« 逆転裁判4・END | トップページ | FINAL FANTASY XⅡ-REVENANT WINGS- »

2007年4月25日 (水)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

Mov020

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」見ました。随分話題になってましたがテレビも小説も読んでないので初見です。内容はすごーくたんたんと主人公の幼少時代から青年時代を描き、その一番の理解者だったオカンの最後を看取るというオハナシなんですが・・・・泣かされちゃいましたわ(涙)。泣きガマンしすぎてこめかみ痛くなるほどに。オダギリジョーもよいですが、やっぱ樹木希林さんのオカンがホント存在感ありましたな、気ィはやいですが女優賞とかとるんじゃないかしら。かわいくてやさしくてつよいオカンの姿、病魔に冒されて衰弱していく様、すっかり感情移入してしまいました。ラストの手紙の場面は号泣です。うううう、エエ話や。じわっとココロに染み入るお話で、見終わって自分の親の事考えてしまいました。オススメできます。

親孝行せんといかんね、ホント。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]
  • 発売元: VAP independent(VAP)(D)
  • 発売日: 2007/10/24

|

« 逆転裁判4・END | トップページ | FINAL FANTASY XⅡ-REVENANT WINGS- »

オススメ」カテゴリの記事

映画’07」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆転裁判4・END | トップページ | FINAL FANTASY XⅡ-REVENANT WINGS- »