« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

K-1 Dynamite!! -勇気のチカラ2009-

Neta232

反逆のカリスマ・魔裟斗のラストマッチは宿敵・アンディ・サワーに雪辱を果たし有終の美を飾って幕を閉じましたな〜。怒濤の殴り合いではありましたが、KO決着にならなかったのは残念!ヘビー級の武蔵に続いての日本人ファイターの引退、これだけの試合がまだできるなら…と惜しい気もしますが、仕方がないですよな。長い間MAXを牽引してきた魔裟斗選手オツカレさまでした!

ダイナマイトのもう一つのメインイベント石井vs吉田はスーパールーキーをアラフォー吉田が返討ち!いいぞ!吉田!よくやった!ガチガチの石井はフックくらってからはすっかり気後れした感じ、試合も終始吉田にコントロールされてましたな。マスコミにもてはやされすぎた感もありますが、総合格闘家としての今後の成長を期待します!

まーそんなこんなで暮れ行く2009年、よいお年を〜

Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD]
Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD]
  • 発売元: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2010/03/24

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

スノーマン

スノーマン

帰ってきましたー

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

ゼルダの伝説 大地の汽笛

Neta231

帰省のお供にDSゼルダを購入してみましたよ。前作はものすげー楽しかったので期待値高めにいざプレイ。今作は汽車と線路がメインテーマでリンクも機関士とゆー設定、ゼルダ姫に謁見して、汽車を走らせ、今回の敵キャラに遭遇したところデス。なんか2人同時に操るシステムにいきなり苦戦しましたが、年末年始にチマチマやってみまッス!それにつけても猫目リンクの愛らしさはやっぱよいよな~

ルピーケースと羽ペンもらったけど正直ゲームの販促品はイラネ派

ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)
ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)
  • 発売元: 任天堂
  • 発売日: 2009/12/23

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

ONE PIECE FILM STRONG WORLD

Mov289

「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」見ました。海賊ルフィ一行が、金獅子のシキと呼ばれる強大な力を持つ海賊に連れ去られた仲間・ナミを奪還するためにその居城へ乗り込むといったオハナシ。レイトショーでも2回程満席で見れなかったとゆー大人気アニメ作品でありながら個人的には初見のワンピース。OPの巨大カマキリやら巨大タコやらのクリーチャーラッシュがたまらん!アフロな骸骨剣士・ブルックや三刀流のゾロ、個性的なルフィの仲間たちがいざバトルとなるとバッチリ決まってこれまたカッコヨイですよな~。ルフィとシキの最終バトルもテンション激高くて、久々ダイナミックでコミカルな王道ジャンプ漫画って感じがとにかく爽快で楽しかったデス!

ワンピースフィルム ストロングワールド [DVD]
ワンピースフィルム ストロングワールド [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/08/27

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

アバター

Mov288

「アバター」見ました。青い巨人の姿をした原住民・ナディの住む惑星パンドラを訪れた人類が、地下資源を欲する武力制圧派と、原住民を模した”アバター”による平和的な交流を目指す外交派が対立、平和に暮らすナディをも巻き込んだ全面抗争にいたるといった展開。これはスゲーオモシロイ!CGによる幻想世界の一大叙情詩デス!美しくも幻想的なパンドラの雄大な世界、動物・植物・聖なる存在と丁寧に描かれる生態系。ナディ族の奇怪な姿もその文化や哲学を学ぶにつれ、どんどん魅力溢れる存在になっていき、対照的に人類の醜悪さに嫌悪感が湧き上がり、その沸点となった全面抗争においては圧倒的にナディがんばれ!人類なんかに負けるな!て感じ、近代兵器に対して知恵と勇気で戦うナディの戦士がカッコよすぎデス!エンターティメントでありながら、人類の犯した愚行や増長、失われた自然に対する畏敬の念などを突きつけてくるメッセージ性をも十分に感じました。これは想像以上にスバラシかった!オススメデス!

シーガニー・ウィーバーとか久々見れて嬉しかったナ、やっぱ強い女がよく似合う~

アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2012/03/16

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

祭一丁

Img_0115

友人さん一家の忘年会に参戦in赤羽~.やーどうもみなさんお元気ですか、娘さんは3歳になりましたか~、子供の成長で時間の経過を感じる今日この頃ですなぁ。で、今回は不況をぶっとばせと言わんばかりの豪勢な忘年会、串揚げ、しゃぶしゃぶ、寿司とすっかりマンプク腹いっぱいゲフー。で、腹ごなしにカラオケとゆーことになりましたが、その店の装いがこんな感じ。ナンデスカコレ!室内に昭和のレトロな町並みの内装が!なんか有名なカラオケチェーン店なんだそーで、まるで地方のなんたら館みたいなオモモチ、すげー。まーそんなこんなで今年もおつかれさまでした~

「祭一丁」公式サイト

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

レイトン教授と永遠の歌姫

Mov287

「レイトン教授と永遠の歌姫」見ました。考古学者の英国紳士・レイトン教授とその一番弟子・ルーク少年が、オペラ歌手・ジェニスから依頼される不思議な事件の解明に乗り出すといった展開。自分もダイスキな人気ゲームの映画化作品で、ナゾトキがないぶんシナリオに集中できて、あの独特な絵柄のキャラクターたちがイキイキと動く姿がまた新鮮、特にグロスキー警部はゲーム以上に面白く仕上がってたな~。”ナゾ001”みたいなフリとか名セリフ”英国紳士としてはね”などの再現されてる点はやはりゲームから入ってるヒト的にはたまらんですな。オハナシ的にはシンプルだけどいかにもレイトン・ワールドって感じで十分満足!ゲームのほうはナゾトキがシリーズ重ねて飽きてもきたので、レイトンは今後はもう映画でよいな~とか(笑)

映画 レイトン教授と永遠の歌姫 スタンダードエディション [DVD]
映画 レイトン教授と永遠の歌姫 スタンダードエディション [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/07/21

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマスケーキ

Img_0108

やー今日も液体窒素でイボ焼き、これがほんとのクリスマス・イボ

そんなこんなで本日は両国にて昭和の名力士・つっぱり大相撲で有名な寺尾関のお店でソップちゃんこをおっさん三人で食うてきましたよ。鍋のおいしい季節になって来ましたよなぁ、んーつみれが絶品!中華麺まできっちり腹いっぱいいただきました。ぶへー。その後、友人さん宅でささやかながらクリスマスケーキをイタダキ、メリーどすこーい

| | コメント (2)

2009年12月23日 (水)

丸の内イルミネーション2009

Img_0093

イルミネーションでキラキラな季節ですわな~in丸の内エリア

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

敬礼

Img_0087

敬礼!しゅたっ!なんか頬に生傷できてますよ、甥っ子ちゃん。聞けば保育園でお友達にひっかかれたとかナントカ、なんか保育園の先生総出で謝られたそうですが、男の子ってのは傷だらけになって育っていくもんですよな~。

てなわけで本日は歴史好きの客人が来るとのコトで妹宅での夕飯会にオヨバレ、やーやーはじめまして、どのへんの時代がお好きですか?明治維新デスカ!そりゃ王道な分野ですなぁと歴史メイニア同士のマニアックなやりとり。しばし東北地方の歴史的辛酸について語り合ってみたり、いやーやっぱ歴史ネタについてこれるヒトってのは貴重だし、ツボが重なると楽しいもんです!なんでも大阪は堺に引っ越されるそうで、かの地は千利休ゆかりの地。京都・奈良・高野山に熊野と歴史ファン垂涎のエリアなんでお仕事ともどもゼヒ堪能していただきたいですな~

