« 限界 | トップページ | 台風18号 »

2009年10月 7日 (水)

空気人形

Mov262

「空気人形」見ました。ある独身男性の空気式性処理人形(いわゆるダッチワイフ)に突如心が芽生えて動き出し、様々なことを体験しながらレンタルビデオ店で働く男・純一に心魅かれるようになるといった展開。世界を包む利己的な生々しさを静かに深沈と描き、人外の者の目を通して観察する世界の理を表現した哲学を感じさせる内容は秀逸!久々にオススメしてみたい作品でした。主役のペ・ドゥナの演技が素晴らしく、空気を吹き込まれる場面の高尚なエロティシズムは印象的でした。自己の存在意義に惑う満たされない想い、心があるからこそ喜びを感じ、心があるからこそ寂しさを感じるせつない矛盾、空気と人形の関連性に仮託されているのは他者からもたらされる愛情と一人では埋められない空っぽの心だったように思います。ある意味この作品の主題とも言える劇中に引用されていた一篇の詩には静かに深く感じ入るものがありました

「生命はすべて そのなかに欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ」

空気人形 [DVD]
空気人形 [DVD]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2010/03/26

|

« 限界 | トップページ | 台風18号 »

オススメ」カテゴリの記事

映画’09」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 限界 | トップページ | 台風18号 »