2007年12月29日 (土)

AVP2 エイリアンズVS.プレデター

Mov076

「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」見ました。プレデターに寄生した新種のエイリアン「プレデリアン」が今回の目玉だったのですが・・・・・ドレッドヘアだけ受け継いでもなぁ・・期待程のインパクトなかったのが残念、多少知能が高い行動はしていましたが、旧作のエイリアンクイーンのほうが圧倒的にカッコエエです。でお話は前作となーんも変わってないですな、増殖するエイリアン、ハンティング大暴れプレデター、ただまきこまれる地球人。エイリアンがシャーッ!と飛び出してビクッとさせるお約束パターンは健在です(笑)。前作は収拾つかなくなって自爆ドーン!みたいな終わりだったので今回はどう締めるかと思ったのですが・・・・まぁ・・ね(苦笑)。もはやギャグのノリととってイキオイ楽しむ映画です。自分はこの手の映画大好物なんで満足、やっぱプレデターはイカス!

ラストはなんか3に続くような複線がきになりますが、出るなら見ます(笑)

AVP2 エイリアンズVS.プレデター [Blu-ray]
AVP2 エイリアンズVS.プレデター [Blu-ray]
  • 発売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2008/05/02

| | コメント (0)

2007年12月27日 (木)

茶々 天涯の貴妃

Mov075

「茶々 天涯の貴妃」見ました。歴史メイニア的には多少の違和感持ちつつ鑑賞しました。悪女の代名詞のように言われる淀殿をイカす女傑として解釈してるので北政所や家康が随分矮小化されてたような・・・。淀殿の人生の歴史的な道筋はきっちり描かれているのですが、イマイチ新たな淀殿のヒロイン像が掴みきれませんでした。心情を言葉やナレーションで解説しなかったのは誇り高き女を表現するためだったのかな。私心ない太閤秀吉への愛情が天下分け目の大合戦を選ばせたという事では単純すぎないかなぁ。真田や後藤の正論を秀頼愛しの一念で死へ追いやる従来の淀像のほうがお話としてはやっぱ面白いかなと。歴史は本来要素が何重にも重なり合っているからこそ面白いので、映画とかにすると反対側の視点が欠けてしまうものなんすよね。だからこそ歴史メイニア的には王道か極端な新解釈かを見せてもらいたいわけですよ。

甲冑に身を包んだ和央ようかの佇まいはさすが宝塚スター、バッチリ決まってます。

茶々-天涯の貴妃(おんな)- 通常版 [DVD]
茶々-天涯の貴妃(おんな)- 通常版 [DVD]
  • 発売元: 東映ビデオ
  • 発売日: 2008/06/21

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

ペルセポリス

Mov074

「ペルセポリス」見ました。モノクロでレトロな画が気になって見に行きましたが、お話としては悩める破滅型女性の半生記て感じでしょうか、なじみの薄いイスラム世界を背景とした日常は興味深く見れました。主人公のイラン人女性マルジはイスラムの価値観と西洋の価値観の間で揺れながら自分の居場所を探して悪戦苦闘。恋愛して騙されてみたり、ホームレスになってみたり、離婚したり、オーバードーズで死線をさまよったりとは常に破滅的な結末。正直マルジあんた何がしたいねんて思いましたが、この作品は自叙伝らしいので原作者のマルジ自身もそうだったんだろな。

このお話の中ではマルジのおばあちゃんの言葉がいちいち含蓄深かったです。

ペルセポリス [DVD]
ペルセポリス [DVD]
  • 発売元: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2008/10/22

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

Mov073

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」見ました。ディズニーらしい王道アドベンチャーですなぁ。謎を解く鍵を入手して暗号解析・・・て展開はこのまんまゲームに移植できそうな仕掛け。向かうその先にも新たなる謎、場面移動もフランスの自由の女神、イギリスのバッキンガム宮殿、アメリカのホワイトハウスなど世界の名所巡り(笑)、インディ・ジョーンズやトゥーム・レイダース、ルパン三世的な流れを感じました。お話の核となる「リンカーン暗殺者の日記」てのは実在していて、アメリカ史の謎のひとつとされてるんだそーで。ちょっと都合よすぎない?て感はあるもののそこそこ楽しめる冒険映画てとこですかね。

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 [Blu-ray]
ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 [Blu-ray]
  • 発売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日: 2010/09/22

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

カンナさん大成功です!

Mov072

「カンナさん大成功です!」見ました。超肥満体の女の子が魔法できれいになって幸せになるとゆーシンデレラ・ストーリー。まーその魔法が全身整形手術だってところが現代風アレンジですか(笑)。韓国映画ですが原作は日本の少女漫画、ベタな設定と展開でお約束な笑いがいい感じです。自分の姿を整形で変えたことの代償として秘密と抱えたカンナさんが最後に到達した本当の気持ちは・・・といったお話。最後にはホロ泣きさせられる場面もあり、非常によくまとまっていて軽い気持ちで楽しめるスマッシュヒットな作品です。

カンナさん大成功です! [DVD]
カンナさん大成功です! [DVD]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/12/22

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

ベティ・ペイジ

Mov071_2

「ベティ・ペイジ」見ました。1950年代アメリカのピンナップガールの半生記を描いたオハナシです。ヌード写真やボンテージファッションで一世を風靡し、裏マリリン・モンローとの異称もあったそーなベティ・ペイジ。劇中のベティはエロサワヤカですげーキュートに描かれてて魅力たっぷりです。ボンテージオシリペンペンはエロスというよりコメディに感じましたが当時の男達にはたまらんかったのかもな(笑)はじめは自分の仕事を肯定していたものの、社会的な性的表現への弾圧が高まっていく中で徐々に心の奥にあった罪悪感に気づき、救いを求めていく・・・。彼女を救ったのが信仰であったという場面はキリスト教の世界に生きる人々には合点がいくものなんだろうなぁ。

今もムカシも変わらずこの商売は間違いなく男ニーズ。自分のしてきたことに後悔はないと誇りを持って言い切るベティには男目線的に救われました(笑)

ベティ・ペイジ [DVD]
ベティ・ペイジ [DVD]
  • 発売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2008/05/23

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

アイ・アム・レジェンド

Mov070

「アイ・アム・レジェンド」見ました。まーここまで見事なB級映画だったとは思わなんだなー。導入部のN.Y.ひとりぼっちやらハンティングのあたりは興味そそられてたのに、状況が解明されていく度に展開が安っぽく・・・・結局ゾンビ映画かよ!て(笑)。女ゾンビを捕獲した後の男ゾンビの思わせぶりなアクションから、お?これが複線かな?て見てたのに、まるでスルー、たったひとりのはずの世界観もあっさり終了、3年も一人で生きてきたのに車で半日くらいの距離に仲間いっぱい、そしてオチはB級の王道のようなムリヤリ収拾つけた感じです。かといってB級になりきれてるわけでもなし・・うーん

まーウィル・スミスのSFに当たりなしの法則続行中ですか

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]
アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2008/06/11

| | コメント (2)

2007年12月12日 (水)

椿三十郎

Mov069

「椿三十郎」見ました。いわずと知れた黒澤明・三船敏郎の名作を脚本そのままに再映画化という一本。黒澤版を見てるヒトと見てないヒトでは評価全然違うだろうなぁ。自分は見てる派なのでどうしても比較論法から抜けられませんが、まぁおんなじハナシだなと(笑)。脚本が一緒なんだからよくできてて当然、三船三十郎の迫力に対してどうしても織田三十郎は軽く見えてしまいましたが、当世風で初見の層にはライトなノリがとっつきよいのかもな。面白いけど新解釈がほとんどないリメイクなので新たな楽しみがあんまなかったです。

近年ハリウッドも一昔前の映画を再構築して商売してるわけで、その潮流にのった系統といってしまうのは実もふたもない発言でしょーか。

椿三十郎 通常盤 [DVD]
椿三十郎 通常盤 [DVD]
  • 発売元: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/05/23

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

ベオウルフ 呪われし勇者

Mov068

「ベオウルフ 呪われし勇者」見ました。王国を救う勇者、ドラゴン退治、ファンタジーの原型ともいうこのオハナシはイギリスではもっとも古い小説なそーで、日本で言えば竹取物語あたりと同時代のものとか。故にかとってもシンプルな英雄譚、グレンデルとかドラゴンとのバトルはCG作品の面目躍如とばかりに迫力満点です。世界観やらキャラの表情の演技やらフルCG映画てのもここまで来たかーと。でもリアルを追求して近づくほどに実写との違いも顕著になってくのは不思議なもんですな。この手の映画だとまだまだ実際の役者さん使ったほうがイイ気がしますが、これもまた発展途中。もう3年もすればいよいよ区別つかなくなるかもしれませんなー。

ベオウルフの全裸バトルでカット割でチ○コを一生懸命隠すその努力が謎(笑)

ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]
ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]
  • 発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2010/04/21

| | コメント (2)

2007年12月 4日 (火)

やじきた道中 てれすこ

Mov067
「やじきた道中 てれすこ」見ました。とにかく中村勘三郎(やじ)と柄本明(きた)の演技がサイコーですわ!二人の役者ヂカラでシンプルな落語話が格段に面白くなってます。特にムカシから好きな俳優、柄本明の魅力てんこもりで嬉しいカギリ。てれすこはじめ古典落語や歌舞伎のオムニバスなやじきた道中。チャンバラではないこーゆー人情味やおかしみの時代劇てのもよいもんですな。イマドキ珍しいほのぼの喜劇映画也、テレビシリーズでやっても人気でそーだけどな。

やじきた道中 てれすこ [DVD]
やじきた道中 てれすこ [DVD]
  • 発売元: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2008/05/23

| | コメント (3)

より以前の記事一覧