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

のだめカンタービレ 最終楽章前編

Mov286

「のだめカンタービレ 最終楽章前編」見ました。フランスに音楽留学しているピアニスト・のだめの憧れの先輩・千秋が老舗オーケストラの指揮者に就任し、落ちぶれた名門を再建するといった展開。テレビ版も漫画も未見でいきなり映画ですが、まーとにかく一途でオバカで真っ正直なのだめが可愛いすぎますな~、挙動不審な動きやふにゃふにゃしたしゃべりとかほんのり萌え。マンガ原作てこともあってか、でてくるキャラクターの性格やデフォルメ効いたギャグアクションのダイナミックさはバカバカしいコントみたいで結構好きかも(笑)。恋愛関係でありながら音楽家としてライバル意識ももつ二人の関係は!みたいなとこで後編に続く。上野樹里演じるのだめのキャラがスッカリ気にいっちゃたんで間違いなく見に行くかな~

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [Blu-ray]
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [Blu-ray]
  • 発売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2010/06/04

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

M-1グランプリ2009

Neta230

今年のM-1の優勝はパンクブーブーでした~。初めて見た芸人さんでしたが、丁寧な笑いをたくさん詰め込んだスッキリ楽しく笑える王道な漫才はチャンピオンにふさわしい実力だったと思いましたよ。個人的にイチオシだった笑い飯は決勝敗退・・・、決勝ネタの「鳥人」は今大会サイコーのネタだったんですが、最終ラウンドはまさかのシモネタ・チンポジ押し・・・面白いけど優勝ネタではなかったかなぁ。敗者復活NON STYLEもテンポのイイ漫才はサイコーでした!バラエティでてるときのグダグダ感がウソみたいにイキイキしてて、ちょっとファンになりましたよ。まー今年は審査員も満場一致、視聴者もほぼ異論ないほどにパンクブーブーの完成度が突出してましたよな~。とりあえず優勝オメ!

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

twitter

Neta229

ちょっと前からツィッターを試してみております。テレビではチャットとブログの合体したものとか説明されてましたが、実際やってみるとなんとも混沌。マナーとかよくわからんので手当たり次第にフォローしまくり、著名人もチラホラ発見してはまたフォローで100人くらいのつぶやきを日々眺めたりしてみてます。いまんとこ目的がよくわからんのですが、iphoneとは結構相性がよいのでちょいちょいつぶやいておりまする。知人さん探してみたものの本名でやってるとは限らないしなぁ、まー誰かやってるヒトいたらフォローしたりされたりしてみませんか~とブログでもつぶやいてみるテスト

「twitter」公式サイト

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

アフロサムライ:リザレクション

Mov285

「アフロサムライ:リザレクション」見ました。アフロを復讐相手として狙う女・シオによって奪われた一番ハチマキと父の遺骨を取り戻すため、再び剣を手に戦いの中へ身を投じるといった展開。前作同様にスタイリッシュなグラフィック、クマやアフロパパ、ひょっとこ・おかめ・獅子舞などインパクトあるキャラクター達との剣劇アクションはやっぱカッコヨイデス!まーでも2作目ってこともあってオドロキも想定内、シオの復讐のためのシナリオも計画性がイキアタリバッタリすぎてヤブヘビな結果になってしまい、アフロが単なるトラブル・シューターな後始末役をやらされただけで、イササカ拍子抜けだったかなぁ

アフロサムライ:レザレクション [DVD]
アフロサムライ:レザレクション [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/04/21

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

FINAL FANTASY XⅢ

Neta228

さーついにでましたよ、ファイナルファンタジー13!PS3のリーサル・ウェポンな感じで大々的に宣伝しまくってますな。やっぱグラフィック面においては間違いなく今のゲームでは最高峰だとは思うので、商売柄ゲトしてしまいました。オープニングから怒涛の映像ラッシュ、本編はいっても映像の合間にたまにゲームするって感じで、コントローラー手放してる時間の長いこと長いこと。とりあえず3時間くらいかけて第2章までクリア、パーティメンバーがそろって世界観の概要説明と旅の目的がわかったトコ。魔法とか成長とか、よーやくシステム的にゲームぽくなってきたあたりです。ツンツン女のライトニングさんとひょうひょうとしたアフロオヤジのサッズがキャラ的にはイイ感じ~、まーしばらく頑張ってみますハイ

ファイナルファンタジーXIII
ファイナルファンタジーXIII
  • 発売元: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2009/12/17

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

宇宙戦艦ヤマト・復活篇

Mov284

「宇宙戦艦ヤマト・復活篇」見ました。移動ブラックホールによって消滅の時が近づく地球からの移民船団を護衛するために、再建された宇宙戦艦ヤマトが新たな航海へ旅立つという物語。まーアニメ版のふっくらした手描き感もよいんですが、CGになったヤマトはこれ見よがしにグルングルンと回転しまくって、その雄姿を見せてくれます(笑)。艦隊戦とか波動砲はリメイクされてよりカッコヨくなって迫力十分!古代進がヤマト艦長で、森雪と夫婦になって娘がいたり、旧乗組員もチラホラ登場して(アナライザーも!)いわゆるおっさんファン向けのノスタルジーも全開。原作はなんと石原慎太郎なそーで、横暴な帝国とか独立を勝ち取るために戦う星とか古きよき武将の姿とかはホンモノの歴史や戦争というものに対する都知事のメッセージが込められていたように感じましたよ

あからさまな2部へのヒキで終了しましたが、復活ヤマトはシリーズ化?

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray]
宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Blu-ray]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/07/23

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

抜歯

Neta227

親知らずを抜いてきましたよ~。麻酔シートを噛んで患部に軽く麻酔をかけてから局所麻酔の注射という流れなので痛みは全くナシ。麻酔が効いてくると頬にマウスピースを突っ込まれたような異物感と舌先のシビレ、ろれつがまわらなくなるとはこの感覚か!いざ施術はいると、ノコギリ的な音と共にガリガリ歯を切っているトキは爪とか焼いたような、火葬場のようなヒトの焼け焦げるにおいが鼻につくくらいで、口中はほとんど感覚なし。根っこを抜くときにはさすがに顔全体が引っ張られてる感じもしましたが、縫合まで15分間あっけなく処置終了、これならよっぽど歯石除去のほうが痛いくらいだわな~。抜歯後見せられた親知らずは三分割された状態、あーしまった写真撮ればよかった!

でも帰り道は口の中が血でブクブク状態。ガマンできず駅のトイレの洗面台で溜まった血を吐いたら、となりのおじさんがのけぞってました

東京歯科大学水道橋病院公式サイト

| | コメント (3)

2009年12月14日 (月)

パブリック・エネミーズ

Mov283

「パブリック・エネミーズ」見ました。1930年代のアメリカを舞台に銀行強盗や脱獄によって世間を騒がせた犯罪者ジョン・デリンジャーの栄光と没落の物語。1分40秒で仕事を済ませ、金持ちからしか金を奪わず、大胆不敵で冷静沈着、スマートな物腰のピカレスク・ヒーローとして描かれたジョンの佇まいはカッコヨイのですが、全体的には冗長で盛り上がりに欠けた印象。とりわけ恋人フレシェットとの絡みが中途半端で話の腰を折ってしまってるような・・・・。かつての仲間たちが次々と死んでいき孤立していく姿と、FBI捜査官メルヴィンとの追いつ追われつの男の対決に焦点合わせていたら、もっと好みの感じだったかもなぁ

パブリック・エネミーズ [Blu-ray]
パブリック・エネミーズ [Blu-ray]
  • 発売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2012/04/13

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

極限脱出 9時間9人9の扉

Neta226

カプコンファンにとっては有名なイラストレーター・西村キヌさんのキャラデザてことでジャケ買いしてしまいましたよ。そんなわけで内容とか全然知らずにゲトした999をいざプレイ、サウンドノベルズとADVゲームのハーフみたいな感じで、ストーリーと選択肢、脱出パートのナゾトキでゲームは進行。豪華客船という閉鎖空間が舞台なので絵変わりに乏しいかな~、キャラもデザインイラストと比べると性格付けがかなーり地味目かも。とりあえず1回クリアしたらやっぱチュンソフトとゆーか、マチガイないバッドエンドを迎えたので、これまたルートをしらみつぶしのサウンドノベルズなんでしょーなぁ。真のエンディング目指して長い戦いになりそーな予感・・・

極限脱出 9時間9人9の扉
極限脱出 9時間9人9の扉
  • 発売元: スパイク
  • 発売日: 2009/12/10

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

Mov282

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」見ました。最凶最悪のウルトラマン・ベリアルによって壊滅状態に追い込まれた光の国を救うため、生き残ったウルトラ戦士たちと怪獣を操る能力を持つ戦士・レイが共闘するといった展開。今回もやっぱりおっさんホイホイ、ニセウルトラマンとして登場するザラブ星人はじめ、ベリアルのしもべである100体の怪獣軍団。レイによってポケモンのごとく使役されるゴモラは知らないうちに正義の怪獣みたいな扱い、さらにダンはアギラ・ミクラス・ウィンダムのカプセル怪獣使ってくるわ・・・・自分は子供の頃から怪獣ダイスキだったのでとにかく見てて楽し過ぎ!とても勝ち目のない状況の中、最後はセブンの息子で悪役顔(笑)の最強ウルトラ戦士・ゼロの大活躍であっとゆーまに攻守交替大逆転、なんだそりゃとも思いましたが、まーダブルアイスラッガーとかカッコヨイので許す!ライダーもウルトラマンもそうですが、総じてヒーロー単体ののバリュー感ガタ落ちですが、お祭りだからよいのかな(笑)

そしてウルトラマンキングの声優は小泉純一郎!どんなキャスティングやねん

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [Blu-ray]
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [Blu-ray]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/04/23

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

劇場版マクロスF 虚空歌姫-イツワリノウタヒメ-

Mov281

「劇場版マクロスF 虚空歌姫-イツワリノウタヒメ-」見ました。滅亡の危機に瀕した人類が新天地を求めて巨大移民宇宙船で宇宙に旅立つ時代、その宇宙船の中のひとつ・フロンティア号で歌姫シェリルのコンサートの最中に”ヴァジュラ”と呼ばれる生命体の襲撃がおこるといった展開。意外とロボットアニメは門外漢で初代マクロスもテレビ版も未見、ドラマパートはツンデレアイドルとドジっ子女子高生とイケメンのうれしはずかし恋愛物語、ベタとお約束の盛り合わせでなんだかな~と思ってみてたら、後半加速度的に大盛り上がり!歌と戦闘のコラボレーションが予想以上にテンションあがりまくり!気がつけばカタルシス大爆発な戦闘の波状攻撃にスッカリ虜状態になりました!かっけー!これは後編も見ざるえなくなったかな~

なんかシェリルとランカの歌聴きたくなったので、もしやサントラ買うかもしらんな

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ [DVD]
劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ [DVD]
  • 発売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日: 2010/10/07

| | コメント (2)

2009年12月10日 (木)

エリクサー

Img_0060

エリクサーが売ってたので買ってみましたよ、いえーい。缶にはFFキャラのバリエーションがいっぱいありましたが、とりあえず何本か無作為ゲト。さっそく試飲ですよグビグビ・・・・・うーん、微炭酸・・・薄味CCレモンはちみつ風味って味わいでしょーか?体力全開ってイメージではないですが、まーネタですか(笑)。いつぞや発売されたポーションよりはおいしく飲める感じです。気がつけばFF13発売目前ですな~、一応買うつもりなんですが、最近据え置き機では大作RPGを最後までやりとげられてないので不安

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

節制

Kamiza050

NO.14:デッド・ゴッデス所属、式神使い・シャン。肉体を門として式神を召喚する能力をもつシャーマン。頭に結んだおみくじリボンは式神の暴走を制御している。極度の笑い上戸で一度ツボにはいると笑いが止まらなくなる

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

疣贅(45日目)

Neta225

スピール膏をはがしたら、カサブタはすっかりヘニョヘニョになってて、端っこが少しめくれあがったような状態でした。先生がハサミでシャキシャキ患部を切り取ると、見てのとおりにクレーター状にえぐれてゾンビ状態なマイかかと、きもちわるー。で、ムキダシになったこのイボ跡に向かって本日も液体窒素、ジュージュジューといつもより水気を含んでるせいか音がすげーし、痛みは過去MAX!うぐぐぐぐぐぐマジスカこの痛み!まーでもこれもウィルス完全除去のための道のりデス!涙をこらえて患部に焼き入れ、ギャース!

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

カールじいさんの空飛ぶ家

Mov280

「カールじいさんの空飛ぶ家」見ました。老境にさしかかり生きる気力を失いかけていたカールじいさんが、亡き妻・エリーの夢を叶えようと、風船によって家ごと大空に舞い上がり大冒険の旅に出るといった展開。ピクサー最新作とゆーコトで期待も大きくいざ鑑賞、カールじいさんのこれまでの幸福に満ちた時間と妻を亡くした後の喪失感を描いたせつない冒頭部からイッキにアクション映画に転調、雷雲を抜け、秘境を進み、猛犬軍団を率いる冒険家との激闘と活気を取り戻し大活躍のカールじいさんがカッコヨイ!人が生きていく限り、個人の冒険は続いていくもの。失われた過去を大事な想い出として持ちながら、さらに続く人生を実りあるものにする前向きな冒険心の大切さをサワヤカなエールとして贈られたような一本でした!

カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2011/12/02

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

ハイパーレスキュー1号

091206

田舎のおばぁちゃんから届いたハイパーレスキュー1号に御執心の甥っ子ちゃん。どんだけ気に入ったのか、付属のパトカーや救急車を離しませんでしたよ。まーさすが男の子とゆーか乗り物ブーム進行中の様子で、とりわけ電車関係お気に入り、写真を指差しながら「けーしぇいしぇん(京成線)」「すぱしたしっ(スーパー常陸)」と見事な記憶力。すげーな甥っ子ちゃん。明らかにおじさんである自分を認識もしてるし、口調も随分ハッキリしてきたし、簡単なコミニケーションならとれるようになってきてるのがオモロイな~。

まーポケモンブームかヒーローブームがきたら英才教育してあげるんで(笑)

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

K-1WORLD-GP2009 FINAL

Neta224

外敵アリスターを1R撃破!昨年末のリベンジをはたし、K-1の牙城を守ったバダ・ハリがかっこよすぎ!カラエフ戦でも怒涛のパンチ合戦を制し圧倒的な強さを見せ付け、こりゃ今回はこのまま新王者のハズだっ!と心の中でバダコールだったんですが、逆ブロックから地味に着実に勝ち上がったK-1の要塞・シュルトに決勝戦で破れ、チャンピオンには一歩届かず・・・。あぁぁ今回はもうバダ・ハリ優勝でいいじゃん!まーでもなんかそんな予感はしてたんですけどね・・・。なんだかんだでシュルトの強さは規格外、今大会でアーツの持つ決勝トーナメントオール1R勝利とホーストに並ぶフォータイムス・チャンピオンと経歴的にも最強ファイターなのは認めざるえません。でも強さとは少し相反する熱さみたいな面ではシュルトイマイチなんですよなぁ、今回のバダ・ハリが勝てないんじゃぁ、ホント殿堂入りして大会から身をひいてもらうしかない!?

K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament -FINAL8&FINAL- [DVD]
K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament -FINAL8&FINAL- [DVD]
  • 発売元: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2009/12/23

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

ニュームーン トワイライト・サーガ

Mov279

「ニュームーン トワイライト・サーガ」見ました。前作で恋仲となった吸血鬼・エドワードと唐突に別れが訪れ失意の底に沈むベラ、そんな彼女の新たな心の支えとなったジェイコブは吸血鬼の宿敵・人狼族であったという展開。やたら人外の者に好かれるベラですが、吸血鬼・人狼・人間という設定以外はいわゆるベタな三角関係恋愛物語、ベラの行動がなんとも身勝手過ぎてついていけなかったぁ~。ジェイコブが完全な当て馬の道化役で気の毒すぎ・・・・。そんな恋愛ストーリーと同時に、吸血鬼と人狼のバトル勃発、翻弄されるだけの存在かと思われたベラにも不思議な能力が見え隠れする中、次回に続くでエンディング・・・・。典型的なツナギ映画で第三弾に引っ張るようですが、今のところオハナシ的には凡庸過ぎて魅かれるところがないんだよなぁ

ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray
ニュームーン/トワイライト・サーガ Blu-ray
  • 発売元: 角川映画
  • 発売日: 2010/10/22

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

疣贅(40日目)

Neta223

疣贅治療始めて40日経過、2週間に1度のペースで液体窒素で患部を焼き続けてきましたが、見てのとおりすっかり真っ黒なカサブタ状のカタマリになりました。伝わりにくいですが、表面カッチカチ、でもここまで硬くなると今度はその内側にいるウィルスの駆除ができないそうなんで、スピール膏とゆー絆創膏を貼って角質をやわらかくして切除する処置をする模様。そして今回もジュジュッと焼き入れ、いてててて

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

レイトン教授と魔神の笛・END

Neta232

魔神の笛クリア!今回は前3作から時間軸が戻った過去のお話、レイトン教授とルーク少年の出会いのエピソードでしたよ。新キャラのレミも快活なアクション女優って感じでしたが、その分レイトン自身の活躍が不足気味?オハナシ的には後半ずいぶん強引な展開だったよーな気はしつつ(笑)、独特のレイトンワールドの魅力は今回も十分でした!まーでもさすがにナゾトキパートには個人的にちょい飽きはいってきた感が・・・・。そんなトコロに間髪いれず新作「奇跡の仮面」が発表されてしまったので、結局やっちゃうんだろうな~。本編終わったらロンドンライフとゆー隠し要素がスタート、なんかクエストいっぱいこなしていくこのノリはもしやドラク・・・

そんな第四弾を終えて近々劇場版が公開、なんかそっちのほうが純粋にレイトンワールドに没入できるよーな気がするな~

レイトン教授と魔神の笛(特典無し)
レイトン教授と魔神の笛(特典無し)
  • 発売元: レベルファイブ
  • 発売日: 2009/11/26

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

戦場でワルツを

Mov278

「戦場でワルツを」見ました。イスラエル軍の元兵士アリが、欠落した戦争当時の記憶を求めて当時の自分を知る人々に取材を進めるうちに忌まわしき過去に再び対峙するというドキュメンタリー。戦場における非日常性によって現実感の喪失した世界を陰影深いアニメーションの技法で表現した映像スタイルが印象的。その虚ろな記憶を取材の中で刻々と紐解き、辛辣で残酷な現実に引きずり戻してあらわにされる戦場での惨劇には、事実のみが持つ生々しさとリアルさが感じられました。80年代レバノン侵攻で起こったパレスチナ人大量虐殺という歴史の暗部を、当事者であったイスラエルが描いたこと自体が画期的であり、戦争そのものがもつ虚無感が静かにじわりと伝わってきました

戦場でワルツを 完全版 [Blu-ray]
戦場でワルツを 完全版 [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/12/22

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »