« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

赤坂氷川神社

081130_1632002

東京十社・赤坂氷川神社参拝です。境内は大きなイチョウの木から舞い散る葉で黄色く染まっておりましたよ。ニギヤカな六本木・赤坂界隈にひっそりと鎮座ましますこちらのオヤシロは埼玉の大宮にある氷川神社から分霊されたもので、祭神も同じく「スサノオ」「クシイナダ」「オオナムチ」と出雲神トリオ。氷川の社名は出雲でスサノオがヤマタノオロチ退治をした”斐川”に由来するそーです。

| | コメント (0)

2008年11月29日 (土)

菌類のふしぎ

Neta145

国立科学博物館でなにやら醸していたので入ってみましたよ。まーなんとゆーか真面目な菌類の展示ともやしもんのクロスオーバー、来てる人はややもやしもん目当てが多そうな気がしましたなぁ。会場のあちこちに作者直筆らしきラクガキがあって、それを見つけるだけで楽しいかも~。菌類学偉人達のコーナーでは南方熊楠はじめ実在の学者にまぎれててマンガの登場人物の樹教授がいたりして(笑)。まーでも光るキノコとか世界のキノコとか見てるだけで面白かったですよ、わはは

「菌類のふしぎ」公式サイト

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

ちゃんこ霧島

081128_1928001

鍋の美味い季節になってきたので久々両国ちゃんこ。名大関として名をはせた霧島こと陸奥親方のお店であります。しょうゆ味のベーシックな鍋で宴開始やーどうもどうも。なんか適当に場所決めたのですが、実は参加者揃って両国に親戚んちがあるとかムカシの職場があるとか、縁の深い場所と知りオドロキ。そんな偶然もあるもんですな~。世代が近いと古い話題がやたらハマるのは楽チンですな(笑)

「ちゃんこ霧島」グルメぴあサイト

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

私は貝になりたい

Mov173

「私は貝になりたい」見ました。太平洋戦争中に米兵捕虜を処刑した嫌疑をかけられ、アメリカによる戦争裁判によって極刑を言い渡された復員兵・豊松の物語。この映画の登場人物ひとりひとりは皆感情のある”よい人間”であったにも関わらず、個人の思いと異なった行為に加担せざるえない状況に立たされ、結果大きな不幸に全ての人が巻き込まれていきました。ひとりの平凡な人間が戦争という時代の波に翻弄され、戦犯として理不尽な処遇を受けるに至る過程は個人の想いが伝わらない歯痒さと、それらを飲み込む圧倒的な権力というものの恐ろしさを感じました。それら全てが戦争そのものに対する批判であると同時に、時代を問わず人間社会に潜む権力に対する大いなる批判であったと思います。人間の世界にいる事そのものが自分の不幸、そこからずっと遠く離れた海の底で人間に関わらずに生きていく貝になりたいと願う遺書に、人の世に絶望した人間の悲しさと無力感を感じずにはいられませんでした

私は貝になりたい [Blu-ray]
私は貝になりたい [Blu-ray]
  • 発売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2009/06/03

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

火災報知器

Neta144

消防法改正に基づきウチのマンションにも火災報知機がつけられましたよ。ワンルームなのに業者さんは2個も付けていきましたが、なんか利権のにほひを感じるのは気のせいですか。熱反応タイプと煙反応タイプの2種類と言ってましたが焼き魚の煙に反応しませんように。まー火災報知機がついたところでそれが反応した時点ではもういい感じにマイルーム丸焼けな気もするんですが、それはいいっこなしなんでしょうか。

| | コメント (2)

2008年11月25日 (火)

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

Mov172

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」見ました。ベトナム戦争を題材とした映画の撮影現場に集まった曲者揃いの役者達、戦場での極限状態の演技を引き出すためにジャングルの奥地で少人数のゲリラ撮影に踏み切ったトコロ、その地は麻薬組織の支配する戦場さながらの危険地帯!撮影とカンチガイした役者達のくりなすダイナミック・バカコメディデス!地獄の黙示録やプラトーンなどの様々な戦争映画をパロった演出に失笑の渦。笑いの質も不謹慎でグロありシモネタありと低俗なのは大好物のジャンル、壮大なドリフの戦場コントって感じのバカ映画はサイコーですな~。さらにはこの映画はハリウッドそのものを嘲笑してパロってる点も見逃せないです。役者達の悲喜こもごもの栄光や挫折の設定や監督業の立場の低さやプロデューサーの傍若無人なフルマイとかはむしろ戦争ネタよりリアルで深イかも(笑)まーここまで金のかかったくだらない映画は逆に清々しくてヨイですよな~

トロピック・サンダー/史上最低の作戦 [Blu-ray]
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 [Blu-ray]
  • 発売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2010/10/08

| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

お好み焼 ゆかり

081124_1656001

久方ぶりの元Qさんの集まりで秋葉原のお好み焼まつり。やーやー結局1年ぶりくらいになりましたがお元気ですか~、新婚さんは仲良くやってるよーでナニヨリです。自分がこっちに戻ってること連絡してなかったよーで、不義理でスイマセン。なにやら最近高価な自転車買って毎日50km走してるそーで、あぁそんな話聞くと自分も新しい自転車欲しくなるわー。愛車ビアンキちゃんもやや10年以上乗ってますが、金属疲労したアルミフレームは走行中に突然折れる事があると聞かされ、ちょいビビリ、マジスカ。まーせっかく戻ったのでヒマあればちょいちょい顔つなぎできれば幸いでする~

それにつけても海鮮ミックス焼き+どろソースうまー

「お好み焼 ゆかり」公式サイト

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

フェルメール展

Neta143

天気もよいので上野の東京都美術館に行ってフェルメール展を見てきましたよ。光の天才画家と称されるとおりにその精密なタッチによる陰影と空気感が卓越しております。まーそんなに西洋絵画に詳しくはないしフェルメールといえば「青いターバンの少女」くらいしか知らなかったので(今回の展示作品には含まれず)、どれも新鮮に見れました。「ワイングラスを持つ娘」とかの表情はなんともユーモラスで好きだなぁ。まーでもたまには古典も見ておくのも勉強です

「フェルメール展」公式サイト

| | コメント (2)

2008年11月22日 (土)

芝大神宮

芝大神宮
東京十社・芝大神宮参拝です。夕闇に篝火が焚かれて幻想的な雰囲気です。増上寺大門の右手に鎮座ましますこちらのオヤシロは伊勢神宮の分家筋、祭神も当然「アマテラス」「トヨウケ」。江戸時代には相撲や芝居の興行で賑わったそーで、境内には力自慢が持ち上げるための力石などもありました。2月にはかの有名な火消し集団め組の半鐘が展示されるそーなのでちょっと見たいトコ。 

| | コメント (0)

2008年11月21日 (金)

酒処DDSK

081121_2250001

本日は旧知のみなさんと1年ぶりの再会呑み、やーやーお元気でしたか。なんかみなさん揃ってプロジェクト終わったばっかのよーでお疲れ様です。え?しかもお子さん誕生ですか、それはまたおめでたいオハナシ。まーみなさん新たな職場で外の風に触れてどんどん逞しくズーズーしく進化してるよーでナニヨリです。まー呑め呑め、しかしやっぱ他の会社のスタイルとかシステムとかの話は参考になりますなぁ。そして結局話し込んでしまって終電逃しましたが・・・え、始発まで付き合え?ヒー

「酒処DDSK」公式サイト

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

ブロブ カラフルなきぼう

Neta142

ブロブというキャラクターが奪われた”色”を街に取り戻すとゆーカラフルぬりえアクションゲーム。いやーこれは楽しいな~、街の中を自由に塗ったくる感覚がすげーです。操作はクセあって慣れるまで大変ですが、ただ無軌道に転がってるだけでペタペタ軌跡が描かれるのがイイ!ブロブと解放された街の人のアクションがかわいすぎます(笑)。この手の一発芸みたいな発想を丁寧に作る洋ゲーはあなどれませんな。国内メーカーが安定志向の続編・リメイクスパイラルになってるうちに足元すくわれますがな、ホント。まーでも日本市場はユーザーも保守的志向の人が多数なのもまた事実なんですよな~

まーでも毎度の事ながら3D酔いするので長時間は遊べず、うううう

ブロブ: カラフルなきぼう
ブロブ: カラフルなきぼう
  • 発売元: THQジャパン
  • 発売日: 2008/11/13

| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

鉄砲注射

Neta141

インフルエンザの予防接種シーズン真っ只中ですが小ネタをひとつ

「鉄砲注射」って知ってますか、空気圧でワクチンを体内に撃ち込む針のないガンタイプの注射器で、注射後が打撲のよーにジンジン痛んで、やたら血が出て、薬の交換直後は攻撃力2倍と恐れられたこの医療リーサル・ウェポン。これ全国区だと思ってましたが、世間的に超マイナーな医療器具だったよーで、知ってる人がまわりにほとんどおりません。何人も連続で撃つために返り血が付着して感染症の原因となって使用停止になったとゆーから二度オドロキ。バリバリこいつで注射打たれまくったんですけど~

| | コメント (5)

2008年11月18日 (火)

ハッピーフライト

Mov171

「ハッピーフライト」見ました。新米パイロットと新米キャビン・アテンダントの乗った飛行機に突如トラブルが発生といった展開。管制塔の職員、整備士、カウンター係、鳥を追い払うバードマンと空港で働く数多くの裏方さんの姿をうまく紹介しながら、空港ならでわのテンポ良く笑えるエピソードの数々が実に面白いです!そんなコメディ調の前半部分から後半は機体トラブルで空港の全職員が一丸となって緊急着陸に尽力するシリアス調への転調が上手い!綾瀬はるかさんはサイボーグやら座頭市やらイロイロ今年は大活躍でしたが今作が一番しっくりきますね、まードジっ子CAは「スチュワーデス物語」以来の伝統だし(笑)。軽い気分でスッキリ面白いスマッシュヒットな一本です!

| | コメント (5)

2008年11月17日 (月)

鷲神社

081117_2138001

鷲神社参拝です。ちなみに”おおとり”と読むそーです。酉の市は江戸時代中期からこちらのオヤシロで催されておるそーですよ。祭神は「アメノヒワシ」と「ヤマトタケル」、アメノヒワシとは聞きなれない神様なので調べて見ると、アメノフトダマの従神のひとりで古代祈祷を司った忌部氏の支族の祖先神のよーです。ちなみにここ鷲神社は江戸期の色町・吉原のすぐ近く、江戸時代の酉の市の際には吉原も全ての門を開けて遊女達を参詣させて客引きを行ったんだそーですよ。まーこんだけ人が集まれば当時の遊郭もこの時期は商売繁盛だったんでしょうなぁ

| | コメント (0)

浅草酉の市

081117_2141001

年末ムードを感じるために本日は浅草の酉の市見物ですよ。まー知識では知ってましたが実際行くと熱気ムンムンで面白いですなぁ。平日だとゆーのにすごい人手、うわさの熊手売り場もすげーニギワイ、あちこちから購入者に鳴らす三三七拍子が心地よいですわ。酉の市は、かのヤマトタケルが11月の酉の日に戦勝祈願を行ったことに由来するんだとか、へー。周辺の露店も100軒近く軒を連ねて実に壮観、ついつい買い食いパラダイス。ヤキイカ、タイラーメン、牛串焼き、餡餅・・・・すっかり食いすぎました、げふー

「浅草酉の市」公式サイト

| | コメント (2)

2008年11月16日 (日)

ブタがいた教室

Mov170

「ブタがいた教室」見ました。とある小学校の新任教師が「命の教育」というテーマでクラスで食用豚を飼育することに。子供たちが悪戦苦闘しながらも豚を育てていく中で情がうつり、「食べる」派と「食べない」派に分かれて大激論といったオハナシです。これって実際に大阪の小学校で行った授業なそーです。生き物は他の生き物の命を奪って生きているという当たり前の事実、その意識が希薄になりがちな現代社会に一石を投じる面白い試みだと思います。子供たちがそれぞれ素直に交わす意見に対する正否の判定ではなく子供たちが自分の頭で考えるという行為そのものが大切な事なんだと思います。愛玩動物と食用動物の区別がちょっとノイズになっている点で判断が少し鈍りますが、この映画は見た後で意見を交わすことで”人間の業”というものを親子で話し合える気がします。もっとも大人にもある種の哲学ないと子供に説明できんと思いますが、とにかくイロイロ考えさせられるオススメできる一本デス!

子供の頃の実家では食用にするために、ナタで断頭されて走り回る首のないニワトリを見ましたが、戦慄を感じつつも肉はうまかったなぁってイメージでしたが(笑)

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
  • 発売元: NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
  • 発売日: 2009/04/10

| | コメント (0)

2008年11月15日 (土)

DieMaus

081115_2237001_2

ドイツの人気キャラクター・DieMausに扮して、Kさんちの娘さん(2歳)に愛想をふりまく後輩さんをパチリ、これがまさに鼠後輩とゆーやつですか、ぽっぽぽぽぽぽ(笑)。最初おびえてましたが、コケの一念岩をも通すで後半はウケてましたな~よくがんばった!このキャラはドイツじゃ国民的キャラなんだそーですが、さすがに知らなかったです。

例によって夕飯ご馳走になりまして、どうもどうも。スキヤキ美味しゅうございました。

「DieMaus」公式サイト

| | コメント (2)

2008年11月14日 (金)

つばめグリル

081114_2208001

地元の知人Kさん一家が週末を利用して上京中との報を受け、すみやかに上野で合流~。やーやーお久しぶりです。お子さんも相変わらず可愛らしくてヨイですなぁ、ほーらヒゲのおじさんだよ~、キャー(逃)。まーでも職業・歴史の教師であるKさんはディープな古代史話や神社話のできる数少ない話し相手なんで普段たまってるネタ大放出。おかげで歴史トークゲージがすっかり満ち満ちましたよ、あースッキリ~

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

秋深き

Mov169

「秋深き」見ました。高校教師の寺田が美人ホステスと結婚、順風満帆と思えた新生活の中、妻一代が病気に倒れるとゆー展開。まーとにかく新妻役のサトエリが可愛いのはよいとして(笑)、イマイチ二人の愛情が伝わらなかったんですよね。一代の一途な愛情の動機も不明、寺田がとる行動も嫉妬心や独りよがりな行動ばかりで一代を心から気遣ってる感じもなくて・・・。ユーモアとゆー符丁で語るとしても「死」というものを扱う作品なので素直に笑うこともできず、かといって泣けもせず。命を救う選択肢があったにも関わらずそれをしなかった点にも疑問符。死を描くならその場面でのふたりの心情のやり取りが大事な要素だったと思うのですがそれも中途半端、競馬の場面や、不倫夫婦のくだりなんか必然ないし。まーなんとも薄っぺらいシナリオって感じで残念でした。

秋深き [DVD]
秋深き [DVD]
  • 発売元: 東宝
  • 発売日: 2009/05/22

| | コメント (0)

2008年11月12日 (水)

ダークコング

Kamiza032

ウガーッ!!

| | コメント (1)

2008年11月11日 (火)

セクシィ古文!

Neta140

古文書から抜粋された日本のシモネタ話が集まった文学的な書籍発見ですよ(笑)。出展が古事記とか宇治拾遺物語とかのちゃんとした古典なんですが、よくも集めたとゆー感じです。あまりにストレートでしょーもないシモネタがたまらんですよ。しかもマンガ担当の田中圭一の手塚タッチが激似でおもしろすぎます!まー日本人は陽気なエロスとゆー属性をもったおおらかな民族なんだなと改めて納得です。ここで覚えたシモネタ古文はホント使いたくなるなぁ

セクシィ古文! (ナレッジエンタ読本 8)
セクシィ古文! (ナレッジエンタ読本 8)
  • 発売元: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/05/21

| | コメント (0)

2008年11月10日 (月)

まぼろしの邪馬台国

Mov168

「まぼろしの邪馬台国」見ました。盲目の歴史研究家・宮崎康平とその目として夫を支えた妻・和子の人生を描いた物語。まー古代史ファンなので”邪馬台国”の文言にひかれて見に行ったわけですが、魏志倭人伝に記された地を二人でまわって邪馬台国に至るとゆー場面はあるものの歴史ロマンモノというよりは宮崎康平その人の波乱万丈な一代記であり、ふたりの夫婦愛に焦点が置かれていました。まーとにかく名優・竹中直人の演じる型破りでパワフルな宮崎康平の魅力あふれる人間像が際立ってました!そしてその夫に献身的に尽くす和子の姿にまた心打たれます。自分を理解してくれる人と共に生きていけるということは実に幸福なことであると素直に思わされましたよ。じんわりほっこりよいお話です。

まぼろしの邪馬台国 [DVD]
まぼろしの邪馬台国 [DVD]
  • 発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2009/05/21

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

埼玉西武ライオンズ

Neta139

2008年は埼玉西武ライオンズが日本一の栄冠を手にしましたよ。一進一退の手に汗握る面白いシリーズだったと思いますよ、イヤホント。西武はとにかく若獅子の名の示すとおりに叩き上げの選手たちが躍動した良いチームって感じがします。まー別に巨人をあてこすってるわけではないんですが(笑)。日本シリーズとしてもセ・パ両リーグの優勝チームの決戦なのは嬉しい限り、これでこそホントの日本一が決まるって感じがしますよな、やっぱ。オールドファン的にはやっぱクライマックスシリーズがノイズに感じられてしょうがないわけで、優勝したチームに最後っ屁をかます2位3位がノーリスクなのがね。

しかし原JAPAN決まった後なんで、巨人が優勝してればイロイロハズミもついたかもしれませんが、まーそれはそれ(笑)

埼玉西武ライオンズ 2008優勝記念DVD
埼玉西武ライオンズ 2008優勝記念DVD
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/12/26

| | コメント (2)

2008年11月 8日 (土)

隅田川

081108_1645002

おー隅田川から見る高層ビル群てのも絵になりますなぁ。橋をくぐるたびにイチイチかっこよい風景が~。首都高とかホント近未来都市って感じですよ。ただ季節柄オープンスペースの後部甲板はめっさ寒いっす~ガクブル

| | コメント (0)

水上バス

081108_1629001

ビッグサイトの帰り道、なんとなーく有明から日の出桟橋まで水上バス使ってみることにしましたよ。その名も潮音(シオン)、なんかビジュアル系バンドのボーカルみたいな名前ですが。隅田川の橋がどれも低いせいなのか、えらーく屋根の低いペッタンコな船ですなー。

| | コメント (0)

DESIGN・FESTA vol.28

デザインフェスタvol.28
東京ビッグサイトにてデザインフェスタを見にやってきましたよ。知人さんがブースを出してるて事で御挨拶、やーやーがんばってますか。しかし初めて来ましたがなかなか混沌としたイベントですな。絵に立体物、映像、ファッション、歌にダンスに前衛芸術(笑)、玉石混交ではありますがパワフルなエナジーバリイタダキましたよ。おもしれー

「DESIGN・FESTA」公式サイト

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

ハンサム★スーツ

Mov167
「ハンサム★スーツ」見ました。ブサイクな主人公・琢朗が、誰でもハンサムになれる世紀の発明品「ハンサム・スーツ」を手に入れて夢のハンサムライフを楽しむとゆーバカバカしくも笑えるコメディ。まードランクドラゴン塚地、谷原章介が絶妙な演技で笑わせてくれました!発想がドラえもん的なハンサム・スーツによるモテモテ効果はアホなオトコが一度は描く妄想ですよな(笑)。人の見た目に踊らされる前半と対比しながら人間の内面の美しさに焦点をもってくトコも分かりやすくイイですよな~。自分が自分であることがイチバンの武器なんだとゆー”自己肯定の大切さ”を颯爽とした笑いで伝えるスマッシュヒットな一本ですヨ!

何故か80年代ポップスがBGMに多用、世代的に主題歌の「My Revolution」がココロに刺さるなぁ、作曲の小室哲哉がタイムリーに逮捕されてるのが切ないですが・・・

ハンサム★スーツ Blu-ray スペシャル・エディション
ハンサム★スーツ Blu-ray スペシャル・エディション
  • 発売元: TCエンタテインメント
  • 発売日: 2012/09/05

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス

Neta138

星のカァ~ビィ~なんでも吸い込む~、てなわけで久々のDSソフトゲト。まー最近すっかりDSも稼動率下がってたので調度よいタイミング。とりあえずムービーやらグラフィックやらがパワーアップしてますが、実際は最近流行のリメイクもので、オロジナルのスーファミ版は10年以上前の作品。まードラクエもFFもそーなんですがコンテンツの使いまわしが多いのはオールドゲーマー的には新鮮味ないってのはありますがな。まーしばらくはスロットイン状態で遊んでみます~

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
  • 発売元: 任天堂
  • 発売日: 2008/11/06

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

オバマ

Neta137

第44代アメリカ大統領はオバマさんになりましたか。”チェンジ”とゆー言葉を掲げて変わるアメリカをアピールしたのは色々な意味で閉塞感あるアメリカ人を刺激したんだろーなぁ。でも個人的には民主党とゆーとクリントンの時の経済面でエラく干渉してくるイヤなイメージあるので、アメリカの景気回復の名の下にまた日本に不利なルールを押し付けてくるんじゃないかとか不安だったり・・・。史上初の黒人大統領という面がクローズアップされてますが、無軌道に暴れまわった感のある中東やアフガンの問題、世界恐慌の再来と言われる未曾有の経済危機、黒人だろーと女性だろーとアメリカがこれまで世界にバラまいた数々の負の遺産の処理に奔走することは免れないとゆー点では前途多難な船出だとは思いますがなー。

しかし麻生さんは第92代内閣総理大臣、日本は為政者数が倍以上変遷してるんだな

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

レッドクリフ PartI

Mov166
「レッドクリフ PartI」見ました。古代中国の大帝国・魏国の曹操の軍勢を相手に立ち向かう劉備・孫権同盟軍との”赤壁の戦い”を描く歴史大作。まー隠れファンの多い三国志の名場面の映画化なので歴史メイニアとしては拍手喝采、期待の将軍達の立ち回りはさすがジョン・ウーとばかりにカッコヨいです!関羽、張飛ももちろんですが、趙雲がやたら大活躍!イイ!まーでも軸になっているのは孔明・周瑜の2人の軍師、圧倒的な軍事力を持つ曹操軍に対していかなる手段で抗するのか!てとこで続く(笑)。赤壁やらんのかい!とは思いつつも壮大な物語だし、切るならここしかないしなぁ。結果的にPart2への予備知識講座ぽくなってしまいましたが、アクションは期待通りのカッコヨサなのでバトル一色になりそうな次回作が楽しみです、総評はそれまで据え置きで~

でもこれって三国志の知識があってこそ楽しめるよーな気もしますが、どーなんでしょ

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
  • 発売元: エイベックス・マーケティング
  • 発売日: 2009/03/11

| | コメント (0)

2008年11月 3日 (月)

ひつまぶし

ひつまぶし
ラストは名古屋名物ひつまぶし。熱田神宮南門の前にある「あつた蓬来軒」とゆー有名店ですよ。そのまま食って、薬味で食って、お茶漬けで食ってと味わい三変化ウマスギです!むはーん

| | コメント (0)

熱田神宮

081103_1657001_2
熱田神宮参拝です。やっと来ることができました熱田の神森!街中に実に心地よき美しき緑の結界!こちらの祭神「熱田大神」はヤマタノオロチから生まれ出た神刀「クサナギノツルギ」をヨリシロとしたアマテラスであるとの事です(ややこしい)。相殿にはアマテラス、スサノオ、ヤマトタケルに加えて尾張氏の祖であるミヤスヒメとタケイナダネが祭られてました。しかし秋の日はつるべ落としとゆーかこの後すぐに日没で真っ暗、まーでも夜中の神社の静謐さも心地よいもんです。闇夜の参道をしばし満喫~

まー東海道をひたすら下った3日間の神社巡りも今回はココマデデス!

| | コメント (0)

大神神社

081103_1551001_2
尾張国一宮・大神神社参拝です。こちらは住宅地にひっそり隠れるよーにありまして、探しに探してよーやく辿り着きました。小さなオヤシロですが、かの大和国一宮・大神神社の分家筋で祭神も同じく「オオモノヌシ」。まー祭神はともかく社名まで同じなのはいろいろマギラワシイですな

| | コメント (0)

服部神社

服部神社
服部神社参拝です。真清田神社の境内にならび立つこちらの祭神は「ヨロズハタトヨアキツヒメ」、アメノホアカリの母神として祭られておりました。名にトヨを冠するこの女神は邪馬台国の巫女とゆー説もあり、歴史メイニア的にたまらんです。ヨロズハタ>機織>服部>織姫とゆー流れで織姫ともいわれているようですが、それもすごい連想ゲームですなぁ

| | コメント (0)

真清田神社

真清田神社
尾張国一宮・真清田神社参拝です。尾張一宮駅から歩いて10分くらい商店街のアーケードを抜けた先にドドーンとありましたよ。祭神は「アメノホアカリ」はニニギの兄とかニギハヤヒの異称だとか謎の多い神様で古代東国の有力豪族尾張氏の祖とも言われてます。天武天皇に加勢した巨大勢力として有名な尾張氏共々ロマン度高い伝説の多いオヤシロです。

| | コメント (0)

霊狐塚

081103_1213001_2

豊川稲荷にあるこちらの塚はまー見渡す限りに狐像がズラリ、こりゃ壮観ですなコンコン

| | コメント (0)

豊川稲荷

豊川稲荷
豊川稲荷参拝です。商売繁盛の稲荷神ですが、実はこちら神社でなく妙厳寺とゆーお寺で神仏習合の典型で寺も社もご利益あるもののごった煮な感じが面白いですな。成田山とか浅草寺みたいな雰囲気です。祈る時にはオンシラバッタリニウンソワカと真言唱えるそーですよ。

| | コメント (0)

砥鹿神社

砥鹿神社
三河国一宮・砥鹿神社参拝です。例によって七五三で賑わう中でした。祭神は「オオナムチ」、境内には息子であるコトシロヌシやタケミナカタといった神々も合わせて祭られていて、東海道はホント出雲系なんだなと実感。まー元々は本宮山で祭られていたとの頼歴なので山岳信仰の系譜なのかもしらんですが。

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

小國神社

小國神社
遠江国一宮・小國神社参拝です。最寄駅の遠江一宮駅から小一時間程歩いた山の中に立つ乳白色の大きな鳥居のオヤシロです(。「古代の森」と称された立派な鎮守の森はイイですなあ。祭神は出雲神「オオナムチ」、小國という名も出雲から見た遠江の呼び名なんだそーで、東国の出雲勢力の名残なんでしょーか、ワクワクしますな。まー歩きで来るのは大変かも(笑)、エネルギー補給のため入口近くのことまち横丁でうどんイタダキ、七五三の子供たちで賑わう中でのお参りでしたよ

| | コメント (0)

掛川城

掛川城
掛川城にやってきました。元々は今川氏の城ですが、やはり有名なのは山内一豊ですわな。再建城ではありますが、関ヶ原前夜の評定の地であったり歴史に名を残したお城です。城内には「霧吹き井戸」なるものがあり、かつて家康に攻められた時、この井戸から吹き出した霧が城を包み、攻撃から守ったとの伝説があるそーです。霧隠才蔵みたいでカッコヨイな、もしくはエンヤ婆。

| | コメント (0)

事任八幡宮

事任八幡宮
遠江国一宮・事任八幡宮参拝です。事任で「ことのまま」と読み、願い事が意のままになるとゆー事で「願いが叶う神社」として東海道五十三次にも登場し、当時の旅人の道中安全を見守ってきたオヤシロとか。祭神は八幡様こと「オキナガタラシヒメ」「ホムタワケ」「タマヨリビメ」に加えて「コトノマチヒメ」の4神。聞きなれない神様のコトノマチヒメはかつては己等乃麻知神社と呼ばれていた頃からの主祭神なそーです。地方のシャーマンかなにかですかね

| | コメント (0)

2008年11月 1日 (土)

三嶋大社

三嶋大社
伊豆国一宮・三嶋大社参拝です。祭神「三嶋大神」は「オオヤマツミ」と「コトシロヌシ」の2神の総称。古来どちらが祭神か論争されてきたものの結論が出ずに両方の神が祭られることになったそーですよ。そのあいまいさを寛容するのも日本式ですな(笑)。境内には踊りを踊るための舞殿、本殿の彫刻スバラシキかな。鎌倉幕府の崇敬うけた古式ゆかしいオヤシロです。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »