« 新宿中本 | トップページ | ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア・END »

2008年1月20日 (日)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

Mov079

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 」見ました。ティム・バートン得意手法で描かれる陰鬱なフリート街と猟奇的な殺人者スィーニー・トッドの映像はもはや芸術作品です。オハナシとしてはソートー邪悪で救いがありません、自分の妻のカタキである判事への復讐を誓うトッドですが、同時に無差別殺人をも行う点は悪そのもののキャラクター。床屋という職業ならではのカミソリによる惨殺シーン、協力者ミセス・ラベットとの死体処理、そして凄惨な終幕へと・・・・。こんな殺人劇がミュージカル仕立ての演出と挿入されるコミカルな場面によって独特で芸術性の高い演劇へと昇華されてます。決して万人向けではないと思いますが強烈な印象残る一本、自分はティム・バートンの描くこの手の世界観大好きなんで大満足です。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [Blu-ray]
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/04/21

|

« 新宿中本 | トップページ | ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア・END »

映画’08」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新宿中本 | トップページ | ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア・END »