても魅力的なんデス!病気と闘いながら弱音を吐かず、一心に家族のコトを思いやる華を見て、太郎も勇気を出して徐々に他人と関わるように変化していく姿に胸打たれます。治療の甲斐なく華が息を引き取り、再び絶望の淵に立たされた太郎が、華の残したメッセージで生きる力を取り戻し、華の願いであった大きな花火を打ち上げるために一心不乱に努力を重ねる姿にもはや号泣、生きたくても生きれなかった華、生きれるのに生きようとしなかった太郎、心の闇を無償の愛で浄化する哀しくも心温まる物語に久々にガッツリ泣かされてしまいました!上映館が少なすぎるのがもったいないくらいイイ映画!間違いなくオススメデス!

おにいちゃんのハナビ [Blu-ray]
おにいちゃんのハナビ [Blu-ray]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2011/02/25

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

国勢調査

Img_1268

デカイ封筒がポストにぶっささってたと思ったら国勢調査ですか。なんか調査員が何度も来たらしいですが、一人暮らしの世帯主は忙しいので自宅にはそうおらんですよ。しかし国勢調査、存在は知ってましたが実際回答した記憶がとんとありません。せっかくなんで真面目に記入してみることにしましたが、家族構成・住んでる場所・勤め先・学歴や年齢、なんかこんなもん区役所のほうで全部登録してありそうなもんですが、わざわざこんな大々的にベツクチでやる必要あるのかしらコレ。ちなみに国勢調査の最も古い記録ってのは5000年以上前の古代バビロニアなんだそーで、そう考えるとこんな紙切れにも歴史ロマンを感じますな~

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

ギャラリー

Img_1261

絶賛休日出勤中でしたが、ダイレクトメールを頂いておった会社の後輩さんが催すグループ展を見学するため、ちょっと抜け出してイザ会場へ。まーしかし学生時代の仲間とこーゆーイベントこなせるのはいいよね~、自分も若気の至りで1回やりましたが、今考えるとソートー残念な作品をさらした記憶が甦る(赤面)。まーしかし後輩さんらはさすが美大で勉強したグループ、イラスト系・コラージュ系・立体系と三者三様、立派な作品が展示されておりました。しかし会社の仕事忙しいのによくまぁ自分の作品つくる時間があったなーと感心しきり。聞くとここ数日は睡眠時間バリ削りだったそーです、若いってスバラシイね、そのバイタリティーたるや見習いたい、ウラヤマシス

「オレンジギャラリー」公式サイト

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

十三人の刺客

Mov368
「十三人の刺客」見ました。悪逆非道の数々を尽くす将軍の弟・松平斉韶を討つために、幕府老中からの密命を受けた島田新座衛門が仲間を集い命を賭した戦いに身を投じるといった展開。1963年に公開された映画のリメイクもの、ダイナミックで血湧き肉踊るコテコテ濃厚王道チャンバラ劇!完璧なる悪を描ききった斉韶のサイコっぷりが凄まじい!稲垣吾郎の無感情な悪役がえらくハマってたな~。13人のサムライ達も浪人剣客・九十郎、いぶし銀な魅力光る老剣士・倉永、皆が皆個性的でカッコヨイ!中でも山で生きる杣人・小弥太のマンガノリ、俊敏・頑丈・単細胞、投石、ドロップキック、岸辺一徳ア”-ッ!(笑)などなど、ひとり好き放題でオモシロすぎ!山場である後半の超長尺な大立ち回りは圧巻!13人の仲間が一人欠け、二人欠け、天下万民の為に命を賭した男達の血みどろの殲滅戦はあらゆるチャンバラ要素を突っ込んだ迫力満点な映像!久々に見る豪快で骨太で男くさい剣劇アクションでした!

十三人の刺客<Blu-ray>通常版
十三人の刺客<Blu-ray>通常版
  • 発売元: 東宝
  • 発売日: 2011/05/27

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

大長編ドラえもん

Img_1259

大長編ドラキター!思えば小学生の頃にコロコロコミックをリアルタイムで読んでた世代、毎月ワクワクしながら続きを待ってたことを思い出すわ~。今回は恐竜・宇宙開拓史・大魔境の3作が収録されてますが、大長編の中でも名作は初期にやっぱり多いんですよな。気がつけば30周年とゆー長きに渡って公開され続ける映画版ドラえもんですが、やはり第一作目にあたる「のび太の恐竜」が今でもイチバン面白いと思うな~。近年再映画化されたりもしましたが、ピー助がやっぱ愛らしすぎます!映画のジャイアン男前の法則もここから始まってるし!久々に読み返してみても、やはりドラえもんは心のバイブルと再認識。イイ

藤子・F・不二雄大全集 大長編ドラえもん 1
藤子・F・不二雄大全集 大長編ドラえもん 1
  • 発売元: 小学館
  • 発売日: 2010/09/24

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

×ゲーム

Mov367

「×ゲーム」見ました。小学生の時にイジメに加担した4人の元同級生が拉致・監禁され、かつて”罰ゲーム”と称していたイジメを自らが受けることになるといった展開。釘椅子に座らされたり、焼きごてを当てたり、様々な拷問によって苦痛を与え、かつての恨みを執拗に晴らしていく姿はとにかく痛々しくて見ていて疲れました。イジメた側はほんの遊び半分の気持ちであったとしても、イジメを受けたものの”恨み”は決して晴れることがないという現実は確かににあると思います。心を歪め感情を失った被害者たちが、自己正当化をして復讐を履行するというプロセスは暴力的な抑止効果を狙っているのかもしれませんが、あまりに行いが無法すぎて、最終的には気味の悪いカルト映画って印象しか残らなかったかなぁ

×ゲーム [DVD]
×ゲーム [DVD]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2011/02/04

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

鬼金棒

Img_1258

さーてぼちぼちいそがしくなってきたので外食モードがさらにアップ!本日は神田駅近くのカラシビ味噌らー麺で夕飯であります。まー辛いラーメンはよくありますが、コチラは花椒が効いててピリピリシビれる感覚が独特で、どんどん汗が噴出してまいります、ヒーハー。最初食べたときはあまりウマイと思わなかったんですが、1週間くらいたつと、ムズムズと食いたくなって、今ではわりに好きになってる不思議な常習性があります。ちなみにお店の名前は鬼金棒と書いて”きかんぼう”と読むそーですよ

ちなみに店内BGMに怪しげな太鼓の音がドンドコドンドコ鳴ってますが、あれって何?

「鬼金棒」食べログサイト

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

THE LAST MESSAGE 海猿

Mov366
「THE LAST MESSAGE 海猿」見ました。海上の天然ガスプラント「レガリア」で起こった事故の救出作業のために派遣された海上保安官・仙崎と要救助者達が、大型台風と二次災害によって施設内に取り残されるといった展開。1作目、2作目あたりは原作の熱さを上手に活かしていて結構好きな作品でしたが、3作目となる今回は事故の規模は過去最大ながらも、仙崎の活躍が物足りなかった印象。メッセージ性が強いというには少々クドすぎ、家族愛も海保魂も個人個人の想いの述懐が手を変え品を変えただ言葉で垂れ流されただけで、アクションとあまりリンクしなくて結果感動未満な感じだったかなぁ。最終的に仙崎が救出される側なのもどこか消化不良、ラストの顛末も2作目の吉岡とシチュエーションがダダかぶりだったのも興が冷めた理由のひとつかも。ヒット作品でもう一儲けを狙ってみたけど3匹目のドジョウはいなかったとゆー見本のような続編モノでしたなぁ、残念

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]
THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [Blu-ray]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2011/04/06

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

ポケットモンスターホワイト

Neta277

怪物ソフト・ポケモンの最新作がリリースされたので、ここはやっぱり研究用に一本ゲット。パッケージのポケモンのデザインが好みだったのがゼクロムのほうだったのでホワイトにしてみました。ピカチュウなどのおなじみのポケモンらが登場せず、今作ではリニューアルされた新しいポケモンなんだそーですな。500万本超えのケタ違いの売れ行きを見せるポケモンシリーズ、ドラクエやFFよりやや遅れて1996年に登場したわけですが、当時既に社会人だったとゆーこともあってか、実はこれまで1度もクリアしてないとゆー事実。ドラクエ9ですっかり燃え尽き症候群で、ここ3ヶ月ほとんどゲームやってなかったわけですが、そろそろなんかやっとかんとなってことで、初ポケモン・ホワイトを地道に攻略開始します~

ポケットモンスター ホワイト
ポケットモンスター ホワイト
  • 発売元: 任天堂
  • 発売日: 2010/09/18

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

夜の遊園地からの脱出

Img_1254

東京リアル脱出ゲーム6「夜の遊園地からの脱出」に参加してきましたよ~。前回から一転場所はよみうりランドを借り切っての大規模なもので、なんと参加者は1000人!渡された問題を読み解きながら、施設内の謎を解きつつの脱出を目指すこのイベント。謎の内容はネタバレなので秘密にしておきますが、とにかく今回は会場がデカイので、結構アチコチ歩き回らされて、頭以上に体力消耗する感じ、汗だくなりながら右往左往、老体にはキツイってコレわ!結構イイトコまで進んだものの、あとわずかの謎が解けずに今回も脱出失敗ゲームオーバー・・・。脱出成功者は65人ってことなんで6%くらいだったようですが、あークヤシイ!悔しすぎる!ムキー!こらまた次回も参加するしか!

「東京リアル脱出ゲーム」公式サイト

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

闘劇'10

Img_1243

TGSと同時開催で、格闘ゲームの祭典・闘劇'10が行われておりました~。まーこちとらゲーメスト時代からの格闘ゲームファン、最近はスト4のおかげで久々にやり始めたオールドゲーマーなんで、大会の存在自体は知ってたんですがな。せっかくなんで見学してみましたが、たかがゲームされどゲーム、予想以上に会場の熱気が凄まじい!ギルティギアの決勝戦はギャラリーみんなで連続技が決まる度に”ハイ!ハイ!ハ~イ!”と大絶叫!ホンモノの格闘技イベントに勝るとも劣らない盛り上がり!いや、これはオモシロかったし見応えあった!惜しむらくはスパ4の大会が明日ってコト!ウメハラとかの試合を生観戦してみたかったな~

ちなみに会場隅にはスパⅣアーケードエディションが設置されていて、新キャラのユン・ヤンがイイ動きしてました!散々並んでプレイしましたが瞬殺されました・・。まー闘劇会場だし、そら猛者だらけですわな

| | コメント (0)

東京ゲームショウ2010

Img_1240

TGSに行ってきましたよin幕張メッセ。ゲーム業界危機説はどこ吹く風か一般日は相変わらずの大盛況、海外メディアやコスプレイヤーもたくさん闊歩しております。今年はMSのキネクト、SONYのMoveと家庭用ゲーム機はWiiに追従してモーションセンサー華盛り。まーでもWiiで大概やったし、日本の家庭事情には合わないような気がしますがどうなんでしょう。オールドゲームファン的には意外と今回気になるタイトル目白押し、カプコンのモンハン3・マブカプ3・逆転検事2、セガの龍が如くOfTheEnd、レベルファイブの二ノ国、スクエニのタクティクス・オウガ、SCEのトリコ・・・これらに任天堂の3DSが加わってくるし、意外とやりたいものがイッパイあるなぁと再確認。ガンバレゲーム業界、みんなもっとゲームしようぜ!

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

君が踊る、夏

Mov365
「君が踊る、夏」見ました。東京で写真家を目指す男・新平が地元・高知で昔の恋人・香織に再会し、難病を抱える香織の幼い妹・さくらのために、高知よさこい踊りのチーム”いちむじん”を再結成させるといった展開。地方都市・高知を舞台に高知城・桂浜・はりまや橋に坂本竜馬と観光PRも兼ねてますが、内容的には王道ど真ん中なサワヤカ青春ストーリー!恋人や親友・家族に誤解を持ったまま故郷を離れた新平が、少しづつその絡まった関係を解きほぐし、難病の子供のためにかつての仲間達が再び集う姿には素直に感動させられたな~。夢を求めて故郷を出た新平が、その夢を叶えることで本当に大切だったものに気がつくという主題もベタだけど直球でスンナリ心にはいってくる予想以上の良作でした!

メインの高知よさこい踊りも迫力満点!これは一度現地でホンモノを見たくなりました!

君が踊る、夏【Blu-ray】
君が踊る、夏【Blu-ray】
  • 発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2011/03/21

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

照明車

Img_1213

日課のウォーキングの途中、いつもどおり両国橋を渡ろうとしたら警察官が”こっちの歩道は今封鎖中です”とのお達し。反対側の歩道に回ってみると、消防車・パトカーが大量出動、歩道の上は警官でごった返しており、照明車が隅田川にむかって照射中、川を覗き込むと今度は船が幾艘か浮かんでおり、これまた川面を照らし出しておりました。あきらかに絶賛捜索中といった感じで、これはもしや身投げでもあったのかも・・?先月は火事、その前はバイクの衝突事故、結構夜歩いてるとこういった物々しい状況にぶちあたるんだよなぁ。東京は事件の多い街です、おっかさん

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

杭打機

Img_1184

ハイトーラーな重機どーん!半年くらい前から工事開始のお知らせとか、近隣住民への説明会とかイロイロやってた近所のサラ地ですが、いよいよマンション建設が始まってしまいました。取り壊し中も大概な騒音だったんですが、むこう1年ほどは騒々しいことになりそうです、ハァ。早速の土台作りの工程で、毎朝杭打機の振動で部屋が結構ビリビリと揺れだし、それによってたたき起こされるとゆー始末、まーおかげで寝坊はせんで済みますが。ちなみにこの杭打機は英語で言うとパイルドライバ、プロレス技のパイルドライバと同根のイミアイであります

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

悪人

Mov364
「悪人」見ました。孤独に日々を過ごす男・祐一と出会い系サイトで知り合った女・光代、そんな二人はいつしか心が通い合い、祐一は自分が殺人を犯したという事実を告白するといった展開。。祐一は”罪人”ではあるが決して”悪人”ではなく、人間を蝕む”孤独”という感情に陥ってしまった普通の青年。孤独ゆえに他人を求め、裏切られることでさらなる孤独に落ちていくという負の連鎖に落ちた祐一の鬱屈は現代人のもつ不安をリアルに映し出しています。殺人を犯し苦悩する祐一を描きながら、己のエゴイスティックな愛のために逃亡幇助をする光代、祐一の心を踏みにじった被害者、その被害者を虐げた大学生、娘の恨みをはらそうと街をさまよう被害者の父、・・・それぞれが何らかの悪意を持ち、それを正当化する混沌とした世界を表現しながら、”悪人”とは何か?という重厚なテーマを見る者に投げかけてきます。

”灯台の光”に比喩されていたのは、人生の行く先を照らす人との関わりを見失ってしまった人間の脆さと危うさ、人は人と出会い繋がりたいという本能的な欲求を求めるという真理なんだろうなぁ

悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]
悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]
  • 発売元: 東宝
  • 発売日: 2011/03/18

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

歓迎会

Img_1209

今年もやってきた新人さんを酒の肴に宴会でございます。今年もサワヤカな新風が配属されて、汚れのオサーン達は眩しくてその目を見てられません(笑)。久々にビールをカパカパ飲んだら、あっとゆー間に酔いがまわって頭ぐわんぐわん、うーむやっぱ年々カラダが酒をうけつけなくなっておるなぁ。そんなわけで呑み気より食い気の宴会モード。それにつけてもピチピチの若者が毎年補充されるので必然、GGゾーンに押し出されていく危機感をもビミョウに感じつつ、新戦力期待しておりますよ、ガンバテ

そして帰路はウォーキングでアルコールがさらに回って隅田川でオエェェ、ダメすぎる

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

杉並アニメーションミュージアム

Img_1200

荻窪駅から程近くにあります「杉並アニメーションミュージアム」に行ってみましたよ。日本のアニメーションの歴史や作品、制作方法などを学べる公共施設で、なんと入館料タダとゆーからこれまたオドロキ。館内にはガンダムやハクション大魔王の巨大フィギュア、冨野監督他の作業机、さらにこの日は”やさいのようせい”の特別展示と映画上映されていて、子供たちが大量に見学にきておりました。ちなみにこの施設の館長さんはあのトキワ荘メンバーのひとり鈴木伸一さん、ラーメン大好き小池さんのモデルとなった方なんですよ~

「杉並アニメーションミュージアム」公式サイト

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

田川水泡・のらくろ館

Img_1207

田川水泡・のらくろ館に到着。のらくろードを抜けた先、江東区森下文化センターにて常設されておりました。のら犬の黒吉、通称のらくろ。山猿部隊と猛犬連隊の戦いを描く戦時色の濃い世界観ですが、なんともとぼけたこの愛らしいキャラクターは1周回って癒し系で今っぽいかも。のらくろはさすがに知識でしか知らなかったんですが、二等兵から最期は大尉にまで昇進してたんですなぁ、さながら島耕作級の出世ぶり。のらくろは退官後は中国に渡って鉱山開発をし、その後日本に戻って喫茶店のマスターとして生涯を終えたんですな~。田川水泡先生は”のらくろ”の著作権を永田竹丸、山根青鬼・赤鬼の三人の後継者に譲り渡したというエピソードもなんとも興味深いものでした

「田川水泡・のらくろ館」公式サイト

| | コメント (0)

のらくろード

Img_1204

都営新宿線・森下駅下車徒歩5分、高橋のらくろードにやってきましたよ。「のらくろ」といえば、あのマンガの神様・手塚治虫よりもさらに一世代前のマンガ作品、日本のマンガの源流ともいえる存在。その作者である田川水泡はココ深川ゆかりの人物らしく、その功績をたたえて”のらくろード”という通りが出来たんだそーです。商店街では各店でのらくろ関連グッズが売られている模様~

「高橋のらくろード」公式サイト

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

栄光なき天才たち

Img_1183

「栄光なき天才たち」も電子書籍化終了!歴史上偉大な功績を残しながら、不遇な最期を迎える偉人達を描いた名作マンガ!島田清次郎とかガロアとかはこの作品で知ったくらいで、自分が歴史メイニアになった要素のひとつでもありますなぁ。1986年当時の作品なので24年前、あらかた四半世紀前のマンガなのかと思うと遠い目・・・。で、最近気がついたことですが、ヤンジャンで連載が再開されてるとゆーオドロキの事実!タイトルも「栄光なき天才たち2010」!これはまた新刊買ってズンドコ自炊せねばならんかも!

栄光なき天才たち 1 (集英社文庫―コミック版)
栄光なき天才たち 1 (集英社文庫―コミック版)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 1997/05/16

| | コメント (3)

2010年9月 9日 (木)

オカンの嫁入り

Mov363
「オカンの嫁入り」見ました。大阪で暮らす母・陽子と娘・月子、仲のよい母子の生活に、突如陽子が結婚相手・研二を連れ帰り、おかしな共同生活がはじまるといった展開。常に明るく気丈な母、口うるさくも親身に世話を焼く隣のおばちゃん、母子を暖かく見守るドクター、重い過去を全く面にださない心優しい青年・研二、イマドキ珍しい濃密なご近所づきあいを描いた、やさしくおかしな人情物語。たった一人の家族である母親を取られてしまうような複雑なキモチに襲われる月子は最初は反発しながらも、ちょっとずつ研二との関係性を受け入れていく様はほほえましく、じんわり心に染み入ります。ある出来事を境に自分自身を見つめなおし、相手に素直な思いを伝え、勇気をもって行動することで、より深い愛情で結ばれる母子の姿は素直に胸をうちました~

オカンの嫁入り[DVD]
オカンの嫁入り[DVD]
  • 発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2011/02/21

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

BECK

Mov362
「BECK」見ました。退屈な日々を過ごしていた高校生・コユキが、ギタリストの竜介に出会い音楽の世界に魅せられていき、志を同じくする仲間達と共に”BECK"という名のロックバンドを結成するといった展開。バンドのメンバーがぶつかりあいながら、音楽に情熱を注ぎ込む熱い青春ストーリーはベタですが王道なカッコよさ。ただ要素がゴチャゴチャしすぎた感じはどうしても否めない感じ、アメリカの一流バンド、竜介の昔の仲間、イケメン役者ボーカルに悪徳プロデューサー・蘭、はてはアメリカ音楽界の黒幕に伝説のブルースマンと、ポンポン出てくるBECKをとりまくノイズが多すぎて、それぞれの掘り下げが足らず、結果みんな小粒な役割で終わってしまったかなぁ。まぁ長編漫画の映画化ということで重要なエピソードをムリヤリ詰め込んだんでしょうが、映画としてはイマイチ消化不良気味かと。映画のキモになるコユキの”神の如きボーカル”の表現は歌声ナシのイメージカット、まぁ実写化にあたって一番悩ましい場面だったとは思いますが、想像力を駆使して補完できるマンガや小説の優位性に対して”映像化を諦めた逃げの表現”でもあったかなぁ

「BECK」 2枚組(本編Blu-ray+特典DVD)
「BECK」 2枚組(本編Blu-ray+特典DVD)
  • 発売元: バップ
  • 発売日: 2011/02/02

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

サガシテ in The Room

Neta275

偶然ネットで遭遇したFLASHゲーム「サガシテ in The Room」がオモシロイ!いわゆる脱出ゲーとゆージャンルですが、これがまた実によくできてるとゆーか、ほどよくイライラヤキモキさせられて、ギリギリのところで脱出できる解放感!これからやるヒトは時間かかっても、ぜひともノーヒントでクリアしてみてください!全12ステージクリアしたときの達成感は異常!今年スパⅣの次にツボはいったゲームです!近年演出過剰になっていくゲームに辟易しておる身としては、こーゆー質のみで勝負するネットの無料ゲームのほうが全然楽しいんですよな~、「星探」とかもめっさ楽しいし!でもこーゆーのって商業ベースでやろうとすると、企画が通らないんですよな~

「サガシテ」in The Room

| | コメント (2)

2010年9月 6日 (月)

ジョジョの奇妙な冒険

Img_1182

1週間がかりでJOJO自炊完了~。JOJO第一部~第五部全63巻、第六部ストーン・オーシャン全17巻、第七部スティール・ボール・ラン21巻(続刊中)とあわせて100巻の大台に乗ったJOJOシリーズ。ストーリーラインとディオの悪役ぷりが秀逸なジョナサン編!柱の男のスタイリッシュさと主人公の個性溢れるジョセフ編!アイデア満載の壮大な冒険旅行!スタンド登場承太郎編!小さな町の大事件!社会に隠れた悪を討つ仗助編!嘘と裏切りと騙しあい!スタンドギャング抗争ジョルノ編!監獄に繋がれた女囚!無実の罪を着せられた徐倫編!パラレルワールドを疾走するアメリカ横断スタンドバトル!ジョニィ編!今読み返してもやはり名作!電子書籍化は時間かかったものの、iPadに並んだ画面を見るとものすごい満足感が!実家で死蔵されていたJOJOが久々に扱いやすく手元に置かれるのはテンションあがりますわ!

さーてこれよりスキャンミスとかヌケがないか、全101冊チェックがてら読破しまっす~

ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)
ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 1987/08/10

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

ミックマック

Mov361
「ミックマック」見ました。銃撃戦に巻き込まれ、頭に弾丸が入ったままの男・バジルは仕事も家も失い路頭に迷う。そんな彼が奇人変人の集まる奇妙な共同体の仲間になり、自分の不幸の元となった武器製造会社に復讐をすることになるといったオハナシ。ガラクタ修理の天才、軟体大道芸人、計算機女、人間大砲男・・・まーでてくるキャラクターの濃いことったら!それぞれの特技を生かした緻密でバカバカしい作戦の数々、標的となった武器会社の社長達のキレっぷり、ホント笑えマス!反戦という重い社会風刺をオシャレな皮肉でからかうフランス映画の王道ぽいこのテイストはやっぱ好きだな~。単館系映画なのがもったいないほどよくデキた上質のドタバタコメディは見て損ナシ!オススメデス!

ミックマック [Blu-ray]
ミックマック [Blu-ray]
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2011/04/20

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

地球最古の恐竜展

Img_1172

本日は六本木ヒルズに恐竜展を見に来ましたよwith甥っ子ちゃん。恐竜とヒルズとゆー対極的な組み合わせではありますが、巨大な骨格標本がズラリ居並ぶ姿はやはり壮観ですな~。甥っ子ちゃんも最近は恐竜ムーブメントが到来中で、ティラノサウルスだー!トリケラトプスだー!とわーきゃー大騒ぎしちょります!会場の一隅に恐竜フレームのはいったプリクラが設置されていて”お?プリクラがあるな”と言ったら耳ざとく反応して”プリクラトプス~!”と新種の恐竜を産み出した甥っ子ちゃんにザブトン一枚(笑)、まーしかし甥っ子ちゃんの自己主張は日々強くなってますなぁ、ちっちゃいくせに自分のやりたいことがやれないと、まるでマンガみたいに口とんがらせて不満顔。でも別なタイミングではミョーに聞き分けよかったりして、右に左にフラフラしながら只今自我形成中ってコトなのかな~

「地球最古の恐竜展」公式サイト

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

トプカ

Img_1122

カレーの名店神田のトプカ!店名の由来は”トップ・オブ・カレー”のインドカレーに絶賛ハマり中の今日この頃。猛暑でたまらん夏でしたが、そんな時ほど辛くてうまいカレーが食いたくなる人体の神秘でございます。実はこちらのエビのはいったインドカレーはメニューにのってない自分専用の特別製。フィッシュカレーが品切れで注文できなかったときに、”代わりにエビで作りましょうか?”といわれて出てきた代用品がドンズバにツボって以後自分だけが注文し続ける一品デス。今ではインド人の店員さんとアイコンタクトで注文がすむほどに(笑)それにしてもエビのサッパリ感と辛目のルーがよくマッチしててほんにウマイわ~

「トプカ」公式サイト

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

トイレット

Mov360
「トイレット」見ました。オタクのレイ、ひきこもりのモーリー、勝気なリサのカナダ人兄弟と日本人の”ばーちゃん”のぎこちない共同生活を描いたオハナシ。兄弟皆ヒトクセあるキャラクターなんですが、やはりもたいまさこ演じる”ばーちゃん”の無言の迫力と存在感が際立ってマス!母親が亡くし悲嘆にくれる兄弟が、言葉が通じず全くしゃべらない”ばーちゃん”とコミュニケーションをとろうと四苦八苦する姿は”間”の取り方が絶妙で、じわじわ笑えてくる独特の味わい。言葉少ない”ばーちゃん”が静かにあらわす愛情表現も、これまたじわっと心に沁みいります。そんな”ばーちゃん”を軸に元々ぎこちなかった兄弟が知らず知らずのうちに本音を語り、家族を知り、自分自身を知り、より深く家族の絆を深めるにいたる過程を描いた、なんとも心地よいリズムのオハナシでした~

トイレット [Blu-ray]
トイレット [Blu-ray]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2011/03/16

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

裁断本

Img_1155

ふえー、盆休みに実家から送った300冊をようやく裁断し終わりました~。これってどこの国立公文書館?みたいな様相を呈してますわ。経験則上裁断するときはイッキにやりきってからスキャンにうつったほうが効率よいのは分かってるので、とりあえずひたすら裁断エブリディ。200ページ前後の一般的なコミックスも一旦カッターで二つに分けてからでないと裁断機にセットできないのが量が多いと地味にメンドくさい・・・裁断機も既に1000回以上使用しているので、少々切れ味も鈍ってきたような気がします。なんか刃の研磨サービスしてる業者もあるらしいので、そのうち頼むことになるような予感

ウワサによると最近は裁断本も売り買いされてるらしいですが、需要あるのかな

「小川裁断刃物」公式サイト

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »