« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

セクレタリーさん

Kamiza013

「本日12時より会議の予定がはいっております」みたいな~♪

| | コメント (3)

2007年5月30日 (水)

JIN

Neta042_1

久々本屋行ったら「JIN」が8巻まででてたので思わずまとめ買いのイッキ読み。3巻くらいまでは買ってたのですが、当時は隔週雑誌に不定期連載で遅々として進まなかったのですが。「RON」終わってからハイペースになり嬉しい限りです。タイムスリップした医者が現代の医療術で難病を治療していくとゆーものですが、舞台が幕末なんで、歴史メイニア的にも面白いんですよな~。坂本竜馬やら西郷隆盛やら幕末スターのオンパレードだし。明治維新までもっていくのかこのハナシ。今オススメのタイトルであります。

しかし村上もとかさんも息ながいマンガ家さんです。「六三四の剣」は不朽の名作です。

JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス)
JIN―仁― 1 (ジャンプ・コミックスデラックス)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 2001/04/04

| | コメント (3)

2007年5月29日 (火)

パイレーツ・オブ・カリビアン-ワールド・エンド-

Mov028

「パイレーツ・オブ・カリビアン-ワールド・エンド-」見ました。完全な前後編なので「デッドマンズ・チェスト」見るのは必須です。で内容はとっちらかったお話だなーとゆー印象。スパロウ・ウィル・エリザベスにデヴィ・ジョーンズ、ベケット卿、バルボッサ、サオ・フェン、靴ひものビル、9人の伝説の海賊・・・登場人物が飽和しすぎて、個々のキャラクタを描ききれてなかったよーに思いますがイカガ。とりわけディア・ダルマ、さんざん複線はっといて結局カリプソってなんだったの?て感じでなぁ。ベケット卿率いる大艦隊もなぜにそんなに無抵抗なのかとか???な場面多かったなぁ。シナリオ追いせずに場面場面の爽快さとか馬鹿馬鹿しさを楽しむ映画と割り切れば楽しいです。まーこのシリーズはジャック・スパロウのキャラクタの魅力に負う所が大きいなぁと改めて実感。復活までの前半部は冗長に感じたしなぁ。でも彼はいわゆる究極の脇役キャラなんですよね。ウィルとエリザベスの物語のスパイス役なんだけど、それがいい味すぎたというか、主人公完全に食っちゃってますし(笑)

デッドマンズ+ワールドエンドは盛り沢山だけど、物語の完成度としては1stの「呪われた海賊たち」には及びませんでしたなぁ

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド [DVD]
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド [DVD]
  • 発売元: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
  • 発売日: 2009/11/18

| | コメント (4)

2007年5月28日 (月)

黄龍

Neta042

「麻雀格闘倶楽部6」もなんだかんだで継続しておったわけですが・・・・・。ついにその日がやってきました!黄龍昇格のその時が!ドドーン!ツキイチペースとはいえ、2年くらいやってたんじゃないでしょーか、このゲーム。映画の上映時間調整とかでついついやってたのよな。青龍マスターでしばらく足踏み状態でしたが、勝つときは勝つのね、あれあれと3連勝して黄龍に!雷ドーン!画面にはスタッフロールも流れました!しかしこのゲームにもエンディングが用意されていたとは・・・。微妙な達成感を感じたそんなヒトコマでした!

以後は黄龍ルールでの戦いがはじまるよーです!ムハー。

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

東京都庁

都庁
石原慎太郎のすみか東京都庁であります。新宿西口で会う予定の知人さんとの待ち合い時間調整でなんとなくやってきました。ムカーシ中野で働いてた時はこの辺りよく自転車で走ったなぁ。せっかくなので地上200Mの高さの展望台に昇って都内を一望、おぉ人がゴミのようだよと独裁者ごっこ。あぁかつての職場が見えますよ。あそこで働いてたのも前世紀のことなのか・・・

それにつけても高いトコロに気持ちが昂るのはやはりウマシカの証でしょーか。わー。

| | コメント (2)

2007年5月26日 (土)

きりたんぽ

きりたんぽ
ひさびさに集まる同郷ギルドで比内地鶏ときりたんぽの宴会です。まーなにも隣県秋田名物を東京で食わんでもよいものですが。さっぱりした鳥スープはやはり美味いですなー。コース料理に鍋を無理矢理組み合わせたので最後のおじやはモロきりたんぽとかぶってますがな(これが太る要素なのだが)。まーいろいろ話せてよかったです。気がつけば関東近辺で仕事を続けてる同郷さんも随分少なくなりました、たまには近況飲み会しましょうな。

