« プレシャス | トップページ | 日焼け »

2010年5月 9日 (日)

細川家の至宝

Neta260

細川家の至宝展に行ってきましたin東京国立博物館、平安時代から現代まで続く日本有数の名家で、室町管領、戦国武将、大名、果てには内閣総理大臣まで輩出している由緒正しき歴史ある一族。家宝がそのまま国宝みたいな品々の中には、宮本武蔵、織田信長、徳川家康といった有名人に関わる文書がてんこもり。細川氏といえば、最近マンガ「へうげもの」を読んでることもあって、千利休の高弟として名を残した忠興とガラシヤの印象がとかく強いですが、忠興の具足、光秀の書状などの彼らの生きた証を見ていると歴史的想像がひろがりますなぁ。数々の茶道具も展示され、利休の黒茶碗や天目茶碗など目の当たりにするのは初めて、目利きのできる審美眼はもちあわせてませんが、女の尻のふくよかさを思わせる形状の茶道具に「尻膨(しりふくら)」と銘がついてるのはなんともユーモラス(笑)

「特別展 細川家の至宝」公式サイト

|

« プレシャス | トップページ | 日焼け »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレシャス | トップページ | 日焼け »