二次会は雀荘、はしゃぎ過ぎで店員さんに怒られる駄目30代達(笑)

| | コメント (3)

2007年5月25日 (金)

俺は、君のためにこそ死ににいく

Mov027

「俺は、君のためにこそ死ににいく」見ました。知覧特別攻撃隊といえば有名すぎる話ですよな。「ホタル」て映画でも同じテーマでした。映画としてはホントはもう少しエピソードしぼってスッキリさせたほうが予備知識の無い人にも伝わりやすかったのではと思いましたが、やはり史実として胸に詰まされる話ですわなぁ。当時の言葉で言えば「御国のために死ぬ」という事。現代は「国=政府」という庶民にとって敵対関係にあるものとマスコミには喧伝されてますし、「国」というとどこか重々しいものですが、「守るべき自分の大切な人」の範囲を広げていくと家族・友人・地域・国となっていくのは当然の価値観であると思います。だからタイトルを「国」をより実感的に「君」と表現したのかと。この映画から感じるべき事は決して特攻礼賛ではなく、我が身のことよりも大切なことのためにかつて日本人は生きることができたということですよ。

失われた価値観を取り戻せるのか我がニッポン

俺は、君のためにこそ死ににいく [DVD]
俺は、君のためにこそ死ににいく [DVD]
  • 発売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日: 2007/10/21

| | コメント (3)

2007年5月24日 (木)

毒蜂怪人ハチディガス

Kamiza012

スズメバチと人間の合成怪人、毒剣・アナフィラキシーが武器

| | コメント (2)

2007年5月23日 (水)

超絶倫人ベラボーマン

Neta041

「ベラボー参上!!」

なつかしさのあまりにバーチャルコンソールで「超絶倫人ベラボーマン」をダウンロード。ところでWiiの通信ってやたらぷちぷち切断されるんですが、なんでしょうか。これもWiFiコネクタの罠ですか。まーそれはさておき1988年ナムコの名作です(コレはPC-engine版ですが)。あらかた20年前のゲームなのか・・・アーケードで遊んだ記憶があるだけに時間経過の速さのオソロシサといったらありません。で、早速プレイ、一面・・二面・・順当にクリアしていくも、当時の限界点ブラックベラボーであえなく撃沈(トホホ)。まー技術が向上してるはずもありませんが。アーケードではベラボースイッチという圧力センサーみたいなやつが付属してて、スイッチ思いっきり叩くと強攻撃というメンテにやさしくない仕様でしたな(笑)。

・・・・・にしても何回やってもブラックベラボー越えられません。ベラボー!ベラボー!

| | コメント (2)

2007年5月22日 (火)

ドット絵職人

Neta040

「ドット絵職人」なる本購入。まー本業は3Dモデラーなのですが、DSの普及でまた業務にちらほらとはいってくるよーになりました。まーできなかないのですがスーファミ・ネオジオ時代以来なのでかなーり技術が薄れてます。リハビリ必須です。そんな理由もあってこの本読むと当時フィーリングでやってた作業が体系化されてて面白いですなぁ。あーあったあったそんなワザみたいな。ドットで参加したゲーム開発も10本くらいはあったわけですが、もう手元にないんだよなぁ。ヤフオクとかで集めてみようかしら。バーチャルコンソールではラインナップされることもなさそうなタイトルだしな(笑)

今更ながらドット絵は忍耐力がいるね、プチプチプチ(イライラキー)

| | コメント (2)

2007年5月21日 (月)

BABEL

Mov026

「BABEL」見ました。アカデミー賞やらカンヌ映画祭やらで前評判は良かったのでチェック見です。話題の菊地凛子さんの聾唖者の演技は鬼気迫る迫力と存在感、さすが女優賞候補なだけありました。内容は自分の好きなコトダマに「気持ちは伝わらないのが基本、でも伝える努力をすることしか人間やることないわけだ」て一節があるのですが、まさにそんな感じの映画だったなぁと。単純に面白いと言いにくいけど、何か深読みできるそんな映画。人間を人間たらしめる「対話」というものが人種、言語、文化、男女、親子、あらゆる「関係」がそれをむしろ阻害するという姿を神の視点で見せられました。それによっておこる不幸な事件を描きながらも監督さんは最後は心は通じるというメッセージを伝えたかったのだろうと思いましたがどうでしょう。解釈いろいろできるような気ィしますが、それもまたこの映画を見た大勢の人間もバベル状態てことなんでしょー。キーセンテンスは子供にあなたは悪人なのかと問われて答えたメキシコおばさんのこの一言に凝縮されてますな、現実の人間同士の争いの根源もな。

「いいえ、私は悪人ではないわ、ただ愚かなことをしてしまっただけ」

バベル スタンダードエディション [DVD]
バベル スタンダードエディション [DVD]
  • 発売元: ギャガ・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/11/02

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

湯村温泉

湯村温泉
湯村温泉にて入湯中です。しかも貸切り状態のひとり風呂。このところメタボリック街道一直線な感じになってきて大変マズイので、ダイエットの自転車踏み。今日もあらかた三時間くらい爆走です。ヒーコラ。さんざん汗かいた帰り道すがら「信玄の隠し湯」のひとつとして有名な湯村温泉に立ち寄りです。ふー生き返る。湯上がりの生ビールサイコー(ダイエットはどうした) 

| | コメント (2)

2007年5月19日 (土)

前沢牛

Neta039

stonさんからのお届けものがやってまいりました。岩手名産・前沢牛ドーン!うわ、すげー。せっかくなのですかさず夕飯に食しました。サッと火を通して醤油と砂糖と日本酒で味付けしてご飯に盛るとゆーゼータクスキヤキ風牛丼。むはー。ウマー!肉がチゲーとこーまでうまいか。口の中に入れた肉がふわりと溶けていくとはこのことか。期せずしてゴージャスディナー。ゴチデース。パク、ウマー(至福)

| | コメント (5)

2007年5月18日 (金)

MAC

Neta38

最近、なぜか公私ともども不得意なMAC仕事に関わるハメに・・・・・それにしても、使いにくいのう(涙)まーもっとも体が既にWindowsに慣れきっているからではありますが。もともと自分のCG履歴はMACからスタートしてはいるのですが、それももう相当ムカシ。LCⅡとかの頃でphotoshopもレイヤなんてなかった時代でしたが(古)。仕事でもWindowsベースでやってこれたのですが、ここにきて林檎印に再会。ほんとちょっとしたインターフェースや用語、一般的なソフト名がわからないだけでこんなにてこずるとは思わなんだ。あーイライラ。うーイライラ。

| | コメント (2)

2007年5月17日 (木)

QUEEN

Mov023

「QUEEN」見ました。誇り高き大英帝国の女王としてしきたりを守り、決して弱い姿を見せない凛とした女性、そんな女王エリザベスの姿を描いた映画です。イギリス国民への愛情と信頼を誰よりも持っていながら、悲劇の女王ダイアナの死によってイギリス国中が王室を悪人に仕立て上げていく事に苦悩し、大きな決断を迫られるといったストーリー。映画としてはたんたんとしていて、歴史番組の再現フィルムみたいな感じでした。途中に挿入される実写映像とかもなおさらそれっぽいし。自分の記憶を思い返してもダイアナが事故死した当時はニュースもテレビもダイアナ擁護一辺倒でした。その裏にこーゆードラマはあったのかもなぁと(この映画あくまでフィクションらしーので)。伝統を守り、女王の威厳を大切にする古きよき時代の女王エリザベス。開かれた王室を標榜し、古いしきたりからの脱却を図ろうとした新しい時代の女王ダイアナ。対照的なふたりの女王を興味深く見ることができました。まー個人的には伝統は守ることそのものが伝統で、それは合理性という尺度で測るものではないと思うのですが。

それから主演のヘレン・ミレンの高貴なる女王の演技はスバラシカです、必見。

クィーン<スペシャルエディション> [DVD]
クィーン<スペシャルエディション> [DVD]
  • 発売元: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2007/10/24

| | コメント (2)

2007年5月16日 (水)

FINAL FANTASY XⅡ-REVENANT WINGS-・END

Neta037

「FINAL FANTASY XⅡ-REVENANT WINGS-」クリア率97%で終了~(後3%ってなんなんだ・・)。GWの暇な時間や電車の移動時間フル活用してのプレイでした。予想していたRPGではなかったのですが、まぁまぁ楽しめました。伝説のオウガバトルみたいな感じでユニット集団を進軍させてマップ内拠点を解放したり、敵を殲滅したり、1ミッションが短いので、パッとやれてパッとやめられるのはよい感じ。ゲームはおそらく戦略性あるんでしょうが、有利な属性関係のチームを組もうとすると結構面倒くさくて、後半は無属性チームオンリーになってしまいました。ユニットいっぱいあるのにもったいないなぁ、ミッション中にも自由に選べればよかったのにな。ミッション中はチームを2手にわけて行動させるのもリスクが高くてほとんど大集団でのチカラ押しバトルになる罠。まー気になるところといえばそんな感じです。

でも今回はちゃんとヴァンが主人公でしたよ、元祖FFXⅡでは完全に脇役だったけど(笑)

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング
ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング
  • 発売元: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2007/04/26

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火)

接続エラー

接続エラー
むー接続エラーがでて自宅のPCがネットにつながりません。とりあえずモブログで侵入。昨日はフツーにつながったじゃーん。nifty718てエラー番号もつながらなければ調べようもないし。サポートはもう時間切れアウト。打つ手なしなんで、もー寝ます。まったくもー。

| | コメント (4)

2007年5月14日 (月)

ゲゲゲの鬼太郎

Mov024

「ゲゲゲの鬼太郎」見ました。まぁそのねぇ・・・。ラブコメ要素のはいった鬼太郎ってのもどうなんでしょうか(苦笑)。田中麗奈猫娘が鬼太郎に対して彼女風にふるまってたり、ウェンツ鬼太郎は人間の女の子に恋しちゃったり、なんか変な感じです。まーでも配役は笑っちゃいますよな、カンペーちゃんこなきじじいとか室井滋砂かけばばあ、大泉ねずみ男、みんなハマリすぎですから。そして大御所西田敏行輪入道、キャラが釣りバカ日誌のハマちゃんでしたが(笑)。期待の妖怪バトルも妖狐軍団があまりに芸無しなんで盛り上がらず、最後は仲裁役登場で尻すぼみに問題解決。うーんこれでいいのかウェンツ鬼太郎。

同じ妖怪モノなら「妖怪大戦争」の方がバカツキぬけて面白かったですよ。残念

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション [DVD]
ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2007/10/26

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

ほうとう

ほうとう
山梨名物「ほうとう」でございます。なかなか食べる機会ないものですが実は結構好きなこの味。麺(?)がきしめんの如く幅広で、なおかつ厚手で、地元のすいとんを短冊切りにしたような食感がイイですなあ。かぼちゃ、さといも、しいたけその他具材が豊富で栄養満点です。量も相当ボリューミーで自転車走行しても食う量のほーが供給過剰です。最近体重が鋭意リバウンド中なのでマズイのですが、美味かったー 

「甲州ほうとう 小作」公式サイト

| | コメント (1)

2007年5月12日 (土)

武田神社

武田神社
武田神社参拝です。甲斐の虎・武田信玄の館後です。只今NHKドラマで盛ってます(笑)。「人は城、人は石垣、人は堀」とゆー名文句がありますが、彼の時代はまだ城という建造物はなかったそーで。なんでこんな近場にとゆーのも、たまには自転車踏まないとなーと思い目標設定にしてみたわけです。甲府駅からだらだら長い坂の続く武田通りにすっかり息あがりました。

なまっちょるのぅ、ゼハー。

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

スパイダーマン3

Mov025

「スパイダーマン3」見ました。スパイダーマンは相変わらず浮遊感満点でキモチイイ!アメコミ大好物なのに加えて今回はベノム、サンドマン、ニューゴブリンとワルモノいっぱい大歓迎!中でもサンドマンの描写はカッコエエ!てゆーかサンシャインの砂地獄!最後は東宝怪獣映画ですよアレは!ワンダバ全開でムダに迫力満点です!ベノムはピーターに憑いてる間は面白かったけどエディに憑いてからは特に技がないので影うすくなってしまいました。弱点も・・ネェ。そして第一作目から複線張られまくったニューゴブリンのハリー君。誤解と逆恨みと暴走と返り討ち、やっと立ち直ったと思ったら・・・結局彼がイチバン不幸だったと思いました(笑)。ドラマ的には「許す」がテーマだったのかと考察。サンドマンの家庭の事情も、ピーターとMJの恋愛関係も、ハリーとの友情も全てが誤解とダークサイドへの転落、そして相手を「許す」てことでまとめられてたのかな。エディだけが救いがなかったけど(苦笑)

あぁそうそう!ファンタステック4新作予告編でシルバーサーファーが!シルバーサーファーが!スゲェカッコヨイ!(惚)

スパイダーマン™3 [Blu-ray]
スパイダーマン™3 [Blu-ray]
  • 発売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2010/05/26

| | コメント (2)

2007年5月10日 (木)

スサノオ

Kamiza011_1 

酒桶の酒を飲んだオロチが酔って寝てしまうと、スサノオは十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いてオロチを切り刻んだ(古事記)

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

箱根湯本

箱根湯本
箱根湯本にて昼間の温泉堪能中。ぶあー極楽極楽。箱根の山の中とゆーロケーションで入浴と同時に森林浴も楽しめます。風にざわめく木々の下、なんとも優雅で贅沢な時間です。だらぷせー。司馬遼太郎の「街道を行く・三浦半島記」を読んだ直後てのもあってこの界隈をぶらついたわけですが、まーよいリフレッシュ休暇になりましたわ。

とーとー明日から仕事です、うー気が重い(笑)

| | コメント (4)

2007年5月 8日 (火)

小田原城

小田原城
小田原城にやってきました。北条早雲を始祖とする後北条五代の城郭です。武田、上杉の軍勢を籠城で凌いだこの城ですが、中は博物館を兼ねた近代ビルでいわゆる観光城でした。それでも天守閣から望む石垣山に秀吉の小田原攻めを思い、相模湾に長曽我部やら九鬼の水軍を想像し、前田慶次の「退屈な~戦よのう~♪」の小唄が流れるそんな妄想をしばし堪能。ところでかの有名な小田原ちょうちんですが、実は御神木の素材使用で道中の狐狸のバカサレ防止の効能で売ってたとの記述発見、へー。

1/350 スタンダード城 小田原城
1/350 スタンダード城 小田原城
  • 発売元: 童友社
  • 価格: ¥ 1,510

| | コメント (3)

2007年5月 7日 (月)

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮
相模国一宮・鶴岡八幡宮参拝です。源頼朝が鎌倉幕府の根拠地として造営した場所として有名ですな。鎌倉幕府の終焉期には大規模な戦いもあって、その当時の人骨が骨片となって昭和期にもそこかしこで確認できたそーな。頼朝の墓、大仏と巡るいざ鎌倉な行程。あ、鳩サブレって鎌倉銘菓なんすね、知らなかったなー。なぜか子供の頃やたら食った記憶があります。

| | コメント (5)

2007年5月 6日 (日)

三笠

三笠
横須賀にて三笠を表敬訪問中デアリマス。日露戦争時の日本の旗艦でありますよ。見るのは三年ぶりくらいかしら。何度見てもカッコヨイです戦艦というヤツは。主砲に頬擦り、艦橋昇ってバーチャルアドミラル・トーゴーな気分も味わいました。そういえば近々司馬遼太郎の「坂の上の雲」が大河ドラマになるとかなんとか聞いたような。三笠観光賑わうかもね。メシはお約束の海軍カレー。日本のカレー文化は海軍の常食になったことから始まったそーですな。うん、うまい。

1/700 日本海軍戦艦 三笠
1/700 日本海軍戦艦 三笠
  • 発売元: シールズモデルズ

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

松島

松島
日本三大名所の松島です。中学校の修学旅行ではなかろーかと記憶をたぐってみたり。当時は何の興味もなかったわけですが、立派な歴史メイニアとなった今なら松尾芭蕉を偲ぶ事ができまする。五太堂に参拝して海岸から橋で繋がった福浦島にも上陸。んー奥の細道、松島yah!Ah!松島yah!松島yah!(ラップ風)

| | コメント (5)

2007年5月 4日 (金)

フレンチブル

フレンチブル
実家のペットのフレンチブルちゃんでございます。親父殿のマタグラに収まって記念写真(笑)。甘えキャラでいつも誰かにぴったりくっついてます。この犬種は鼻が短いので舌がいつもチョロッとでてるのが愛嬌あってよいですなあ。むー癒されます、あにまるてらぴー

| | コメント (3)

2007年5月 3日 (木)

すばらしい日々

すばらしい日々
ジモティー飲み後カラオケ。新曲チェックも怠り気味なのでラインナップはすっかり80年代ナツメロです(笑)。歌詞カードなしで吼えられるのはこのへんですか。米米、爆風、TM、ブルーハーツ、中でもユニコーンは今だ神ですなぁ。「すばらしい日々」は酔えますわ。ボエー♪

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン
  • アーチスト: UNICORN
  • 発売元: ソニーレコード

| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

瀬美温泉

瀬美温泉
本日は瀬美温泉に入湯。長期休みと言えば温泉ですなぁ。GWですが露天風呂は貸切り状態、親族で占拠でございます。湯船のすぐ近くに桜の花も咲いていて、なんとも優雅な温泉です。すぐ横の川が雨で増水していてゴウゴウ流れてますが、それもまた一興ナリ。すっかり全身あったまりましたよ、温泉最高ですなー、ぶへー

| | コメント (3)

2007年5月 1日 (火)

家庭菜園

家庭菜園
休日だとゆーのに人足として仮出されて畑仕事です。普段コンピュータ相手の仕事なのでたまのアウトドアに体が悲鳴をあげてます(運動不足)。でも鍬持っての土コネも労働の汗を感じるものですな。やりなれてる還暦オーバーの母上様のユンボのような機動力に比べて、自分はわずか三時間程度の作業なのに腰がメリメリ。あたたたた。明日は筋肉痛だす。

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »